乙種第4類危険物取扱者 模擬試験 No.2


法令

問題 1 消防法に定められている品名として、次のうち誤っているものはどれか
選択肢
  1. 1.ジエチルエーテルは、特殊引火物である。
  2. 2.ガソリンは、第1石油類である。
  3. 3.軽油は、第2石油類である。
  4. 4.重油は、第3石油類である。
  5. 5.クレオソート油は、第4石油類である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、予防規程を定めなくてもよいところは、次のうちどれか。
ただし、鉱山保安法の規定による保安規定を定めている製造所等、
および火薬類取締法の規定による危害予防規程を定めている製造所等は除く。
選択肢
  1. 1.指定数量の倍数が200以上の屋外タンク貯蔵所
  2. 2.指定数量の倍数が100以上の屋外貯蔵所
  3. 3.すべての製造所
  4. 4.すべての移送取扱所
  5. 5.すべての給油取扱所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 次の危険物を同一場所で貯蔵した場合、指定数量の倍数の合計はいくらか。
ガソリン………………2,000L
エタノール……………… 800L
灯油……………………8,000L
軽油……………………6,000L
選択肢
  1. 1.3倍
  2. 2.5倍
  3. 3.10倍
  4. 4.15倍
  5. 5.26倍
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、危険物施設から一定の距離(保安距離)を保たなければならない
対象物と保安距離の組合せで、誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.敷地外の一般住宅………… 10m
  2. 2.重要文化財…………………50m
  3. 3.病院………………………… 30m
  4. 4.高圧ガス施設……………… 20m
  5. 5.幼稚園………………………20m
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 消火設備について次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.消火設備は第1種から第6種に区分されている。
  2. 2.第4類の危険物に適応する消火設備を第4種消火設備という。
  3. 3.消火粉末を放射する小型消火器は第4種消火設備である。
  4. 4.泡を放射する大型消火器は第3種消火設備である。
  5. 5.乾燥砂は第5種の消火設備に該当する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、屋内タンク貯蔵所の位置、構造及び設備の技術上の基準として,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.屋内貯蔵タンクには,危険物の量を自動的に表示する装置を設けること。
  2. 2.タンク専用室は,壁,柱及び床を耐火構造とし,かつ,はりを不燃材料
    で造ること。
  3. 3.タンク専用室は,屋根と天井を不燃材料で造ること。
  4. 4.タンク専用室の窓又は出入口にガラスを用いる場合は,網入りガラスとすること。
  5. 5.タンク専用室の床は,危険物が浸透しない構造とし,適当な傾斜をつけ,
    かつ,貯留設備を設けること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 次のAに掲げる危険物を、同量のBに掲げる危険物に変更し取り扱う場合、
届出の手続きが必要ないものはどれか。
選択肢
  1. 1.A:灯油 → B:重油
  2. 2.A:第一石油類 → B:第三石油類
  3. 3.A:アセトアルデヒド → B:アセトン
  4. 4.A:特殊引火物 → B:アルコール類
  5. 5.A:ガソリン → B:ベンゼン
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 市町村長等から出される使用停止命令に該当しないものは,次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.製造所等の位置・構造・設備を無許可で変更したとき。
  2. 2.危険物保安監督者を定めたが、その者に危険物の取扱作業に関する保安の監
    督をさせていないとき。
  3. 3.製造所等を完成検査済証の交付前に使用したとき。
  4. 4.製造所等の定期点検の実施・記録・保存がなされないとき。
  5. 5.製造所等の危険物取扱者が免状の返納命令を受けたとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検について、次のうち誤っているものはどれか。  
ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1.定期点検は、製造所等の位置、構造及び設備が技術上の基準に適合している
    かどうかについて行う。
  2. 2.定期点検は1年に1回以上実施しなければならない。
  3. 3.危険物施設保安員は定期点検を行うことができる。
