乙種第四類危険物取扱者 模擬試験 No.4


法令
問題 1 法令上の危険物についての説明として,次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物とは,法別表第一の品名欄に掲げる物品で,同表に定める区分に応じ
    同表の性質欄に掲げる性状を有するものをいう。
  2. 2. 危険物はその性質により,第1類から第7類に区分されている。
  3. 3. 危険物は引火性の他,毒性も考慮に入れて指定されている。
  4. 4. 毒物,劇物に指定されている物品も,危険物として指定される。
  5. 5. プロパンガスやメタンガスも液化されたものは危険物に指定されている。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 予防規程についての記述で,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等の所有者等は,火災を予防するため予防規程を定め,市町村長等の認可を受けなければならない。
  2. 2. すべての製造所等は,予防規程を定めなければならない。
  3. 3. 市町村長等は,予防規程が,危険物の貯蔵,取扱いの技術上の基準に適合していないとき
    その他火災の予防のために適当でないと認めるときは,認可をしてはならない。
  4. 4. 市町村長等は,火災の予防のため必要があるときは,予防規程の変更を命ずることができる。
  5. 5. 製造所等の所有者及び従業者は,予防規程を守らなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 現在,灯油を200Lを貯蔵している。これと同一場所に貯蔵した場合,指定数量以上とみなされるものは,次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.ガソリン…………100L
  2. 2.エタノール………200L
  3. 3.軽油………………800L
  4. 4.重油………………1,500L
  5. 5.ギヤー油…………2,000L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上,学校,病院等の建築物等から一定の距離(保安距離)を設けなければならない旨の規定がある製造所等は,次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.屋外貯蔵所
  2. 2.販売取扱所
  3. 3.移動タンク貯蔵所
  4. 4.屋内タンク貯蔵所
  5. 5.給油取扱所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 製造所等に設置する消火設備の所要単位の計算方法として,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.外壁が耐火構造の製造所の建築物は,延べ面積100uを1所要単位とする。
  2. 2.外壁が耐火構造でない製造所の建築物は,延べ面積50uを1所要単位とする。
  3. 3.外壁が耐火構造の貯蔵所の建築物は,延べ面積150uを1所要単位とする。
  4. 4.外壁が耐火構造でない貯蔵所の建築物は,延べ面積75uを1所要単位とする。
  5. 5.危険物は,指定数量の100倍を1所要単位とする。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 給油取扱所に設ける標識,掲示板について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物の類,品名及び貯蔵最大数量又は取扱最大数量,指定数量の倍数を表示した掲示板を設けなければならない。
  2. 2.危険物保安監督者の氏名及び職名を表示した掲示板を設けなければならない。
  3. 3.地色を黄赤色,文字を黒色で「給油中エンジン停止」と表示した掲示板を設けなければならない。
  4. 4.第4類の危険物を貯蔵する場合は,「火気注意」と表示した掲示板を設けなければならない。
  5. 5.掲示板は,幅0.3m以上,長さ0.6m以上の大きさにしなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 給油取扱所の仮使用について,次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.給油取扱所の設置許可を受ける前に使用したいので,仮使用の申請をした。
  2. 2.給油取扱所において,専用タンクを含む全面的な変更許可を受けたが,工事中も営業を休むことができないので,仮使用の申請をした。
  3. 3.給油取扱所の完成検査で,一部が不合格になったので,合格になった部分についてのみ,仮使用の申請をした。
  4. 4.給油取扱所の事務所の変更許可を受けたが,変更部分以外の部分の一部を使用したいので,市町村長等に仮使用の承認の申請をした。
  5. 5.給油取扱所の事務所の変更許可を受けたが,変更部分以外の部分の一部を使用したいので,消防署長に仮使用の承認の申請をした。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上,市町村長等が製造所等の所有者等以外の者にも発令できる命令は,次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.製造所等を設置し,完成検査を受けないで当該製造所等を使用したときは,使用の停止を命ぜられる。
