乙種第4類危険物取扱者 模擬試験 No.7


法令

問題 1 消防法に定められている品名として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.ジエチルエーテルは、特殊引火物である。
  2. 2.ガソリンは、第1石油類である。
  3. 3.灯油は、第2石油類である。
  4. 4.シリンダー油は、第3石油類である。
  5. 5.ギヤー油は、第4石油類である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所の予防規程に盛り込むべき事項として
次のうち、該当しないものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物の保安のための巡視、点検及び検査に関すること。
  2. 2.顧客が自ら行う洗車機の運転又は操作に関すること。
  3. 3.補修等の方法に関すること。
  4. 4.危険物の取扱い作業の基準に関すること。
  5. 5.顧客に対する監視、その他保安のための措置に関すること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 屋外タンク貯蔵所において、第4類の危険物A(水溶性)を2,000L貯蔵している。
危険物Aは、常温、常圧のもとで、引火点が13℃で発火点が363℃である。
法令上、危険物Aを指定数量の何倍貯蔵していることになるか。
選択肢
  1. 1.0.5倍
  2. 2.1.0倍
  3. 3.2.0倍
  4. 4.5.0倍
  5. 5.10.0倍
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、危険物を貯蔵し又は取扱う建築物その他の工作物の周囲に
原則として空地を保有しなければならないが、次のうち誤っているものはどれか。
ただし、特例基準を適用する場合を除く。
選択肢
  1. 1.屋外タンク貯蔵所は、空地を保有する必要がある。
  2. 2.地下タンク貯蔵所は、空地の保有の必要はない。
  3. 3.屋内タンク貯蔵所は、空地の保有の必要はない。
  4. 4.屋外に設置してある簡易タンク貯蔵所は、空地を保有する必要がある。
  5. 5.販売取扱所は、空地を保有する必要がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 製造所等に設置する消火設備の区分について、第5種の消火設備に該当するものは
次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.消火粉末を放射する大型消火器
  2. 2.スプリンクラー設備
  3. 3.屋内消火栓設備
  4. 4.ハロゲン化物消火設備
  5. 5.泡を放射する小型消火器
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所(セルフ型スタンド)に
表示しなければならない事項として、次のうち必要ないものはどれか。
選択肢
  1. 1.顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所である旨の表示。
  2. 2.自動車等の停車位置の表示。
  3. 3.危険物の品目等の表示。
  4. 4.給油、注油設備の使用方法の表示。
  5. 5.顧客は、顧客用固定給油設備以外の固定給油設備の使用はできない旨の表示。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 仮使用の説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.仮使用とは、製造所等を変更する場合に、変更工事に係る部分以外の部分の全部又は一部を
    市町村長等の承認を得て完成検査前に仮に使用することをいう。
  2. 2.仮使用とは、製造所等を変更する場合に、工事が終了した部分を仮に使用することをいう。
  3. 3.仮使用とは、製造所等の設置工事において、工事終了部分の機械装置を完成検査前に試運転することをいう。
  4. 4.仮使用とは、製造所等を変更する場合、変更工事の開始前に仮に使用することをいう。
  5. 5.仮使用とは、定期点検中の製造所等を10日以内の期間、仮に使用することをいう。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、製造所等の所有者等に対し、製造所等の許可の取消し又は使用停止を
命ぜられる事由として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.給油取扱所の構造を無許可で変更したとき。
  2. 2.危険物保安監督者を定めたが、市町村長等への届出を怠っているとき。
  3. 3.完成検査を受けないで、屋内貯蔵所を使用したとき。
  4. 4.地下タンク貯蔵所の定期点検を、規定の期間内に行わなかったとき。
  5. 5.基準に違反している製造所等に対する、修理、改造又は移転命令に従わなかったとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検に関する記述について、次のうち誤っているものはどれか。
ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1.定期点検は、危険物の貯蔵及び取扱いの技術上の基準に適合しているかどうかについて点検する。
  2. 2.地下タンクを有する給油取扱所は、定期点検を実施しなければならない。
  3. 3.丙種危険物取扱者は定期点検を行うことができる。
  4. 4.点検記録の保存年限は、屋外貯蔵タンクの内部点検に係る点検記録を除いて、3年間である。
