乙種第4類危険物取扱者 模擬試験 No.6


法令

問題 1 法別表第1に、危険物として定められていないものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.塩素酸塩類
  2. 2.硫化リン
  3. 3.アルキルリチウム
  4. 4.アルコール類
  5. 5.クロルスルホン酸
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、製造所等の区分に関する一般的な説明について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.簡易タンク貯蔵所とは、簡易タンクにおいて危険物を貯蔵し又は取扱う貯蔵所をいう。
  2. 2.屋内貯蔵所とは、屋内の場所において危険物を貯蔵し又は取扱う貯蔵所をいう。
  3. 3.屋内タンク貯蔵所とは、屋内にあるタンクにおいて危険物を貯蔵し又は取扱う貯蔵所をいう。
  4. 4.給油取扱所とは、店舗において容器入りのままで販売するため、危険物を取扱う取扱所をいう。
  5. 5.地下タンク貯蔵所とは、地盤面下埋没されているタンクにおいて危険物を貯蔵し、又は取扱う貯蔵所をいう。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 法令上、次の危険物を同一の場所で貯蔵する場合、指定数量の倍数の合計として、次のうち正しいものはどれか。
なお、(  )内は指定数量を示す。 
硫黄(100 kg)…………… 240 kg
赤りん(100 kg)………… 340 kg
鉄粉(500 kg)…………… 300 kg
選択肢
  1. 1. 2.5倍
  2. 2. 4.3倍
  3. 3. 5.0倍
  4. 4. 6.4倍
  5. 5. 7.5倍
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、製造所の周囲には、一定の幅の空地を保有しなければならないが、
次のA〜Eの危険物の倍数と保有空地の幅の組合せで、要件をみたしているものの組合せはどれか。
ただし、防火上有効な隔壁を設けた場合、又は
高引火点危険物のみを貯蔵又は取扱う場合は除く。

