乙種第4類危険物取扱者 模擬試験 No.3


法令

問題 1 法別表第1に掲げる第4類の危険物の品名に該当しないものは、 
次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.特殊引火物
  2. 2.引火性固体
  3. 3.第2石油類
  4. 4.第3石油類
  5. 5.動植物油類
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 予防規程についての記述で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.予防規程の内容は、危険物の貯蔵、取扱いの技術上の基準に適合して
    いなければならない。
  2. 2.予防規程は、危険物保安監督者が作成し、市町村長等の認可を受けな
    ければならない。
  3. 3.予防規程を制定又は変更したときは市町村長等の認可を受けることが
    義務付けられている。
  4. 4.予防規程には、地震発生時における施設及び設備に対する点検、応急
    措置に関することを定めなければならない。
  5. 5.製造所等の所有者及び従業者は、予防規程に定められている内容を守
    らなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 法令上、次の危険物を同一場所に貯蔵する場合、指定数量の倍数が
最も大きいものの組合せはどれか。
選択肢
  1. 1.メタノール 400L、軽油 500L
  2. 2.軽油 1,000L、重油 1,000L
  3. 3.特殊引火物 50L、灯油 500L
  4. 4.ガソリン 100L、重油 3,000L
  5. 5.ガソリン 50L、灯油 800L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、学校、病院等の建築物等から一定の距離(保安距離)を 
保たなければならないが、次の製造所等のうち、保安距離を確保
しなくてもよい施設はどれか。
選択肢
  1. 1.給油取扱所
  2. 2.屋外貯蔵所
  3. 3.屋内貯蔵所
  4. 4.屋外タンク貯蔵所
  5. 5.製造所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上、危険物とその火災に適応する第5種の消火設備との組合せで、
次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.水消火器(棒状)…………………… 第4類、第5類、第6類の危険物
  2. 2.強化液消火器(霧状)……………… 第4類、第5類、第6類の危険物
  3. 3.二酸化炭素消火器………………… 第4類の危険物
  4. 4.泡消火器…………………………… 第4類、第5類、第6類の危険物
  5. 5.粉末消火器(炭酸水素塩類等)…… 第4類の危険物
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、簡易タンク貯蔵所の位置、構造及び設備の技術上の基準について、
次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.ひとつの簡易タンク貯蔵所には、同一品質の危険物の簡易貯蔵タンクを3基まで設置することができる。
  2. 2.簡易貯蔵タンクを屋外に設置する場合は、簡易貯蔵タンクの周囲に1m以上の空地を確保する必要がある。
  3. 3.簡易貯蔵タンク1基の容量は600L以下とする。
  4. 4.簡易貯蔵タンクは、厚さ3.2mm以上の鋼板で造り、その外部にさび止め
    の塗装をするとともに、70kPaの圧力で10分間行う水圧試験において
    漏れ又は変形しないものであること。
  5. 5.簡易貯蔵タンクには通気管を設けなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 次の文の(   )内のA〜Cに当てはまる語句の組合せとして、
正しいものはどれか。
「製造所等(移送取扱所を除く)を設置するためには、消防本部及び消防署
を置く市町村の区域では当該( A )、その他の区域では当該区域を
管轄する( B )の許可を受けなければならない。
また、工事完了後には必ず( C )により、許可内容どおり設置されて
いるかどうかの確認を受けなければならない。」
選択肢
  1. 1.(A:消防長又は消防署長) (B:市町村長) (C:機能検査)
  2. 2.(A:市町村長) (B:都道府県知事) (C:完成検査)
  3. 3.(A:市町村長) (B:都道府県知事) (C:機能検査)
  4. 4.(A:消防長) (B:市町村長) (C:完成検査)
  5. 5.(A:消防署長) (B:都道府県知事) (C:機能検査)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 市町村長等が、製造所、貯蔵所又は取扱所に対して、危険物施設の修理、
改造又は移転の命令を発令することのできるのは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.製造所等において、危険物の貯蔵又は取扱いが技術上の基準に違反して
    いるとき。
  2. 2.公共の安全の維持又は災害の発生防止のため、緊急の必要があると認めた