  5. 5.免状の交付を受けていない危険物施設保安員は、定期点検を行うことはできない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、危険物取扱者と危険物保安監督者について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.製造所等において、危険物取扱者でない者は、甲種又は乙種の危険物取扱者の立会いがなければ
    危険物を取り扱うことができない。
  2. 2.丙種危険物取扱者は、法で定められている危険物を自ら取り扱うことはできるが、危険物取扱者以外の者が
    危険物を取り扱う場合の立会いをすることはできない。
  3. 3.危険物保安監督者は、火災等が発生した場合は、作業者を指揮して応急の措置を講ずること。
  4. 4.製造所等において、指定数量未満の危険物であれば、危険物取扱者の立会いがなくても無資格者が取り扱うことができる。
  5. 5.製造所等において、甲種、乙種又は丙種危険物取扱者の立会いがあれば、危険物取扱者でない者も定期点検
    (規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く)を行うことができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、危険物取扱者免状の交付を受けている者が、免状を亡失・滅失若しくは
汚損・破損した場合の再交付の申請について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.当該免状を交付した都道府県知事に申請することができる。
  2. 2.当該免状の書換えをした都道府県知事に申請することができる。
  3. 3.居住地を管轄する都道府県知事に申請することができる。
  4. 4.免状を破損し再交付を受ける場合は、当該免状を添えて申請しなければならない。
  5. 5.免状を亡失し、その再交付を受けた者が、亡失した免状を発見した場合は
    それを10日以内に免状を再交付した都道府県知事に提出しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、危険物の取扱作業の保安に関する講習の受講義務について、
次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物施設保安員は、この講習を受講しなければならない。
  2. 2.製造所等において、危険物の取扱作業に従事するすべての者は、この講習を受講しなければならない。
  3. 3.丙種危険物取扱者には、受講の義務はない。
  4. 4.製造所等において、危険物の取扱作業に従事する危険物取扱者が受講しなければならない。
  5. 5.すべての危険物取扱者が受講しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.指定数量未満の危険物の貯蔵・取扱いの基準は、市町村条例で定められている。
  2. 2.貯蔵・取扱う危険物の品名、数量又は指定数量の倍数を変更するときは、所轄消防署長の認可を受けなければならない。
  3. 3.製造所等の譲渡をうけたときは、遅滞なく市町村長等に届け出なければならない。
  4. 4.製造所等に消防職員が、立ち入り、検査や質問をすることがある。
  5. 5.特定の製造所等の所有者、管理者又は占有者は危険物保安監督者を選任又は解任したとき
    遅滞なく市町村長等に届け出なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、危険物の運搬について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.異なる類の危険物との混載は一切禁止されている。
  2. 2.運搬容器は収納口を上に向けて積載しなければならない。
  3. 3.運搬容器および包装の外部に危険物の品名、数量等を表示して積載しなければならない。
  4. 4.運搬する危険物が指定数量以上のときは、危険物運搬車両に標識と消火設備を設置しなければならない。
  5. 5.特殊引火物を運搬する場合は、直射日光をさけるため、遮光性の被覆で覆わなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 危険物を容器で貯蔵する場合の貯蔵、取扱いの基準として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物の残存している容器等を修理する際は、安全な場所において危険物を完全に除去した後に行うこと。
  2. 2.収納する容器は危険物の性質に適応し、かつ、破損、腐食、さけめ等がないようにすること。
  3. 3.危険物を収納した容器を貯蔵し、又は取り扱う場合は、みだりに転倒させ、落下させ、衝撃を加え、
    又は引きずる等粗暴な行為をしないこと。
  4. 4.屋内貯蔵所及び屋外貯蔵所において危険物を貯蔵する場合においては、容器は絶対に積み重ねてはならない。
  5. 5.屋内貯蔵所においては、容器に収納して貯蔵する危険物の温度が55度を超えないように必要な措置を講ずること。
回答欄 1 2 3 4 5

物化

問題 16 燃焼について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.メタンが燃焼して、完全に二酸化炭素と水になることを完全燃焼という。
  2. 2.ニトロセルロースのように、分子内に多量の酸素を含有し、その酸素が燃焼に使われることを
    内部(自己)燃焼という。
  3. 3.ガソリンのように、液体がその液表面で燃焼することを、表面燃焼という。
