乙種第4類危険物取扱者 模擬試験 No.10


法令

問題 1 消防法に定められている品名として,次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 特殊引火物……………………二硫化炭素
  2. 2. 第1石油類……………………クレオソート油
  3. 3. 第2石油類……………………ガソリン
  4. 4. 第3石油類……………………軽油
  5. 5. 第4石油類……………………重油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上,予防規程に定めるべき主な事項として,該当しないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物の商品の管理と発注に関すること。
  2. 2. 危険物の保安に関する業務を管理する者の職務及び組織に関すること。
  3. 3. 危険物の保安に係る作業に従事する者に対する保安教育に関すること。
  4. 4. 危険物の保安のための巡視,点検及び検査に関すること。
  5. 5. 災害その他の非常の場合に取るべき措置に関すること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 現在,ガソリン400L ,メタノール2,000L,固形アルコール500sを貯蔵している。
指定数量の倍数の合計として,次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 1.8倍
  2. 2. 3.5倍
  3. 3. 4.5倍
  4. 4. 7.5倍
  5. 5. 12.5倍
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 次に掲げる製造所等のうち,危険物を貯蔵し又は取扱う建築物等の周囲に空地を保有しなければならないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 屋外タンク貯蔵所
  2. 2. 屋内タンク貯蔵所
  3. 3. 給油取扱所
  4. 4. 簡易タンク貯蔵所(屋内に設置したもの)
  5. 5. 販売取扱所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 消火設備について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 霧状の強化液を放射する小型の消火器及び乾燥砂は,第5種の消火設備である。
  2. 2. 所要単位の計算方法として,危険物は指定数量の10倍を1所要単位とする。
  3. 3. 地下タンク貯蔵所には,第5種の消火設備を2個以上設ける。
  4. 4. 電気設備に対する消火設備は,電気設備のある場所の面積100uごとに1個以上設ける。
  5. 5. 消火粉末を放射する大型の消火器は,第5種の消火設備である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上,販売取扱所の基準として,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 店舗は,建築物の2階に設置することができる。
  2. 2. 危険物を配合する室の床は,危険物が浸透しない構造にするとともに,適切な傾斜をつけ,かつ,貯留設備を設けなければならない。
  3. 3. 建築物の第一種販売取扱所の用に供する部分の窓又は出入口にガラスを用いる場合は,網入りガラスとすること。
  4. 4. 建築物の第二種販売取扱所の用に供する部分には,延焼のおそれのない部分に限り,窓を設けることができるものとし,当該窓には防火設備を設けること。
  5. 5. 建築物の第二種販売取扱所の用に供する部分は,上階がある場合は,上階の床を耐火構造とし,上階がない場合は屋根を耐火構造とし,又は不燃材料で造ること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上,製造所等の設置又は変更について,次の(  )内に当てはまる文は,次のうちどれか。
「製造所等の設置又は変更の許可を受けている者は,製造所等を設置したとき,
又は製造所等の位置,構造若しくは設備を変更し,その工事がすべて完了した時点で,
(    ),これを使用してはならない。」
選択肢
  1. 1. 市町村長等の行う完成検査を受け,位置,構造及び設備の技術上の基準に適合していると認められた後でなければ
  2. 2. 所有者等が自主的に検査を行い,安全が認められた後でなければ
  3. 3. 消防署長等の行う完成検査を受け,火災予防上安全であることが認められた後でなければ
  4. 4. 市町村長等に,設置又は変更工事の終了届を提出した後でなければ
  5. 5. 消防署長等の行う保安検査を受け,位置,構造及び設備の技術上の基準に適合していると認められた後でなければ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 市町村長等の命令として,次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等において危険物の貯蔵又は取扱いが技術上の基準に違反しているとき…………危険物施設の移転の命令
  2. 2. 製造所等の位置,構造及び設備が技術上の基準に違反しているとき…………危険物取扱者の免状の返納命令
  3. 3. 危険物保安監督者が,消防法若しくは消防法に基づく命令の規定に違反したとき…………危険物保安監督者の解任命令
  4. 4. 危険物の流出その他の事故が発生したときに,応急の措置を講じていないとき…………危険物取扱作業の保安に関する講習の受講命令
  5. 5. 管轄する区域にある移動タンク貯蔵所について,危険物の流出その他の事故が発生したとき…………予防規程の変更命令
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上,定期点検を義務づけられている製造所等の組合せとして,正しいものはどれか。
A 指定数量の倍数が10以上の製造所