    とき。
  3. 3.危険物の流出その他の事故が発生したとき。
  4. 4.危険物保安監督者が消防法に基づく命令の規定に違反したとき。
  5. 5.製造所等の位置、構造及び設備が技術上の基準に違反しているとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、移動タンク貯蔵所の定期点検について、次のうち正しいものはどれか。
ただし、規則で定める漏れの点検を除く。
選択肢
  1. 1.指定数量の倍数が10倍の移動タンク貯蔵所は、定期点検を行わなくて
    もよい。
  2. 2.重油を貯蔵し又は取扱う移動タンク貯蔵所は、定期点検を行わなくても
    よい。
  3. 3.丙種危険物取扱者は、定期点検を行うことができる。
  4. 4.所有者等であれば、免状の交付を受けていない者でも、危険物取扱者の
    立会いなしで定期点検を行うことができる。
  5. 5.定期点検は、3年に1回行わなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 危険物保安監督者の選任等について、次の(  )内のA〜Cに該当する語句の組合せで
正しいものはどれか。
「政令で定める製造所等の所有者等は、( A )で、( B )以上危険物の取扱作業に従事した経験を有する者の中から
危険物保安監督者を選任し、その者が取り扱うことのできる危険物の取扱作業について保安の監督をさせなければならない。
製造所等の所有者等は、危険物保安監督者を選任又は解任したときはこれを( C )に届け出なければならない。」
選択肢
  1. 1.(A:危険物取扱者)(B:3月)(C:消防署長)
  2. 2.(A:危険物取扱者)(B:6月)(C:市町村長)
  3. 3.(A:甲種又は乙種危険物取扱者)(B:3月)(C:消防署長)
  4. 4.(A:甲種又は乙種危険物取扱者)(B:3月)(C:都道府県知事)
  5. 5.(A:甲種又は乙種危険物取扱者)(B:6月)(C:市町村長)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 危険物取扱者免状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.免状を亡失又は破損した場合は、免状を交付又は書換えをした
    都道府県知事に再交付の申請をすることができる。
  2. 2.免状は、それを取得した都道府県の範囲だけでなく、全国で有効である。
  3. 3.免状の返納を命じられた者は、その日から起算して6ヶ月を経過しないと
    免状の交付を受けることができない。
  4. 4.免状を亡失して再交付を受けた者が亡失した免状を発見した場合は、
    これを10日以内に免状の再交付を受けた都道府県知事に提出すること。
  5. 5.免状に記載されている事項に変更が生じたときは、交付した都道府県知事
    又は居住地、若しくは勤務地を管轄する都道府県知事にその書換えを
    申請しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、製造所等の区分、及び貯蔵し又は取扱う危険物の品名、数量等に
関係なく、すべての製造所等の所有者等に共通して義務づけられていること
は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.製造所等に危険物保安監督者を定める。
  2. 2.製造所等に自衛消防組織を置く。
  3. 3.製造所等の位置、構造及び設備を技術上の基準に適合するよう維持する。
  4. 4.製造所等の火災を予防するため、予防規程を定める。
  5. 5.製造所等に危険物施設保安員を定める。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、移動タンク貯蔵所に備え付けておかなければならない書類として、
次のうち該当しないものはどれか。
選択肢
  1. 1.完成検査済証
  2. 2.定期点検の記録
  3. 3.危険物保安監督者の選任・解任の届出書
  4. 4.譲渡、引渡の届出書
  5. 5.品名、数量、指定数量の倍数の変更届出書
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 危険物の運搬について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.運搬容器は収納口を上に向けて積載しなければならない。
  2. 2.運搬容器および包装の外部に危険物の品名、数量等を表示して積載しな
    ければならない。
  3. 3.運搬する危険物が指定数量以上のときは、危険物運搬車両に標識と消火
    設備を設置しなければならない。
  4. 4.特殊引火物を運搬する場合は、直射日光をさけるため、遮光性の被覆で
    覆わなければならない。
  5. 5.指定数量の10倍以上の危険物を車両で運搬する場合は、その都度、
    市町村長等に届出なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 危険物の貯蔵又は取扱いについて、危険物の類ごとに共通する技術上の基準において
「水との接触を避けること。」と定められているものは、次のA〜Eのうちいくつあるか。

