乙種第4類危険物取扱者 模擬試験 No.1


法令

問題 1 法別表第一に、危険物の品名として掲げられているものの組合せはどれか。
選択肢
  1. 1.カリウム    プロパン
  2. 2.黄リン     消石灰
  3. 3.塩酸      ニトロ化合物
  4. 4.アルコール類  硝酸
  5. 5.液体酸素    硝酸塩類
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 予防規程についての記述で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.予防規程の内容は、危険物の貯蔵、取扱いの技術上の基準に適合してい
    なければならない。
  2. 2.予防規程は、危険物保安監督者が作成し、市町村長等の認可を受けなけ
    ればならない。
  3. 3.予防規程を制定又は変更したときは市町村長等の認可を受けることが
    義務付けられている。
  4. 4.予防規程には、地震発生時における施設及び設備に対する点検、応急措置
    に関することを定めなければならない。
  5. 5.製造所等の所有者及び従業者は、予防規程に定められている内容を守ら
    なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 屋内貯蔵所に次の危険物を貯蔵する場合、貯蔵量は指定数量の何倍になるか。
重油…………………… 2,000L
ガソリン………………… 100L
灯油……………………… 500L
アルコール類…………… 200L
動植物油類…………… 3,000L
選択肢
  1. 1. 1.5倍
  2. 2. 2.8倍
  3. 3. 3.0倍
  4. 4. 3.5倍
  5. 5. 4.5倍
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、学校、病院等の建築物等から一定の距離(保安距離)を保たなけれ
ばならないが、次の製造所等のうち、保安距離を確保しなくてもよい
施設はどれか。
選択肢
  1. 1.給油取扱所
  2. 2.屋外貯蔵所
  3. 3.屋内貯蔵所
  4. 4.屋外タンク貯蔵所
  5. 5.製造所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 製造所等に設置する消火設備の所要単位の計算方法として、次のうち誤って
いるものはどれか。
選択肢
  1. 1.外壁が耐火構造の製造所の建築物は、延べ面積100uを1所要単位
    とする。
  2. 2.外壁が耐火構造でない製造所の建築物は、延べ面積50uを1所要単位
    とする。
  3. 3.外壁が耐火構造の貯蔵所の建築物は、延べ面積150uを1所要単位
    とする。
  4. 4.外壁が耐火構造でない貯蔵所の建築物は、延べ面積75uを1所要単位
    とする。
  5. 5.危険物は、指定数量の100倍を1所要単位とする。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所(セルフ型スタンド)に
おける、顧客用固定給油設備の構造及び措置についての基準として
次のうち、定められていないものはどれか。
選択肢
  1. 1.燃料タンクが満量になった場合に、危険物の供給を自動的に停止し
    ブザー等の警報音を発する構造の給油ノズル。
  2. 2.著しい引張力が加わった場合に、安全に分離する構造の給油ホース。
  3. 3.ガソリン及び軽油相互の誤給油を防止できる構造。
  4. 4.1回の連続した給油量及び給油時間の上限を設定できる構造。
  5. 5.地震時に危険物の供給を停止できる構造。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 給油取扱所の仮使用について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.給油取扱所の設置許可を受ける前に使用したいので、仮使用の申請をした。
  2. 2.給油取扱所において、専用タンクを含む全面的な変更許可を受けたが、
    工事中も営業を休むことができないので、仮使用の申請をした。
  3. 3.給油取扱所の完成検査で、一部が不合格になったので、合格になった部分
    についてのみ、仮使用の申請をした。
  4. 4.給油取扱所の専用タンクの取替え工事中、専用タンクから自動車に給油
    したいので、仮使用の申請をした。
  5. 5.給油取扱所の事務所の変更許可を受けたが、変更部分以外の部分の一部を
    使用したいので、仮使用の申請をした。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 市町村長等から出される許可の取り消し又は使用停止命令に該当しないもの
は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.製造所等の専用タンクを同仕様のタンクと入替の工事をしたが、無許可で
    行った。
  2. 2.設備の完成検査を受けないで屋内貯蔵所を使用した。
  3. 3.地下タンク貯蔵所の定期点検を、法定の期間内に行わなかった。
  4. 4.製造所等の設備の改造の命令を受けたが、その命令に従わずに設備を使用
    していた。
  5. 5.製造所等を譲り受け、その届出を怠っているとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 定期点検を義務づけられている製造所等の組合せとして、正しいものはどれか。
A.第1種販売取扱所
B.屋内タンク貯蔵所
C.移動タンク貯蔵所
D.地下タンクを埋設している給油取扱所
E.簡易タンク貯蔵所
選択肢
  1. 1.A B
  2. 2.B C
  3. 3.C D
  4. 4.D E