問題 4
選択肢
  1. 1.A C
  2. 2.A D
  3. 3.B D
  4. 4.B E
  5. 5.C E
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上、製造所等の面積、危険物の倍数、性状等に関係なく、第5種の消火
設備2個以上の設置が定められているところは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.製造所
  2. 2.一般取扱所
  3. 3.地下タンク貯蔵所
  4. 4.屋内貯蔵所
  5. 5.第2種販売取扱所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、給油取扱所の改修工事として、認められるものはどれか。
選択肢
  1. 1.隣接する倉庫への行き来をしやすくするため、防火塀に出入口を設け、特定防火設備を設置する。
  2. 2.排水を良くするため、給油空地の地盤面をアスファルトで舗装する。
  3. 3.給油のため出入する者を対象としたコンビニエンスストアを診療所に建て替える。
  4. 4.危険物を増量するため、30,000Lの専用タンクを地下に埋設する。
  5. 5.給油ホースを3mのものから6mに付け替える。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 仮使用の説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.仮使用とは、製造所等を変更する場合に、変更工事に係る部分以外の部分の全部又は一部を、市町村長等の承認を得て
    完成検査前に仮に使用することをいう。
  2. 2.仮使用とは、製造所等を変更する場合に、工事が終了した部分を仮に使用することをいう。
  3. 3.仮使用とは、製造所等の設置工事において、工事終了部分の機械装置を完成検査前に試運転することをいう。
  4. 4.仮使用とは、製造所等を変更する場合、変更工事の開始前に仮に使用することをいう。
  5. 5.仮使用とは、定期点検中の製造所等を10日以内の期間、仮に使用することをいう。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、市町村長等から許可の取り消しを命ぜられる場合、その事由として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.製造所等の位置、構造又は設備を無許可で変更したとき。
  2. 2.危険物保安統括管理者を定めないとき。
  3. 3.危険物保安監督者を定めないとき。
  4. 4.危険物の貯蔵及び取扱いの基準の遵守命令に違反したとき。
  5. 5.製造所等の危険物取扱者が免状の書換えを怠っているとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検に関する記述について、次のうち誤っているものはどれか。
ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1.定期点検は、危険物の貯蔵及び取扱いの技術上の基準に適合しているかどうかについて点検する。
  2. 2.地下タンクを有する給油取扱所は、定期点検を実施しなければならない。
  3. 3.丙種危険物取扱者は定期点検を行うことができる。
  4. 4.点検記録の保存年限は、屋外貯蔵タンクの内部点検に係る点検記録を除いて、3年間である。
  5. 5.免状の交付を受けていない危険物施設保安員は、定期点検を行うことはできない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、免状の不交付について、次の文の(  )内のA〜Cに当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「( A )は、危険物取扱者が免状の( B )、その日から起算して( C )を経過しない者には、免状の交付を行わないことができる。」
選択肢
  1. 1. (A:都道府県知事)(B:返納を命ぜられた)(C:1年)
  2. 2. (A:市町村長等)(B:返納を命ぜられた)(C:2年)
  3. 3. (A:市町村長等)(B:返納をした)(C:1年)
  4. 4. (A:都道府県知事)(B:返納をした)(C:2年)
  5. 5. (A:市町村長等)(B:返納を命ぜられた)(C:1年)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、危険物の取扱作業の保安に関する講習について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物保安監督者に選任されている危険物取扱者のみが、この講習を受けなければならない。
  2. 2.危険物施設保安員は、2年に1回この講習を受けなければならない。
  3. 3.危険物の貯蔵又は取扱いの基準に違反した者は、この講習を受けなければならない。
  4. 4.製造所等において、危険物の取扱作業に従事していない危険物取扱者は、この講習の受講義務はない。
  5. 5.危険物取扱者は、5年に1回、この講習を受けなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 移動タンク貯蔵所に備え付ける書類について、次のA〜Eのうち、法令で定められているものはいくつあるか。
A:設置許可書
B:譲渡・引渡の届出書
C:品名、数量又は指定数量の倍数の変更の届出書
D:完成検査済証
E:始業、終業時の点検記録
選択肢
  1. 1. 1つ
  2. 2. 2つ
  3. 3. 3つ
  4. 4. 4つ
  5. 5. 5つ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、危険物保安監督者を選任しなくてもよいところはどれか。
選択肢
  1. 1.製造所
  2. 2.屋外タンク貯蔵所
  3. 3.移動タンク貯蔵所
  4. 4.給油取扱所
  5. 5.移送取扱所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、指定数量以上の危険物の運搬について、次のうち誤っているものはどれか。   
選択肢
  1. 1.危険物や運搬容器に著しい摩擦や動揺がおきないよう運搬すること。
  2. 2.運搬容器が、落下し、転倒し、若しくは破損しないように積載すること。
  3. 3.運搬容器は収納口を上に向けて積載しなければならない。
  4. 4.運搬容器の外部には、0.3m平方以上、0.4m平方以下の地が黒色の板に黄色の反射塗料で「危」と表示。
  5. 5.運搬中に危険物が漏れる等の、災害発生のおそれのある場合は、応急措置を講ずるとともに、もよりの消防機関等へ通報すること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 危険物の貯蔵・取扱い基準として、誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物のくず、かす等は、1日に1回以上廃棄、処置をすること。
  2. 2.危険物の残存している設備、機械器具、容器などを修理する際は、安全な場所において危険物を完全に除去した後に行わなければならない。
  3. 3.製造所等の計量口は、計量するとき以外は閉鎖しておくこと。
  4. 4.危険物を廃棄する場合は、いかなる場合であっても焼却してはならない。
  5. 5.危険物は、海中又は水中に流出させ、又は投下しないこと。
回答欄 1 2 3 4 5