B 屋内タンク貯蔵所
C 移動タンク貯蔵所
D 地下タンクを埋設している給油取扱所
E 簡易タンク貯蔵所
選択肢
  1. 1. ABE
  2. 2. ACD
  3. 3. ADE
  4. 4. BCD
  5. 5. BCE
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上,危険物取扱者及び危険物保安監督者について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等において,危険物取扱者でない者は,甲種又は乙種の危険物取扱者の立会いがなければ,危険物を取扱うことができない。
  2. 2. 丙種危険物取扱者は,法で定められている危険物を自ら取扱うことはできるが,
    危険物取扱者以外の者が危険物を取扱う場合の立会いをすることはできない。
  3. 3. 危険物保安監督者は,火災等が発生した場合は,作業者を指揮して応急の措置を講ずること。
  4. 4. 危険物施設保安員を置かない製造所等にあっては,危険物保安監督者がその職務を行うこと。
  5. 5. 製造所等において,甲種又は乙種の危険物取扱者の立会いがないと,無資格者は定期点検を行うことができない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 危険物取扱者免状について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 免状を亡失又は破損した場合は,免状を交付又は書換えをした都道府県知事に再交付の申請をすることができる。
  2. 2. 免状は,それを取得した都道府県の範囲だけでなく,全国で有効である。
  3. 3. 免状の返納を命じられた者は,その日から起算して2年を経過しないと免状の交付を受けることができない。
  4. 4. 免状を亡失して再交付を受けた者が亡失した免状を発見した場合は,これを10日以内に免状の再交付を受けた都道府県知事に提出すること。
  5. 5. 免状に記載されている事項に変更が生じたときは,交付した都道府県知事又は居住地,若しくは勤務地を管轄する都道府県知事に
    その書換えを申請しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上,危険物の保安に関する講習について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物の取扱作業に従事することとなった日前2年以内に免状の交付を受けている者は、
               免状交付日以後における最初の4月1日から3年以内に受講しなければならない。
  2. 2. 講習を受けなければならない危険物取扱者が講習を受けなかった場合は,免状の返納を命ぜられることがある。
  3. 3. 危険物の取扱作業に従事しなくなった者又は従事していない者は、受講する義務はない。
  4. 4. 2年以前に免状を取得して、危険物の取扱作業に従事していなかった者が、新たに従事することとなった場合、
               その従事することとなった日以後の最初の4月1日から1年以内に受講しなければならない。
  5. 5. 危険物の取扱作業に従事することとなった日前2年以内に講習を受講している者は、
               その受講日以後における最初の4月1日から3年以内に受講しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 危険物の運搬について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 指定数量以上の危険物を車両で運搬する場合は,標識を掲げるほか,消火設備を備えなければならない。
  2. 2. 運搬容器は,収納口を上方に向けて積載しなければならない。
  3. 3. 危険物や運搬容器に著しい摩擦や動揺がおきないよう運搬すること。
  4. 4. 運搬容器の外部には,原則として危険物の品名,数量等を表示して積載しなければならない。
  5. 5. 指定数量の10倍以上の危険物を車両で運搬する場合は,所轄消防長または消防署長に届け出なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 移動タンク貯蔵所における危険物の取扱作業の技術上の基準として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 移動貯蔵タンクから灯油を運搬容器に詰め替えるときは、運搬容器は法令で定める技術上の
    基準に適合するものでなければならない。
  2. 2. 静電気による災害が発生するおそれのある液体の危険物を移動貯蔵タンクに入れ、又は移動貯蔵タンクから出すときは、
    移動タンク貯蔵所を接地しなければならない。
  3. 3. 静電気による災害が発生するおそれのある液体の危険物を移動貯蔵タンクにその上部から注入するときは、
    注入管を用いなければならない。
  4. 4. 移動貯蔵タンクから危険物を貯蔵し、又は取り扱うタンクに第一石油類を注入するときは、
    移動タンク貯蔵所の原動機を停止させなければならない。
  5. 5. 軽油と灯油が入っていた移動貯蔵タンクにガソリンを入れる場合、タンク内に軽油と灯油のガスが残留していてもよいが、
    ガソリンの注入速度を速くして短時間に終了させる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所(セルフ型スタンド)における取扱基準として,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 顧客は顧客用固定給油設備以外の固定給油設備を使用して給油することができる。
  2. 2. 給油量,給油時間等の上限を設定する場合は,適正な数値としなければならない。
  3. 3. 顧客の給油作業等を直視等により監視すること。
  4. 4. 顧客が給油作業等を行う場合は,火の気がないこと,その他安全上支障ないことを確認してから実施させること。