  5. 5.E A
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、一定数量以上の第4類の危険物を取り扱う製造所等で、危険物保安
統括管理者を選任しなければならないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.製造所
  2. 2.給油取扱所
  3. 3.屋外貯蔵所
  4. 4.第2種販売取扱所
  5. 5.屋内タンク貯蔵所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 免状の交付について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.免状を亡失したときは再交付の申請を、汚損したときは書換えの申請を
    する。
  2. 2.免状を亡失したときは1年以内に再交付の申請をしないと、その資格は
    自動的に取り消される。
  3. 3.免状の書換えは居住地又は勤務地の市町村長等へ申請する。
  4. 4.免状は危険物取扱者試験に合格した者に、都道府県知事から交付される。
  5. 5.免状の再交付を受けるときは、保安に関する講習を受講しなければなら
    ない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 移動タンク貯蔵所に備え付ける書類について、次のA〜Eのうち
法令で定められているものはいくつあるか。 A.設置許可書
B.譲渡・引渡の届出書
C.品名、数量又は指定数量の倍数の変更の届出書
D.完成検査済証
E.始業、終業時の点検記録
選択肢
  1. 1.1つ
  2. 2.2つ
  3. 3.3つ
  4. 4.4つ
  5. 5.5つ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 保安講習の受講について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.すべての危険物施設保安員は、受講しなければならない。
  2. 2.すべての危険物保安監督者は、受講しなければならない。
  3. 3.丙種危険物取扱者は、受講の義務はない。
  4. 4.講習は5年に1回受講しなければならない。
  5. 5.指定数量未満の危険物を貯蔵し又は取り扱う施設で作業している危険物取
    扱者は、この講習を受講しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、危険物を運搬するときの基準として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物を運搬する場合は、運搬容器、積載方法及び運搬方法についての
    基準に従わなければならない。
  2. 2.運搬する危険物が指定数量未満のときは、適応する消火設備を備えること。
  3. 3.異なる類の危険物との混載は一切禁止されている。
  4. 4.運搬する危険物が指定数量未満のときは、「危」と表示した標識を、
    車両の前後見やすい箇所に掲げること。
  5. 5.運搬する危険物が指定数量以上のときは、危険物施設保安員が乗車しな
    ければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 法令上、製造所等において危険物の貯蔵・取扱いをする場合の技術上の基準
として、次のうち誤っているものはどれか。 
選択肢
  1. 1.みだりに火気を使用したり、係員以外の者を出入りさせない。
  2. 2.常に整理及び清掃を行うとともに、みだりに空箱その他の不必要な物件を
    置かない。
  3. 3.貯留設備又は油分離装置にたまった油は、希釈してから排出する。
  4. 4.危険物を保護液中に貯蔵する場合は、危険物を露出させない。
  5. 5.危険物を貯蔵し、又は取扱っている建築物等においては、当該危険物の
    性質に応じた有効な遮光又は換気を行う。
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 物質の燃焼の形態について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.ガソリンは、液表面から発生する蒸気が燃焼するので、表面燃焼という。
  2. 2.セルロイドは、加熱されて分解し、その際発生する可燃性ガスが燃焼する
    ので、分解燃焼という。
  3. 3.水素は、気体がそのまま燃焼するので、自己(内部)燃焼という。
  4. 4.コークスは、表面で直接酸素と反応して燃焼するので、直接燃焼という。
  5. 5.エタノールは、液面から発生する蒸気が燃焼するので、蒸発燃焼という。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 次の文の(   )内のA〜Dに当てはまる語句の組合せとして、
正しいものはどれか。
「一般に可燃性固体において、熱伝導率が燃焼に大きく影響するのは、
熱の逸散速度が燃焼の持続に重要な要因となるからである。
熱伝導率の( A )物質は燃焼しやすく、逆に( B )物質は可燃性で
あっても燃焼しにくい。しかし、熱伝導率が( C )、燃焼しにくい物質で
も粉末にするとよく燃焼するようになるのは、見かけ上の熱伝導率が
( D )なるからである。」
選択肢
  1. 1.(A:大きい)(B:小さい)(C:大きく)(D:小さく)
  2. 2.(A:小さい)(B:大きい)(C:小さく)(D:大きく)
  3. 3.(A:大きい)(B:小さい)(C:小さく)(D:大きく)
  4. 4.(A:大きい)(B:大きい)(C:小さく)(D:小さく)