  2. 2.許可を受けないで,製造所等の位置,構造又は設備を変更したときは,仮使用承認申請の提出を命ぜられる。
  3. 3.製造所等以外の場所で,仮貯蔵又は仮取扱いの承認を受けないで,指定数量以上の危険物を貯蔵し,又は取扱っている場合は
              当該危険物の除去その他危険物による災害防止のための必要な措置をすることを命ぜられる。
  4. 4.製造所等の位置,構造及び設備が技術上の基準に適合していないときは,これらを修理し,改造し,又は移転することを命ぜられる。
  5. 5.製造所等において,危険物の貯蔵又は取扱いの方法が技術上の基準に違反しているときは,当該基準に適合するよう貯蔵し
    又は取り扱うよう命ぜられる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上,製造所等における定期点検について,次のうち誤っているものはどれか。
ただし,規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1.点検記録は3ヶ月間保存しなければならない。
  2. 2.定期点検は1年に1回以上実施しなければならない。
  3. 3.地下タンク貯蔵所は,すべて点検を実施しなければならない。
  4. 4.危険物取扱者以外のものであっても,危険物取扱者の立会いがあれば点検することができる。
  5. 5.免状を有していない危険物施設保安員は,定期点検を行うことができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上,危険物取扱者について,次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.給油取扱所において,乙種危険物取扱者が急用で不在となったため,業務内容に詳しい丙種危険物取扱者が立会い
    免状を有していない従業員が給油を行った。
  2. 2.重油を貯蔵する屋外タンク貯蔵所で,危険物保安監督者が退職したため,丙種危険物取扱者を危険物保安監督者に選任した。
  3. 3.丙種危険物取扱者のみが移動タンク貯蔵所に乗車し,エタノールの移送を行った。
  4. 4.屋内貯蔵所において,貯蔵する危険物をガソリンからアセトンに変更したが,法別表第一の品名が同じであるため
    従前のまま丙種危険物取扱者が危険物を取扱った。
  5. 5.一般取扱所で,丙種危険物取扱者が灯油を容器に詰替えた。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上,地下タンクを有する給油取扱所(自家給油取扱所を除く)に義務付けられているものは,次のA〜Eのうちいくつあるか。
A 自衛消防組織の設置
B 危険物保安監督者の選任
C 危険物施設保安員の選任
D 予防規程の作成
E 定期点検の実施
選択肢
  1. 1.1つ
  2. 2.2つ
  3. 3.3つ
  4. 4.4つ
  5. 5.5つ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上,危険物取扱者が免状の携帯を義務づけられているものは,次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.製造所等で,危険物取扱者でない者の危険物の取扱作業に立会っているとき。
  2. 2.指定数量以上の危険物を運搬する車両に乗車をするとき。
  3. 3.製造所等で,定期点検の実施又は立会いを行っているとき。
  4. 4.危険物を移送するため,移動タンク貯蔵所に乗車するとき。
  5. 5.危険物保安監督者に選任され,製造所等で危険物作業の監督をするとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 次の文の(  )内AとBに当てはまる語句はどれか。
「製造所等において危険物の取扱作業に従事する危険物取扱者は,危険物の取扱作業の保安に関する講習を
原則として前回の受講日以後における最初の( A )から( B )以内に受けなければならない。」
選択肢
  1. 1.(A:1月1日)(B:3年)
  2. 2.(A:1月1日)(B:4年)
  3. 3.(A:1月1日)(B:5年)
  4. 4.(A:4月1日)(B:3年)
  5. 5.(A:4月1日)(B:5年)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上,運搬容器の外部には規則で定められた事項を表示するが
この表示事項について規則で定められていないものは次のうちどれか。
ただし,最大容積が2.2L以下のものを除く。
選択肢
  1. 1.品名
  2. 2.危険等級
  3. 3.消火方法
  4. 4.化学名
  5. 5.数量
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 製造所等における危険物の貯蔵の技術上の基準について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.地下貯蔵タンクの計量口は,計量するとき以外は閉鎖しておくこと。