A:第1類のうちアルカリ金属の過酸化物
B:第2類のうち鉄粉、金属粉及びマグネシウム
C:第3類のうち黄りん
D:第4類の危険物
E:第5類の危険物
選択肢
  1. 1.1つ
  2. 2.2つ
  3. 3.3つ
  4. 4.4つ
  5. 5.5つ
回答欄 1 2 3 4 5

物化

問題 16 危険物の性状として、燃焼のしやすさと直接関係のない事項は次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.引火点が低い。
  2. 2.発火点が低い。
  3. 3.酸素と結合しやすい。
  4. 4.燃焼範囲が広い。
  5. 5.気化熱が大きい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 燃焼の形態についての次の記述に該当するものはどれか。
「可燃性ガスと空気又酸素とが、ある濃度範囲であらかじめ混合し、なんらかの火源により燃焼する。」
選択肢
  1. 1.表面燃焼
  2. 2.分解燃焼
  3. 3.予混合燃焼
  4. 4.拡散燃焼
  5. 5.蒸発燃焼
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 ガソリンの燃焼範囲は、1.4〜7.6 vol%であるといわれている。
このことについて、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.空気100Lにガソリン蒸気を1.4L混合した場合は、点火すると燃焼する。
  2. 2.空気1.4Lとガソリン蒸気98.6Lとの混合気体は、点火すると燃焼する。
  3. 3.ガソリン蒸気1.4Lと空気98.6Lとの混合気体は、点火すると燃焼する。
  4. 4.空気100Lにガソリン蒸気を1.4〜7.6L混合した場合は、長時間放置する
    と自然発火する。
  5. 5.ガソリン蒸気100Lに空気1.4L混合した場合は、点火すると燃焼する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 強化液消火剤について、次のA〜Dの記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
A 水系の消火剤であるため、寒冷地では凍結して使用できない。
B 水と比べて再燃焼を防止する効果が高い。
C 冷却効果が大きいので、燃焼温度の高い金属粉火災に適している。
D 霧状に放射するものは、油火災や電気火災にも使用できる。
選択肢
  1. 1.A B
  2. 2.A C
  3. 3.B C
  4. 4.B D
  5. 5.C D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 次の文の(  )内のA〜Cに当てはまる語句の組合せはどれか。
「動植物油類の自然発火は、油が空気中で( A )され、この反応で
発生した熱が蓄積されて発火点に達すると起こる。自然発火は一般に乾き
やすい油(乾性油)ほど( B )、この乾きやすさを油脂( C )に吸収
するよう素のグラム数で表したものをよう素価という。」
選択肢
  1. 1.(A:酸化)(B:おこりにくく)(C:100g)
  2. 2.(A:還元)(B:おこりにくく)(C:100g)
  3. 3.(A:酸化)(B:おこりにくく)(C:10g)
  4. 4.(A:還元)(B:おこりやすく)(C:10g)
  5. 5.(A:酸化)(B:おこりやすく)(C:100g)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気の帯電について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.引火性液体に帯電すると、電気分解を起こす。
  2. 2.電気の不導体に帯電しやすい。
  3. 3.一般に合成繊維製品は、綿製品より帯電しやすい。
  4. 4.湿度が低いほど、帯電しやすい。
  5. 5.帯電防止策として、接地する方法がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 [問 22] 比熱(c)、質量(m)とした場合、熱容量(C)の
関係式として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.C=mc
  2. 2.C=mc2
  3. 3.C=m2c
  4. 4.C=m/c2
  5. 5.C=c2/m
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 沸点と蒸気圧について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.1気圧のもとでは、すべての液体は液温が100℃になると沸騰する。
  2. 2.液体が沸騰する温度は、外圧の高低にしたがって変わる。
  3. 3.液体の温度が上がると、蒸気圧は高くなる。
  4. 4.液体の蒸気圧が外圧と等しくなると沸騰する。
  5. 5.液面ばかりでなく、液体内部からも気化が激しくおこることを沸騰という。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 有機化合物の一般的説明について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.無機化合物に比べ、種類が多い。
  2. 2.成分元素は炭素以外に、酸素、水素、窒素、硫黄、りん等である。
  3. 3.結合の仕方の相違から組成が同じであっても性質の異なる異性体が
    存在する。
  4. 4.無機化合物に比べて融点や沸点が高い。
  5. 5.燃焼すると、二酸化炭素と水を発生する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 次の文の(  )内のA〜Cに当てはまる語句の組合せはどれか。
「金属が水溶液中で( A )になろうとする性質を、イオン化傾向という。
トタン(鋼板に亜鉛をメッキしたもの)は亜鉛の酸化被膜が
( B )の侵入を防いで、鋼板の腐食を防止し、メッキに傷がついても
鉄よりイオン化傾向の( C )亜鉛が溶解することで、鋼板の腐食を
防止する。」
選択肢
  1. 1.(A:陽イオン)(B:窒素)(C:大きい)
  2. 2.(A:陽イオン)(B:二酸化炭素)(C:小さい)
  3. 3.(A:陽イオン)(B:酸素)(C:大きい)
  4. 4.(A:陰イオン)(B:酸素)(C:小さい)
  5. 5.(A:陰イオン)(B:二酸化炭素)(C:大きい)
回答欄 1 2 3 4 5