  5. 5.(A:小さい)(B:大きい)(C:大きく)(D:小さく)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 引火点の説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.可燃物を空気中で加熱した場合、火源がなくても自ら燃え出すときの
    最低の温度をいう。
  2. 2.発火点と同じものであるが、その可燃物が気体又は固体の場合は発火点
    といい、液体の場合は引火点という。
  3. 3.可燃性液体の蒸気の発生量が、燃焼範囲の上限値以上を液面上に発生する
    最低の液温。
  4. 4.可燃性液体が空気中で着火するのに必要な、最低の濃度の蒸気を液面上に
    発生する液温をいう。
  5. 5.可燃物の燃焼温度は、開始時において最も低く、時間の経過とともに高く
    なっていくが、その炎の燃焼開始時の温度をいう。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 消火に関する次の文の(  )内のA〜Cに該当する語句の組合せとして、
正しいものはどれか。 「一般に燃焼に必要な酸素の供給源は空気である。空気中には約( A )の
酸素が含まれており、この酸素濃度を燃焼に必要な濃度以下にする消火
方法を( B )という。物質により燃焼に必要な濃度は異なるが、
一般に石油類では、酸素濃度を( C )以下にすると燃焼は停止する。」
選択肢
  1. 1.(A:25%)(B:窒息消火)(C:20%)
  2. 2.(A:21%)(B:除去消火)(C:18%)
  3. 3.(A:25%)(B:除去消火)(C:14%)
  4. 4.(A:21%)(B:窒息消火)(C:14%)
  5. 5.(A:21%)(B:除去消火)(C:20%)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 炭素と水素からなる有機化合物が完全燃焼したときに生成する物質として、
次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.不飽和炭化水素
  2. 2.飽和炭化水素
  3. 3.有機過酸化物
  4. 4.飽和炭化水素と水
  5. 5.二酸化炭素と水
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.静電気は一般に電気の不導体の摩擦等により発生する。
  2. 2.静電気は人体にも帯電する。
  3. 3.静電気による火災には、燃焼物に適応した消火法をとる。
  4. 4.静電気は空気が乾燥している時に発生しやすい。
  5. 5.静電気の蓄電防止策の一つに、物体を電気的に絶縁する方法がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 化合物と混合物について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.空気は、窒素、酸素その他の混合物である。
  2. 2.食塩は、ナトリウムと塩素の化合物である。
  3. 3.二酸化炭素は、酸素と炭素の混合物である。
  4. 4.灯油は、種々の炭化水素の混合物である。
  5. 5.エタノールは、水素、炭素と酸素の化合物である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 次の文(  )内に該当するものは次のうちどれか。
「圧力を一定に保った状態では、一定質量の気体の体積は、温度1℃上昇
するごとに、0℃における体積の(    )づつ膨張する。」
選択肢
  1. 1.173分の1
  2. 2.273分の1
  3. 3.256分の1
  4. 4.327分の1
  5. 5.372分の1
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 酸化と還元についての説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.物質が酸素と化合する反応を酸化といい、酸素を含む物質が酸素を失う
    反応を還元という。
  2. 2.水素が関与する反応では、水素を失う反応を酸化といい、水素と結びつく
    反応を還元という。
  3. 3.酸化とは物質が電子を失う変化をいい、還元とは物質が電子を受け取る
    変化をいう。
  4. 4.同一反応系において、還元と酸化は同時におこらない。
  5. 5.酸化剤とは還元しやすい物質で、逆に還元剤とは酸化しやすい物質である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 常温(20℃)における金属と水、酸との反応について示したものであるが、
正しいものの組合せはどれか。
選択肢
  1. 1.Ca 
    水との反応=水素を発生する
    希硫酸との反応=反応しない
  2. 2.Cu
    水との反応=反応しない
    希硫酸との反応=水素を発生する
  3. 3.Mg
    水との反応=酸素を発生する
    希硫酸との反応=反応しない
  4. 4.Li
    水との反応=反応しない
    希硫酸との反応=水素を発生する
  5. 5.Pt
    水との反応=反応しない
    希硫酸との反応=反応しない
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の類ごとに共通する性状として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.第1類の危険物は、可燃性であり加熱すると爆発的に燃焼する。
  2. 2.第2類の危険物は、着火又は引火の危険性がある固体である。
  3. 3.第3類の危険物は、二酸化炭素と接触すると分解発熱して発火する。
  4. 4.第5類の危険物は、窒素及び酸素含有物質であり、強還元性である。