  4. 4.乙種危険物取扱者は定期点検を行うことができる。
  5. 5.製造所等の所有者、管理者又は占有者は、定期点検の結果を市町村長等に
    報告しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、危険物取扱者について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物取扱者は、危険物の取扱作業に従事するときは、貯蔵又は取扱いの
    技術上の基準を遵守するとともに、当該危険物の保安の確保について
    細心の注意を払わなければならない。
  2. 2.製造所等においては、甲種又は乙種危険物取扱者が立会わなければ、
    危険物取扱者以外の者は危険物を取扱ってはならない。
  3. 3.危険物取扱者は、製造所等において危険物保安監督者を選任しなければ
    ならない。
  4. 4.乙種危険物取扱者が、危険物の取扱作業に関して立会うことができる
    危険物の種類は、当該免状に指定する種類の危険物に限られる。
  5. 5.丙種危険物取扱者は、危険物取扱者以外の者の危険物の取扱いに立会う
    ことはできない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 免状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物取扱者免状は、危険物取扱者試験に合格した者に対し、
    都道府県知事が交付する。
  2. 2.免状に記載されている事項に変更が生じたときは、交付した都道府県知事又
    は居住地もしくは勤務地を管轄する都道府県知事に、書換えを申請しなけ
    ればならない。
  3. 3.免状を亡失又は破損した場合は、免状を交付又は書換えをした都道府県知事
    に再交付の申請をすることができる。
  4. 4.免状を亡失して再交付を受けた者が亡失した免状を発見した場合は、
    これを7日以内に免状の再交付を受けた都道府県知事に提出すること。
  5. 5.免状の汚損又は破損により再交付申請をする場合は、申請書に当該汚損、
    破損の免状を添えて提出しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 危険物の取扱作業の保安講習について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物保安統括管理者に選任された者は、危険物の資格を有していなくても
    受講の対象になる。
  2. 2.危険物取扱者であっても、現に危険物の取扱作業に従事していない者は、
    この講習の受講義務はない。
  3. 3.製造所等において、危険物の取扱作業に従事する危険物取扱者が受講
    しなければならない。
  4. 4.免状の交付を受けた都道府県だけでなく、他の都道府県で行われている
    講習を受講することができる。
  5. 5.受講義務のある危険物取扱者が受講しなかった場合、免状の返納命令を
    受けることがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 危険物の規制として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.指定数量未満の危険物の貯蔵又は取扱いの技術上の基準は、市町村条例で
    定められている。
  2. 2.貯蔵取扱う危険物の品名、数量又は指定数量の倍数を変更するときは、
    速やかに所轄消防署長の認可を受けなければならない。
  3. 3.製造所等の譲渡をうけたときは、遅滞なく、届け出なければならない。
  4. 4.製造所等に消防職員が、立ち入り、検査や質問をすることがある。
  5. 5.特定の製造所等の所有者、管理者又は占有者は危険物保安監督者を
    選任又は解任したとき、遅滞なく、届け出なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 危険物は、危険性の程度に応じて、危険等級T、危険等級U及び危険等級V
に区分されているが、次のうち、危険等級Uに区分されているものはどれか。
選択肢
  1. 1.ガソリン
  2. 2.灯油
  3. 3.軽油
  4. 4.重油
  5. 5.ギヤー油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 危険物の貯蔵、取扱い基準として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.許可・届出された品名以外の危険物や,許可・届出され数量もしくは
    指定数量の倍数を超える危険物の貯蔵,取扱いをしないこと。
  2. 2.危険物が残存したまま、設備、機械器具、容器などを修理する際は、
    火花を発する機械器具を使用しないこと。
  3. 3.貯留設備又は油分離装置に溜まった危険物は,あふれないように随時
    くみ上げること。
  4. 4.危険物を貯蔵し,又は取扱っている建築物等においては,当該危険物の
    性質に応じた有効な遮光又は換気を行うこと。
  5. 5.危険物を貯蔵し,又は取扱う場合には,危険物が漏れ,あふれ,又は
    飛散しないように必要な措置を講ずること。
回答欄 1 2 3 4 5