  2. 2.屋外貯蔵所タンク周囲に設ける防油堤の水抜口は,通常閉鎖しておくこと。
  3. 3.屋内貯蔵タンクの元弁は,危険物を出し入れするとき以外は閉鎖しておくこと。
  4. 4.簡易貯蔵タンクの通気管は,使用時以外のときは閉鎖しておくこと。
  5. 5.移動貯蔵タンクの底弁は,使用時以外は完全に閉鎖しておくこと。
回答欄 1 2 3 4 5
物化
問題 16 燃焼の形態についての次の記述に該当するものはどれか。
「可燃性ガスと空気又酸素とが,ある濃度範囲であらかじめ混合し,なんらかの火源により燃焼する。」
選択肢
  1. 1.表面燃焼
  2. 2.分解燃焼
  3. 3.予混合燃焼
  4. 4.拡散燃焼
  5. 5.蒸発燃焼
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 自然発火に関する次の文のA〜Eに当てはまる語句の組合せとして,正しいものはどれか。
「自然発火とは,他から火源を与えなくても,物質が空気中で常温(20℃)において( A )し
長時間熱が蓄積して,ついには( B )に達し,燃焼し始める現象をいう。
自然発火しやすい物質が自然に( A )する原因として,( C ),( D ),吸着熱,重合熱,発酵熱などがあげられる。
( E )の中には,不飽和性のため,空気中の酸素と結合しやすく,放熱が不十分なとき温度が上がり,自然発火を起こすものもある。」
選択肢
  1. 1.(A:発熱)(B:引火点)(C:分解熱)(D:酸化熱)(E:セルロース)
  2. 2.(A:酸化)(B:発火点)(C:燃焼熱)(D:生成熱)(E:セルロース)
  3. 3.(A:発熱)(B:発火点)(C:酸化熱)(D:分解熱)(E:動植物油)
  4. 4.(A:酸化)(B:燃焼点)(C:燃焼熱)(D:酸化熱)(E:セルロース)
  5. 5.(A:発熱)(B:引火点)(C:分解熱)(D:生成熱)(E:動植物油)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 固体可燃物の燃焼のしやすい条件として,次の組合せのうち適切なものはどれか。
選択肢
  1. 1.燃焼熱:小………熱伝導率:小………空気との接触面積:小
  2. 2.燃焼熱:小………熱伝導率:大………空気との接触面積:大
  3. 3.燃焼熱:大………熱伝導率:大………空気との接触面積:大
  4. 4.燃焼熱:大………熱伝導率:小………空気との接触面積:大
  5. 5.燃焼熱:大………熱伝導率:大………空気との接触面積:小
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 消火方法と,消火効果の組合せとして,次のうち正しいものどれか。
選択肢
  1. 1.容器内の灯油が燃えていたので,ふたをして消火した。…………冷却効果
  2. 2.少量のガソリンが燃えていたので,二酸化炭素消火器で消火した。…………窒息効果
  3. 3.容器内の軽油が燃えていたので,ハロゲン化物消火器で消火した。…………冷却効果
  4. 4.天ぷら鍋の油が燃えていたので,粉末消火器で消火した。…………冷却効果
  5. 5.油のしみ込んだ布が燃えていたので,乾燥砂で覆って消火した。…………抑制(負触媒)効果
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 一酸化炭素5.6gが完全燃焼したときの酸素量は,標準状態(0℃,1気圧(1.013×105Pa))で何Lか。   
2CO + O2  →  2CO2 
ただし,1molの気体の体積は標準状態(0℃,1気圧(1.013×105Pa))で22.4Lとし,原子量は,炭素(C)12,酸素(O)16とする。
選択肢
  1. 1. 2.24 L
  2. 2. 4.48 L
  3. 3. 8.96 L
  4. 4. 11.2 L
  5. 5. 22.4 L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.静電気は,異種物体の接触,はく離等によって一方が正,他方が負の電荷を帯びることによって発生する。
  2. 2.物体に帯電した静電気は,すべて物体に蓄積される。
  3. 3.配管中を流れる流体に発生する静電気を抑えるには,配管径を大きくし流速を小さくする。
  4. 4.接地は,静電気による火災防止策の一つである。
  5. 5.静電気が物体に蓄積されていても,帯電状態であるだけでは火災は発生しない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 ある物質の反応速度が10℃上昇するごとに2倍になるとすると,10℃から60℃に上昇した場合の反応速度として
次ぎのうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 10倍
  2. 2. 25倍
  3. 3. 32倍
  4. 4. 50倍
  5. 5. 100倍
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 次に示す水素イオン指数について,酸性で,かつ中性に最も近いものはどれか。
選択肢
  1. 1. pH 2.0
  2. 2. pH 5.1
  3. 3. pH 6.8
  4. 4. pH 7.1
  5. 5. pH 11.2