  5. 5. 非常時においては,すべての固定給油設備等における危険物の取扱いが行えない状態にすること。
回答欄 1 2 3 4 5

基礎的な物理学及び化学

問題 16 次のうち,燃焼の難易に直接関係のないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 体膨張率
  2. 2. 空気との接触面積
  3. 3. 熱伝導率
  4. 4. 含有水分量
  5. 5. 発熱量
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 燃焼についての説明で,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. アセチレンのように、大きな発熱を伴ない分解する気体は、酸化剤がない場合でも燃焼する。
  2. 2. 完全燃焼した酸化物は、一般に可燃物とならない。
  3. 3. 無炎燃焼は固体の可燃性物質だけでなく,液体と気体の可燃性物質でも起こる。
  4. 4. 可燃性液体の燃焼は,一般に空気と蒸気が、濃度範囲の混合気を形成した場合に起こる。
  5. 5. 窒素と塩素の酸化反応は,酸素と結合する際、発熱を伴わないので燃焼にはあたらない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 ある液体の燃焼範囲は,2.5〜12.8 vol%であった。
このことについて,次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 空気100Lに蒸気を2.5L混合した場合は,点火すると燃焼する。
  2. 2. 空気2.5Lと蒸気97.5Lとの混合気体は,点火すると燃焼する。
  3. 3. 蒸気2.5Lと空気97.5Lとの混合気体は,点火すると燃焼する。
  4. 4. 空気100Lに蒸気を2.5〜12.8L混合した場合は,長時間放置すると自然発火する。
  5. 5. 蒸気100Lに空気2.5L混合した場合は,点火すると燃焼する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 油火災及び電気火災の両方に適応した消火剤の組合せで,次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. ハロゲン,泡,二酸化炭素
  2. 2. ハロゲン,霧状の強化液,粉末
  3. 3. 粉末,二酸化炭素, 棒状の強化液
  4. 4. 二酸化炭素,泡,霧状の強化液
  5. 5. 棒状の強化液,ハロゲン,粉末
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 粉じん爆発について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 可燃性固体の微紛が空中に浮遊しているとき,なんらかの火源により爆発することをいう。
  2. 2. 開放空間では粉じん爆発はおこりにくい。
  3. 3. 粉じんと空気が適度に混合しているときに粉じん爆発はおこる。
  4. 4. 紛じんの粒子が大きいときは,浮遊しにくいので,粉じん爆発をおこしにくい。
  5. 5. 有機物が紛じん爆発したとき,燃焼が完全なので一酸化炭素が発生することはない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 容器に液体を入れるときあふれないように空間容積をとるが,その理由は次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 化合
  2. 2. 酸化
  3. 3. 蒸発熱
  4. 4. 伝導率
  5. 5. 体膨張率
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 0℃のある液体100gに,熱量12.6 kJを加えたとき,液体の温度は何度になるか。ただし,この液体の比熱は2.1 J/g・Kである。
選択肢
  1. 1. 40 ℃
  2. 2. 45 ℃
  3. 3. 50 ℃
  4. 4. 55 ℃
  5. 5. 60 ℃
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 静電気による火災や爆発の災害を防止する対策として,次のうち適切なものはどれか。
選択肢
  1. 1. 絶縁性の床上で,絶縁性の靴を着用する。
  2. 2. 配管内を流れる可燃性液体の流速を大きくする。
  3. 3. 噴霧や散水によって,室内の湿度を上げる。
  4. 4. ノズルから可燃性液体を放出させるときは,圧力を高くする。
  5. 5. 可燃性液体をタンクに充填した後に検尺棒でタンクの油量を検尺するときは,静置時間をおかず素早く行う。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 次の文の(  )内のA〜Cに当てはまる語句の組合せとして,正しいものはどれか。
「有機化合物のうち,分子が鎖状構造の( A )をアルカンという。
アルカンの一般式は( B )である。
このアルカンのように共通の一般式で表され,性質や構造のよく似た一群の化合物を( C )という。
最も簡単なアルカンはメタンで,ガソリンにはnの値が5から10のアルカンが含まれている。」
選択肢
  1. 1. (A:飽和炭化水素)(B:CnH2n +2)(C:異性体)
  2. 2. (A:不飽和炭化水素)(B:CnH2n –2)(C: 同族体)
  3. 3. (A:飽和炭化水素)(B:CnH2n)(C:異性体)
  4. 4. (A:不飽和炭化水素)(B:CnH2n –2)(C: 異性体)
  5. 5. (A:飽和炭化水素)(B:CnH2n +2)(C:同族体)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 化合物と混合物について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 空気は,主に窒素と酸素の混合物である。
  2. 2. 食塩は,ナトリウムと塩素の化合物である。