  4. 4.木材のように、熱分解生成ガスがまず燃焼することを、分解燃焼という。
  5. 5.灯油のように、発生した蒸気が燃焼することを、蒸発燃焼という。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 可燃性物質の燃えやすい条件として、次の組合せのうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.発熱量:小……酸化のしやすさ:しやすい……酸素との接触面積:大……熱伝導率:小
  2. 2.発熱量:小……酸化のしやすさ:しやすい……酸素との接触面積:大……熱伝導率:大
  3. 3.発熱量:大……酸化のしやすさ:しにくい……酸素との接触面積:小……熱伝導率:大
  4. 4.発熱量:大……酸化のしやすさ:しやすい……酸素との接触面積:大……熱伝導率:小
  5. 5.発熱量:大……酸化のしやすさ:しにくい……酸素との接触面積:小……熱伝導率:小
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 次の液体の引火点及び燃焼範囲の下限値の数値として考えられる組合せで
正しいものはどれか。
「ある引火性液体は40℃で液面付近に濃度8vol%の可燃性蒸気を発生した。
この状態でマッチの火を近づけたところ引火した。」
選択肢
  1. 1.引火点 ………10℃    燃焼範囲の下限値………11 vol%
  2. 2.引火点 ………15℃    燃焼範囲の下限値………4 vol%
  3. 3.引火点 ………20℃    燃焼範囲の下限値………10 vol%
  4. 4.引火点 ………40℃    燃焼範囲の下限値………12 vol%
  5. 5.引火点 ………45℃    燃焼範囲の下限値………6 vol%
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 電気設備の火災に適応した消火剤の組合せで、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.二酸化炭素  消火粉末
  2. 2.化学泡   強化液
  3. 3.二酸化炭素  水溶性液体用泡
  4. 4.機械泡   水
  5. 5.化学泡   消火粉末
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 燃焼及び発火に関する一般的な説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.拡散燃焼では、酸素の供給が多いと激しく燃える。
  2. 2.ハロゲン元素を空気に混合しても炭化水素の燃焼に影響を与えない。
  3. 3.気化熱が大きい物質ほど、発火又は着火しやすい。
  4. 4.静電気の発生しやすい物質ほど、激しく燃える。
  5. 5.水溶性の可燃性液体は非水溶性のそれより燃焼点が低い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気の帯電について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.電気の不導体に帯電しやすい。
  2. 2.引火性液体に帯電すると、電気分解を起こす。
  3. 3.湿度が低いほど、帯電しやすい。
  4. 4.帯電防止策として、接地する方法がある。
  5. 5.一般に合成繊維製品は、綿製品より帯電しやすい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 有機化合物について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.有機化合物は、鎖式化合物と環式化合物の2つに大別される。
  2. 2.有機化合物の成分元素は、主に炭素、水素、酸素、窒素などである。
  3. 3.有機化合物は、一般に水に溶けにくい。
  4. 4.有機化合物の沸点及び融点は、無機化合物に比べて低いものが多い。
  5. 5.有機化合物は、一般に不燃性である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 アルコールとエーテルの説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.ジエチルエーテルはエタノールと比べ、水に溶けにくく、反応性に乏しい。
  2. 2.ジメチルエーテルは、エタノールの構造異性体である。
  3. 3.エタノールを脱水反応させると、ジエチルエーテルが生成する。
  4. 4.ジエチルエーテルは有機化合物をよく溶かす。
  5. 5.ナトリウムは、エタノールおよびジエチルエーテル双方と反応し、水素を発生する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 0℃のある液体100gに、熱量12.6kJを加えたとき、液体の温度は何度になるか。
ただし、この液体の比熱は2.1J/g・Kである。
選択肢
  1. 1. 40℃
  2. 2. 45℃
  3. 3. 50℃
  4. 4. 55℃
  5. 5. 60℃
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 Aの物質がBの物質に変化した場合、それが酸化反応に該当するものはどれか。
選択肢
  1. 1. A:木炭 → B:一酸化炭素
  2. 2. A:黄リン → B:赤リン
  3. 3. A:硫黄 → B:硫化水素
  4. 4. A:水 → B:水蒸気
  5. 5. A:濃硫酸 → B:希硫酸
回答欄 1 2 3 4 5