物化

問題 16 可燃物と燃焼の形態の組合せとして、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.木炭…………………表面燃焼
  2. 2.灯油…………………蒸発燃焼
  3. 3.ガソリン……………蒸発燃焼
  4. 4.セルロイド…………内部(自己)燃焼
  5. 5.重油…………………表面燃焼
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 メタノールの完全燃焼したときの化学反応式として、次の( )内の@〜Bに
当てはまる数字および化学式の組合せとして、正しいものはどれか。

( @ )CH3OH + ( A )O2  →  2( B ) + 4H2O
選択肢
  1. 1. (@ 2)(A 3)(B CO2)
  2. 2. (@ 2)(A 3)(B CO)
  3. 3. (@ 3)(A 2)(B HCHO)
  4. 4. (@ 3)(A 2)(B CH4)
  5. 5. (@ 4)(A 3)(B CO2)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 引火点の説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.可燃物を空気中で加熱した場合、火源がなくても自ら燃え出すときの最低の
    温度をいう。
  2. 2.可燃性液体の蒸気が液面上に発生しはじめる最低の気温である。
  3. 3.発火点と同じ意味であるが、可燃物が固体の場合は発火点といい、
    気体又は液体の場合は引火点という。
  4. 4.可燃性液体が空気中で着火するのに必要な、最低の濃度の蒸気を液面上
    に発生する液温をいう。
  5. 5.可燃性液体を燃焼させるのに必要な熱源の温度をいう。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 窒息消火に関する説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.二酸化炭素を放射して、燃焼物の周囲の酸素濃度を14〜15vol%以下にする
    と窒息消火する。
  2. 2.内部(自己)燃焼性の物質の消火には効果がない。
  3. 3.燃焼物への注水により発生した水蒸気は、窒息効果もある。
  4. 4.一般に不燃性ガスにより窒息消火する場合、そのガスは空気より重い方が
    効果的である。
  5. 5.水溶性液体の火災に注水して消火することがあるが、この主たる消火効果
    は窒息である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 燃焼及び発火に関する一般的な説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.拡散燃焼では、酸素の供給が多いと激しく燃える。
  2. 2.ハロゲン元素を空気に混合しても炭化水素の燃焼に影響を与えない。
  3. 3.比熱が大きい物質ほど、発火又は着火しやすい。
  4. 4.静電気の発生しやすい物質ほど、激しく燃える。
  5. 5.水溶性の可燃性液体は非水溶性のそれより燃焼点が低い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.作業する場所の床や靴の電気抵抗が大きいと、静電気の蓄積量は大きくなる。
  2. 2.帯電した物体が放電するときのエネルギーの大小は、可燃性ガスの発火
    に影響しない。
  3. 3.夏場、人体に帯電しないのは、汗や湿気で他に静電気が漏れるからである。
  4. 4.接触分離する2つの物質の種類及び組合せによって、発生する静電気の
    大きさや極性が異なる。
  5. 5.接触面積や接触圧は、静電気発生の要因のひとつである。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 鉄の腐食について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.鉄が腐食するとき水分と反応して酸素が発生する。
  2. 2.酸性域の水中では、水素イオン濃度が低いほど腐食しやすい。
  3. 3.アルカリ性のコンクリート中では、腐食は抑制される。
  4. 4.塩分が付着したものは腐食しにくい。
  5. 5.水中で鉄と銅が接触していると、銅の方が速く腐食する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 次の文の( )内のA〜Dに当てはまる語句の組合せはどれか。
「二酸化炭素は、炭素または( A )の( B )燃焼の他、生物の呼吸や
糖類の発酵によっても生成される。二酸化炭素は空気より( C )気体
で、水に少し溶け、弱い( D )を示す。」
選択肢
  1. 1. (A:無機化合物) (B:不完全) (C:重い)(D:アルカリ性)
  2. 2. (A:炭素化合物) (B:完全) (C:重い)(D:酸性)
  3. 3. (A:酸素化合物) (B:不完全) (C:軽い)(D:アルカリ性)
  4. 4. (A:無機化合物) (B:完全) (C:軽い)(D:酸性)
  5. 5. (A:炭素化合物) (B:不完全) (C:軽い)(D:アルカリ性)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 標準状態(0℃、1気圧(1.013×105Pa)で、11.2Lのメタン(CH4)気体中
には、炭素(C)原子と水素(H)原子、合わせて何個の原子が存在するか。
ただし、アボガドロ数は6.02 × 1023個とする。
選択肢
  1. 1. 3.01 × 1023個
  2. 2. 9.03 × 1023個
  3. 3. 12.04 × 1023個
  4. 4. 15.05 × 1023個
  5. 5. 30.10 × 1023個
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 単体は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.食塩
  2. 2.斜方硫黄
  3. 3.二酸化炭素
  4. 4.純水
  5. 5.アルミナ
回答欄 1 2 3 4 5