  3. 3. 二酸化炭素は,炭素と酸素の混合物である。
  4. 4. 灯油は,種々の炭化水素の混合物である。
  5. 5. エタノールは,炭素,水素および酸素の化合物である。
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の類ごとに共通する性状として,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 第1類の危険物は,すべて固体である。
  2. 2. 第2類の危険物は,すべて固体である。
  3. 3. 第3類の危険物は,固体又は液体である。
  4. 4. 第5類の危険物は,すべて液体である。
  5. 5. 第6類の危険物は,すべて液体である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類の危険物の性状について,A〜Dのうち正しいもののみを揚げているものはどれか。
A.すべて酸素を含有している化合物である。
B.すべて常温(20℃)以上に温めると水溶性になる。
C.すべて常温(20℃)では液体である。
D.すべて液比重は1より小さい。
選択肢
  1. 1. A
  2. 2. B
  3. 3. C
  4. 4. A,D
  5. 5. B,C
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 第4類の危険物の中には,消火剤として泡を用いる場合,泡が消滅しやすいので,
水溶性液体用の泡消火剤を使用しなければならないものがあるが,次のA〜Eの危険物のうち該当するものはいくつあるか。
A 二硫化炭素
B アセトアルデヒド
C アセトン
D メタノール
E クレオソート油
選択肢
  1. 1. 1つ
  2. 2. 2つ
  3. 3. 3つ
  4. 4. 4つ
  5. 5. 5つ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 ガソリンを別の容器等に詰替える際の取扱い方法として,防火上適切なものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 容器は,灯油用のポリ容器に入れた。
  2. 2. 金属製の容器に入れ,絶縁性のシートの上に置いた。
  3. 3. 周辺に火気や高温体がある場合や、火花を発する機械器具などを使用している場合は、別の容器への入替えをしない。
  4. 4. 容器の開栓時にエア調整ネジを緩めず、缶内の圧力を調整しないで開栓した。
  5. 5. 容器に入れる際、空間をとらずに入れた。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 第4類の危険物の火災における消火効果等について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 水溶性の危険物の火災には,棒状の強化液消火剤の放射が最も効果的である。
  2. 2. 乾燥砂は,小規模の火災に効果的である。
  3. 3. 初期消火には,霧状の強化液消火剤が効果的である。
  4. 4. 泡を放射する小型の消火器は,小規模の火災に効果的である。
  5. 5. 一般に注水による消火は不適切である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの性状等について,次のA〜Eのうち、誤っているもののみの組合せはどれか。
A 多くの炭化水素の混合物である。
B 液比重は0.95〜0.98で、非水溶性の液体である。
C 燃焼範囲は概ね1〜8Vol%である。
D 引火点は−40℃以下で、冬期でも引火の危険がある。
E 発火点は200℃程度である。
選択肢
  1. 1. A D
  2. 2. A E
  3. 3. B C
  4. 4. B E
  5. 5. C D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 酢酸について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 無色透明で,刺激臭がある。
  2. 2. 有機溶媒によく溶ける。
  3. 3. 常温(20℃)で引火しやすい。
  4. 4. 水溶液は腐食性を有する。
  5. 5. 青白い炎を上げて,燃焼する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 動植物油類の自然発火について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 乾性油の方が,不乾性油より,自然発火しやすい。
  2. 2. ヨウ素価が大きいほど,自然発火しやすい。
  3. 3. 熱を蓄積しやすい状態にあるほど,自然発火しやすい。
  4. 4. 引火点が高いほど,自然発火しやすい。
  5. 5. 貯蔵中,換気をよくするほど,自然発火しにくい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 特殊引火物について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 引火点が−20℃以下のものがある。
  2. 2. 水の沸点より低い温度で発火するものがある。
  3. 3. 40℃以下の温度で沸騰するものがある。
  4. 4. 水より重いものがある。
  5. 5. 発火点が100℃を超えるものはない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 ベンゼンの性状として,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 無色透明で芳香臭がある。
  2. 2. 水にはよく溶けるほか,ほとんどの有機溶剤にもよく溶ける。
  3. 3. 引火点は0℃より低い。
  4. 4. 融点は5.5℃で,冬季など固化することがある。
  5. 5. 毒性があり,吸入すると危険である。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。