性消

問題 26 1類から6類の危険物について、正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.1気圧、20℃で引火するものは、すべて危険物である。
  2. 2.すべての危険物に引火点がある。
  3. 3.すべて燃焼する。
  4. 4.すべての危険物が、炭素、酸素、水素を含有している。
  5. 5.1気圧、20℃で固体又は液体である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 舗装道路に流出したガソリンの火災に、注水してはいけない理由として、次の組合せで正しいものはどれか。
A:ガソリンが水に浮き、燃焼面が拡大するから。
B:水滴がガソリンをかき乱し、燃焼を激しくさせるから。
C:水滴がガソリンを飛散させるから。
D:水が側溝を流れ、ガソリンを遠くまで運ぶから。
E:水が沸騰してガソリンを飛散させるから。
選択肢
  1. 1.A B
  2. 2.A C
  3. 3.B D
  4. 4.D E
  5. 5.A D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 移動貯蔵タンクから地下タンクへ危険物を注入する際、流出事故をたびたび発生させた。
このような事故を防止するための留意事項として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.注入するときは、必ず注入するタンクの残油量を確認してから行うこと。
  2. 2.地下タンクへ注入するときは、移動タンクを大地と完全に接地すること。
  3. 3.地下タンクの計量口は、開放しておくこと。
  4. 4.移動タンクの給油ホースと注入口の緊結状態を確認すること。
  5. 5.地下タンクに接続している計量機の使用は中止し、地下タンクの注入口の廻りには、車を近づけないこと。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 水溶性液体用の特別な泡消火剤を使用しなければならない危険物の組合せは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.ベンゼン、ジエチルエーテル
  2. 2.ガソリン、アセトアルデヒド
  3. 3.ベンゼン、メタノール
  4. 4.アセトン、メタノール
  5. 5.軽油 、酢酸メチル
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 第4類の危険物の火災における消火剤の効果等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.重油の火災に、泡消火剤は効果がある。
  2. 2.トルエンの火災に、ハロゲン化物消火剤は効果がある。
  3. 3.ガソリンの火災に、二酸化炭素消火剤は効果がない。
  4. 4.ベンゼンの火災に、りん酸塩類等の粉末消火剤は効果がある。
  5. 5.軽油の火災に、棒状注水は効果がない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.水より軽い。
  2. 2.水には溶けず、特臭がある。
  3. 3.引火点は常温(20℃)より高い。
  4. 4.燃焼範囲はおおむね1〜8vol%である。
  5. 5.静電気を発生しやすい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 酢酸について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.無色、無臭である。
  2. 2.水に溶けない。
  3. 3.常温(20℃)で引火しやすい。
  4. 4.腐食性がある有機酸である。
  5. 5.蒸気は空気より軽い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 動植物油類のうち、乾性油は自然発火することがあるが、次のうち最も自然発火
しやすい状態のものはどれか。
選択肢
  1. 1.金属容器に収納したものを長期間、倉庫に貯蔵しているとき。
  2. 2.ぼろ布等に染み込ませたものを長期間、通気性の悪いところにたい積させているとき。
  3. 3.ガラス製容器に収納したものを長期間、直射日光のあたるところに放置しているとき。
  4. 4.水が混入した容器を、屋外で貯蔵しているとき。
  5. 5.種々の動植物油類を同一の倉庫で貯蔵しているとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 灯油、軽油及び重油について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.いずれも引火点は、常温(20℃)より高い。
  2. 2.いずれも原油から分留されたもので、種々の炭化水素の混合物である。
  3. 3.いずれも静電気の発生のおそれはない。
  4. 4.いずれも霧状になると火がつきやすくなる。
  5. 5.いずれも発生する蒸気は空気より重い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 ベンゼンについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.無色透明の揮発性液体である。
  2. 2.水にはほとんど溶けない。
  3. 3.特有の芳香を有している。
  4. 4.水よりも重い。
  5. 5.アルコール、エーテルに溶ける。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。