性消

問題 26 第1類から第6類の危険物の性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物には、常温(20℃)において、気体、液体及び固体のものがある。
  2. 2.不燃性の液体又は固体で、酸素を分離し他の燃焼を助けるものがある。
  3. 3.水と接触して発熱し、可燃性ガスを発生するものがある。
  4. 4.危険物には、単体、化合物及び混合物の3種類がある。
  5. 5.分子内に酸素を含み、他からの酸素の供給がなくても燃焼するものがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類の危険物の一般的な性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.液体の比重は1より小さいものが多い。
  2. 2.引火性である。
  3. 3.静電気の火花で引火するものがある。
  4. 4.発火点は100℃以下である。
  5. 5.常温(20℃)において液体である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 アセトン及びエチルアルコールなど、水溶性液体危険物の火災に、一般の泡消
火剤を使用しても効果的でない。その理由として、次のうち正しいものは
どれか。
選択肢
  1. 1.泡が重いため沈むから。
  2. 2.泡が燃えるから。
  3. 3.泡が乾いて飛ぶから。
  4. 4.泡が固まるから。
  5. 5.泡が消えるから。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 第4類の危険物に共通する一般的な火災予防の方法として、次のうち不適切なものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物が入った容器は、火気または発熱体を避けて貯蔵すること。
  2. 2.容器に保存するときは、通気口付きのものにすること。
  3. 3.取り扱う室内の湿度を高くする。
  4. 4.可燃性蒸気が滞留するおそれのある場所の電気機器は、防爆構造のもの
    とすること。
  5. 5.引火点の低い物質を屋内で取り扱う場合には、換気を十分にすること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 「顧客に給油等をさせる給油取扱所(セルフスタンド)において,給油を
行おうと自動車燃料タンクの給油口キャップを緩めた際に,噴出したガソリン
蒸気に静電気放電したことによって引火して火災が起こった。」
このような静電気事故を防止するための給油取扱所における静電気対策とし
て,次のうち適切でないものはどれか。
選択肢
  1. 1.固定給油設備等のホース及びノズルの導通を良好に保つ。
  2. 2.ガソリン蒸気に静電気放電しないように,給油口キャップを開放する前に
    金属部分に触れないようにする。
  3. 3.顧客用固定給油設備等のホース機器等の直近及び見やすいところに,
    「静電気除去」に関する事項を表示する。
  4. 4.給油取扱所の従業員等は,帯電防止服及び帯電防止靴の着用を励行する。
  5. 5.地盤面に散水を適時行い,人体等に帯電している静電気を逃がしやすくする。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 ガソリンの性質について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.自然発火しやすい。
  2. 2.発火点は二硫化炭素より低い。
  3. 3.燃焼範囲はジエチルエーテルより広い。
  4. 4.自動車ガソリンは、すべて淡青色又は淡緑色に着色されている。
  5. 5.水より軽い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 第4石油類の性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.常温では蒸発しにくい。
  2. 2.水に溶けず粘度が高い。
  3. 3.潤滑油や可塑剤など、多くの種類がある。
  4. 4.第1石油類より引火点は低い。
  5. 5.火災になった場合は液温が高くなり消火が困難となる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 アクリル酸について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.無色透明で、無臭の液体である。
  2. 2.引火点は常温(20℃)より低い。
  3. 3.重合しやすく、重合熱により発熱、発火することがある。
  4. 4.水に溶けない。
  5. 5.蒸気は空気より軽く、毒性がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 ジエチルエーテルと二硫化炭素の性状として、次のうち誤っているものは
どれか。
選択肢
  1. 1.どちらも燃焼範囲は極めて広い。
  2. 2.どちらも発火点はガソリンより低い。
  3. 3.どちらも水より重い。
  4. 4.ジエチルエーテルの蒸気は麻酔性、二硫化炭素の蒸気には毒性がある。
  5. 5.どちらも二酸化炭素、ハロゲン化物などが消火剤として有効である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 アセトンについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.無色の揮発性液体である。
  2. 2.引火点は常温(20℃)より低い。
  3. 3.水に任意の割合で溶けるが、ジエチルエーテルとクロロホルムには
    ほとんど溶けない。
  4. 4.過酸化水素と硝酸に反応して、発火することがある。
  5. 5.沸点は100℃より低い。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。