物化

問題 16 次の物質のうち、1気圧、20℃で蒸発燃焼する組合せはどれか。
A:灯油
B:木炭
C:プロパンガス
D:硫黄
E:石炭
選択肢
  1. 1.A、C
  2. 2.B、D
  3. 3.C、E
  4. 4.A、D
  5. 5.B、E
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 燃焼についての説明で、次の文の(  )内のA〜Cに当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「物質が酸素と結合して( A )を生成する反応のうち、( B )の発生を伴うものを燃焼という。
有機物が完全燃焼する場合は、酸化反応によって安定な( A )に変わるが
酸素の供給が不足し、不完全燃焼すると、生成物に( C )、アルデヒド、すすの割合が多くなる。」
選択肢
  1. 1.(A:酸化物)(B:熱と光)(C:二酸化炭素)
  2. 2.(A:還元物)(B:熱と光)(C:一酸化炭素)
  3. 3.(A:酸化物)(B:煙と炎)(C:二酸化炭素)
  4. 4.(A:酸化物)(B:熱と光)(C:一酸化炭素)
  5. 5.(A:還元物)(B:煙と炎)(C:二酸化炭素)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 0℃、1気圧(1.013×105Pa)で、3.0Lの一酸化炭素と、6.0Lの酸素を混合し、完全燃焼させた。
このとき、反応した酸素の体積および反応後の気体の体積の組合せで、正しいものは次のうちどれか。
ただし、気体は0℃、1気圧(1.013×105Pa)とする。
選択肢
  1. 1.反応した酸素の体積:1.5L  反応後の気体の体積:4.5L
  2. 2.反応した酸素の体積:1.5L  反応後の気体の体積:7.5L
  3. 3.反応した酸素の体積:1.5L  反応後の気体の体積:9.0L
  4. 4.反応した酸素の体積:3.0L  反応後の気体の体積:4.5L
  5. 5.反応した酸素の体積:3.0L  反応後の気体の体積:7.5L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 消火剤について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.ハロゲン化物消火剤は、負触媒作用による抑制効果が大きい。
  2. 2.水は蒸発(気化)熱と比熱がともに大きいため、冷却効果が大きい。
  3. 3.りん酸塩類を主成分とする消火粉末は、木材の火災にのみ適応する。
  4. 4.二酸化炭素は空気より重いので、低所に滞留し窒息消火する。
  5. 5.強化液は霧状にして放射する場合、蒸気による窒息作用と薬剤による再燃防止の効果もある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 自然発火の機構について、次の文中の(A)〜(C)に当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「物質が空気中で常温(20℃)において自然に発熱し、発火する発熱原因には、分解熱、( A )、吸着熱などによるものがある。
分解熱による例には、( B )などがあり、( A )による例には不飽和脂肪酸を多く含む、あまに油、キリ油などの( C )がある。」
選択肢
  1. 1. (A:酸化熱) (B:セルロイド) (C:乾性油)
  2. 2. (A:燃焼熱) (B:石炭) (C:半乾性油)
  3. 3. (A:生成熱) (B:硝化綿) (C:不乾性油)
  4. 4. (A:反応熱) (B:ウレタンフォーム) (C:不乾性油)
  5. 5. (A:中和熱) (B:炭素粉末類) (C:乾性油)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気に関する説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.静電気は、一般に電気の不導体(不良導体)の摩擦等によって発生する。
  2. 2.静電気が蓄積すると、火花放電を生じることがある。
  3. 3.静電気は、湿度が低いほど発生しやすく、蓄積しやすい。
  4. 4.一般に液体や粉体が流動するときは、静電気が発生しやすい。
  5. 5.静電気が蓄積すると発熱し、その物質は蒸発しやすくなる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 次の(1)式と(2)式から導かれた、化学式 C + O2 → CO2 で発生する反応熱はいくらになるか。
(1)C   + 1/2 O2  = CO  + 111 kJ
(2)CO + 1/2 O2  = CO2 + 283 kJ
選択肢
  1. 1. 55 kJ (吸熱)
  2. 2. 142 kJ (吸熱)
  3. 3. 173 kJ(発熱)
  4. 4. 394 kJ(発熱)
  5. 5. 505 kJ(発熱)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 酸化剤と還元剤について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.他の物質を酸化しやすい性質のあるもの……………酸化剤
  2. 2.他の物質に水素を与える性質のあるもの……………還元剤
  3. 3.他の物質に酸素を与える性質のあるもの……………酸化剤
  4. 4.他の物質を還元しやすい性質のあるもの……………還元剤
  5. 5.他の物質から酸素を奪う性質のあるもの……………酸化剤
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 イオン化傾向の最も大きいものはどれか。
選択肢
  1. 1.カリウム
  2. 2.銅
  3. 3.鉄
  4. 4.白金
  5. 5.金
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 アセチレンの説明として、次の文の(  )内のA〜Cに当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「アセチレンは( A )反応しやすい。例えば、アセチレン1molに水素1molが作用すると( B )が生じ
水素2molが作用すると( C )が生じる。
選択肢
  1. 1. (A:付加) (B:エチレン) (C:エタン)
  2. 2. (A:付加) (B:プロピレン) (C:エチレン)
  3. 3. (A:付加) (B:エチレン) (C:メタン)
  4. 4. (A:置換) (B:エチレン) (C:エタン)
  5. 5. (A:置換) (B:メタン) (C:エタン)
回答欄 1 2 3 4 5