  5. 5.第6類の危険物は、強酸性でありガラスやプラスチックを容易に腐食する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 移動タンク貯蔵所から地下タンクへガソリンを荷下ろし中、あふれ事故が
発生した。従業員の措置として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.移動貯蔵タンクの底弁をとめる。
  2. 2.消防署へ通報し、付近の住民にも知らせる。
  3. 3.移動タンク貯蔵所のエンジンを停止させ、周辺から退去する。
  4. 4.大量の水であふれたガソリンを油分離槽へ流し込み、界面活性剤で乳化し
    て、下水へ流す。
  5. 5.客を避難させ、他の従業員へ連絡する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 第4類の危険物に共通する一般的な火災予防の方法として、次のうち不適切なものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物を取り扱う場所においては、みだりに火気を使用しないこと。
  2. 2.可燃性蒸気が滞留するおそれのある場所の電気機器は、防爆構造のもの
    とすること。
  3. 3.危険物が入った容器は、熱源を避けて貯蔵すること。
  4. 4.静電気による火災が発生するおそれがあるものの詰替え作業で、
    容器は電気の伝導性のよい床上に置くか、又は接地すること。
  5. 5.室内で取り扱うときは、低所よりも高所の換気を十分に行う。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 第4類の危険物の危険をあらわすもので、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.引火点の低いものほど、危険性は大である。
  2. 2.燃焼範囲の下限値の数値が小さいものほど危険性が大である。
  3. 3.燃焼範囲の下限値が等しい物質どうしでは、上限値の数値が大きいほうが
    危険性が大である。
  4. 4.燃焼範囲の幅が等しい物質どうしでは、下限値が小さいほうが危険性が大
    である。
  5. 5.液体の比重が大きいものほど、蒸気密度が小さいので、危険性は大である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 アルコール、ケトン系の危険物には、水溶性液体用泡消火剤を使用するが、
その理由として正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.他の泡消火剤に比べ、耐油性に優れているから。
  2. 2.他の泡消火剤に比べ、消火剤にしみ込みやすく、引火点を低くするから。
  3. 3.他の泡消火剤に比べ、可燃性液体と親和性があり、混じりやすいから。
  4. 4.他の泡消火剤に比べ、泡が溶解したり、破壊されることがないから。
  5. 5.他の泡消火剤に比べ、水溶性が高いから。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの性状として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.液比重は1以上である。
  2. 2.蒸気比重は5以上である。
  3. 3.燃焼下限値は5vol%以上である。
  4. 4.引火点は−40℃以下である。
  5. 5.発火点は250℃以下である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 グリセリンの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.無色で刺激臭のある液体である。
  2. 2.ガソリン、軽油にはほとんど溶けない。
  3. 3.蒸気の比重は空気よりも重い。
  4. 4.吸湿性を有する。
  5. 5.水より重い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 動植物油類の中には自然発火を起こすものがある。自然発火を起こしやすい
ものはどれか。
選択肢
  1. 1.容器に入った油を、長時間直射日光にさらしていたとき。
  2. 2.油の入った容器を、ふたをせずに置いていたとき。
  3. 3.容器に入った油を、湿気の多い場所で貯蔵したとき
  4. 4.容器からこぼれた油が染み込んだ布や紙などを、長い間風通しの悪い場所
    に積んでおいたとき。
  5. 5.容器の油に不乾性油を混合したとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 アセトアルデヒドの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.無色透明の液体である。
  2. 2.水、アルコールに溶けない。
  3. 3.熱又は光で分解すると、メタンと一酸化炭素になる。
  4. 4.空気と接触し加圧すると、爆発性の過酸化物をつくることがある。
  5. 5.蒸気の比重は空気よりも重い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 ベンゼンとトルエンについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.いずれも芳香族炭化水素である。
  2. 2.いずれも引火点は、常温(20℃)より低い。
  3. 3.いずれも水に溶けやすい。
  4. 4.蒸気は、いずれも有毒である。
  5. 5.いずれも無色の液体で、水より軽い。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。