性消

問題 26 危険物の性質について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.金属には、同一物質であっても、形状、粒度によって危険物になるものと、
    ならないものがある。
  2. 2.酸化力が強く、有機物と混ぜるとこれを酸化させ、場合によっては着火
    させるものがある。
  3. 3.危険物には、単体、化合物、混合物の3種類がある。
  4. 4.多量の酸素を含んでおり、他からの酸素の供給がなくても燃焼するものが
    ある。
  5. 5.同一の類の危険物の消火には同一の消火剤を使用すればよい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類の危険物の一般的な性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.引火性である。
  2. 2.常温(20℃)において液体である。
  3. 3.電気の良導体である。
  4. 4.水より軽いものが多い。
  5. 5.蒸気比重は1より大きい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 地下埋設配管(鋼管)の腐食による危険物の漏えい事故がたびたび発生
しているが、この原因として次のうち考えられないものはどれか。
選択肢
  1. 1.地下水位が高かったため、常時、配管の上部は乾燥、下部は湿った状態に
    あった。
  2. 2.配管の設置に際し、工具の落下により、配管の防食被覆がはがれたのに
    気づかず埋設したため。
  3. 3.コンクリート中に埋設した。
  4. 4.接地(アース)用の銅の棒を地中に差し込んだ際に、埋設配管と銅の棒が
    接触したため。
  5. 5.付近に直流電流設備を設置されていることによる迷走電流のため。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 強化液消火剤に関する説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.アルカリ金属塩の濃厚な水溶液である。
  2. 2.油火災に対しては、霧状にして放射しても適応性がない。
  3. 3.−20℃でも凍結しないので、寒冷地での使用に適する。
  4. 4.木材などの普通火災には、再燃防止の効果がある。
  5. 5.霧状にして放射すれば、電気火災に対しても適応性がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 次の事故事例を教訓とした今後の対策として、次のうち適切でないものはどれか。
「移動タンク貯蔵所の運転者が、容量1,400Lの地下貯蔵タンクに
軽油を1,000L注入するところを、誤って1,400L注入したため、
タンク容量を超えて通気管から漏油した。」
選択肢
  1. 1.注入するときは、地下貯蔵タンクの残油量を必ず確認する。
  2. 2.注入するときは、受け渡し双方が立ち会う。
  3. 3.危険物の注入状態を確認する。
  4. 4.過剰注入防止用警報装置の維持管理は、日頃から徹底し、注入前には
    使用時点検を実施する。
  5. 5.注入するときは、通気管を閉鎖する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 ガソリンを貯蔵していたタンクに灯油を入れるときは、タンク内のガソリン
の蒸気を完全に除去してから入れなければならないが、その理由として、
次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.タンク内に充満していたガソリンの蒸気が灯油と混合して熱を発生し、
    発火することがあるから。
  2. 2.タンク内のガソリンの蒸気が灯油と混合することにより、ガソリンの
    引火点が高くなるから。
  3. 3.タンク内に充満していたガソリンの蒸気が灯油に吸収されて燃焼範囲の
    濃度に薄まり、かつ、灯油の流入で発生した静電気の火花で引火することが
    あるから。
  4. 4.タンク内のガソリンの蒸気が灯油の蒸気と混合するとき発熱し、
    その熱で灯油の温度が高くなるから。
  5. 5.タンク内のガソリンの蒸気が灯油と混合して、灯油の発火点が著しく
    低くなるから。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 重油の性質について、次のうち誤りはどれか。
選択肢
  1. 1.褐色又は暗褐色の液体である。
  2. 2.水より重い。
  3. 3.不純物として含まれている硫黄は、燃えると有毒な亜硫酸ガスになる。
  4. 4.水に溶けない。
  5. 5.C重油の引火点は、70℃以上である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 キシレンの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.無色の液体である。
  2. 2.特臭がある。
  3. 3.3種の異性体が存在する。
  4. 4.比重は1より小さい。
  5. 5.蒸気は空気よりも軽い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 ジエチルエーテルの性質について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.酸素原子に2個の炭化水素のついた形の化合物である。
  2. 2.引火点はきわめて低く、燃焼範囲も広い。
  3. 3.日光や空気に長くさらされると、過酸化物を生じ爆発の危険がある。
  4. 4.エタノールや、水によく溶ける。
  5. 5.消火には、水溶性液体用の泡消火剤を使用する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 アセトンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.水より軽い。
  2. 2.揮発しやすい。
  3. 3.水に溶けない。
  4. 4.無色で特有の臭いがある。
  5. 5.発生する蒸気は空気より重いので、低所に滞留する。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。