性消

問題 26 危険物の類ごとの性質の概要として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.塩素酸塩類などの第1類の危険物は、そのもの自体は燃焼しないが、熱、衝撃、摩擦等によって分解して酸素を発生する。
  2. 2.硫黄や金属粉などの第2類の危険物は、着火しやすく、粉じん爆発を起こすことがある。
  3. 3.カリウムやナトリウムなどの第3類の危険物は、空気にさらされることにより自然に発火し、又は水と接触して発火若しくは可燃性ガスを発生する。
  4. 4.硝酸メチルやニトロセルロースなどの第5類の危険物は、過熱分解等の自己反応により、発火し、又は爆発する物質である。
  5. 5.硝酸や過酸化水素などの第6類の危険物は、熱、衝撃、摩擦等によって分解して酸素を発生し、爆発的に燃焼する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 次の事故事例を教訓とした今後の対策として、誤っているものはどれか。
「給油取扱所の固定給油設備から軽油が漏れて地下に浸透したため、地下専用タンクの外面保護材の一部が溶解した。
また、周囲の地下水も汚染されて油臭くなった」
選択肢
  1. 1.給油中は吐出状況を監視し、ノズルから空気(気泡)を吹き出していないかどうか注意すること。
  2. 2.固定給油設備は定期的に全面カバーを取り外し、ポンプ及び配管に漏れがないか点検すること。
  3. 3.固定給油設備のポンプ周囲及び下部ピット内は点検を容易にするため、常に清掃しておくこと。
  4. 4.固定給油設備のポンプ及び配管等の一部に著しく油ごみ等が付着する場合は、その付近に漏れの疑いがあるので、重点的に点検すること。
  5. 5.固定給油設備の下部ピットは、漏油しても地下に浸透しないように、内側をアスファルトで被覆しておくこと。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 引火性液体の性質とその危険性の説明について、次のうち誤りはどれか。
選択肢
  1. 1.沸点の低いものほど可燃性蒸気の拡散が容易となり、引火の危険性が高まる。
  2. 2.アルコールは、注水して濃度を低くするとその蒸気圧は上昇し、引火点も上昇する。
  3. 3.多くのものが比重は水より小さく、火災などの際に注水すると水面に浮かんで火面が広がり、かえって火災が拡大する。
  4. 4.電気伝導度の小さいものほど静電気が発生しやすく、静電気による火災が起こりやすい。
  5. 5.空缶であっても、内部に蒸気が残っていることがあるので、その取扱いには十分に注意すること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 第4類の危険物の一般的性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.水に溶けるものが多い。
  2. 2.引火性である。
  3. 3.蒸気は空気とわずかに混合しても燃焼するものが多い。
  4. 4.液体の比重は1より小さい。
  5. 5.流動等により、静電気が発生しやすいものが多い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 一般の泡消火剤を使用すると泡が消えるので、消火の際、水溶性物品用の特別な泡を使用しなければならない危険物は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.エタノール
  2. 2.ガソリン
  3. 3.キシレン
  4. 4.灯油
  5. 5.軽油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 第4類のアルコール類について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.無色、無臭の液体である。
  2. 2.水より重い。
  3. 3.水への溶解度は小さい。
  4. 4.水より沸点は低い。
  5. 5.蒸気の比重は空気より軽い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 アクリル酸の性質について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.無色透明の液体である。
  2. 2.酢酸のような刺激臭がある。
  3. 3.水やアルコール,エーテルによく溶ける。
  4. 4.加熱や光により重合し、発熱する。
  5. 5.重合による熱は小さく、爆発、発火の危険性はない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 重油の一般的な性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.水に溶けない。
  2. 2.水より重い。
  3. 3.日本工業規格では、1種(A重油)、2種(B重油)及3種(C重油)に分類される。
  4. 4.発火点は、250℃〜380℃である。
  5. 5.C重油の引火点は、70℃以上である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 ジエチルエーテルを貯蔵し、取扱う際の注意事項と、その理由の組合せとして、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.注意事項:水中で貯蔵する。…………理由:空気中で自然発火するから。
  2. 2.注意事項:貯蔵する容器は、金属製以外のものを使用する。…………理由:金属と反応して発火又は爆発するから。
  3. 3.注意事項:空気に触れないよう、密封容器に入れ、冷暗所に貯蔵する。…………理由:過酸化物を生成し、加熱すると爆発をおこすから。
  4. 4.注意事項:容器への詰め替えは流速を速くし短時間で行う。…………理由:流速を速くすれば、静電気の発生を防止できるから。
  5. 5.注意事項:室内での取扱いは、低所よりも高所の換気を十分行う。…………理由:蒸気は空気より軽く、発生する蒸気は高所に滞留するから。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 ガソリンの性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.過酸化水素や硝酸と混合すると、発火の危険性が低くなる。
  2. 2.皮膚に触れると皮膚炎を起こすことがある。
  3. 3.主成分は炭化水素である。
  4. 4.不純物として、微量の有機硫黄化合物などが含まれることがある。
  5. 5.自動車ガソリンはオレンジ系色に着色されている。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。