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 次の水の状態図から,A,BおよびCの状態として,正しい組合せはどれか。
問題 24
選択肢
  1. 1. A:固体、B:液体、C:気体
  2. 2. A:固体、B:気体、C:液体
  3. 3. A:液体、B:気体、C:固体
  4. 4. A:液体、B:固体、C:気体
  5. 5. A:気体、B:液体、C:固体
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 物質の混合物について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.混合物は,2種類以上の純物質が混ざり合った物質をいう。
  2. 2.溶液の混合物は,その成分がすべて液体であるが,気体の混合物は必ずしもその成分がすべて気体であるとは限らない。
  3. 3.混合物は,蒸留やろ過などの方法により,2種類以上の物質に分離することができる。
  4. 4.不揮発性の物質を溶かした水溶性の融点や沸点は,その濃度によって変わる。
  5. 5.溶液の混合物は,その目的や混合比に応じて,成分を溶媒と溶質に区別される。
回答欄 1 2 3 4 5
性消
問題 26 1類から6類の危険物について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.第1類の硝酸カリウムは,加熱により酸素を発生し,可燃物,有機物と混合したものは加熱,摩擦,衝撃により
    爆発することがある。
  2. 2.第2類の硫黄は,空気中に飛散すると粉じん爆発することがある。
  3. 3.第3類のカリウムは,水と作用して発熱するとともに水素ガスを発生して発火し,発生した水素とカリウム自体が燃え
    場合によっては爆発することがある。
  4. 4.第5類の危険物は一般に可燃物と酸素供給源とが共存している物質で,加熱,摩擦,衝撃により爆発する自己燃焼性があり
    周りの空気を遮断するような窒息消火は効果がない。
  5. 5.第6類の過酸化水素は,加熱,摩擦,衝撃により分解し爆発するおそれがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 移動タンク貯蔵所から地下タンクへガソリンを荷下ろし中,あふれ事故が発生した。従業員の措置として,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.移動貯蔵タンクの底弁をとめる。
  2. 2.消防署へ通報し,付近の住民にも知らせる。
  3. 3.移動タンク貯蔵所のエンジンを停止させ,周辺から退去する。
  4. 4.大量の水であふれたガソリンを油分離槽へ流し込み,界面活性剤で乳化して,下水へ流す。
  5. 5.客を避難させ,他の従業員へ連絡する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 第4類の危険物の火災における消火効果等について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.水溶性の危険物の火災には,棒状の強化液消火剤の放射が最も効果的である。
  2. 2.乾燥砂は,小規模の火災に効果的である。
  3. 3.初期消火には,霧状の強化液消火剤が効果的である。
  4. 4.泡を放射する小型の消火器は,小規模の火災に効果的である。
  5. 5.一般に注水による消火は不適切である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 第4類の危険物の危険をあらわすもので,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.引火点の低いものほど,危険性は大である。
  2. 2.燃焼範囲の下限値の数値が小さいものほど危険性が大である。
  3. 3.燃焼範囲の下限値が等しい物質どうしでは,上限値の数値が大きいほうが危険性が大である。
  4. 4.燃焼範囲の幅が等しい物質どうしでは,下限値が小さいほうが危険性が大である。
  5. 5.液体の比重が大きいものほど,蒸気密度が小さいので,危険性は大である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 アルコール,ケトン系の危険物には,水溶性液体用泡消火剤を使用するが,その理由として正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.他の泡消火剤に比べ,耐油性に優れているから。
  2. 2.他の泡消火剤に比べ,消火剤にしみ込みやすく,引火点を低くするから。
  3. 3.他の泡消火剤に比べ,可燃性液体と親和性があり,混じりやすいから。
  4. 4.他の泡消火剤に比べ,泡が溶解したり,破壊されることがないから。
  5. 5.他の泡消火剤に比べ,水溶性が高いから。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの一般的性状として,次のA〜Eのうち誤っているものの組合せはどれか。
A:多くの炭化水素の混合物である。
B:液比重は0.95〜0.98で水より軽い。
C:燃焼範囲は概ね1〜8vol%である。
D:引火点は−40℃以下と低く,引火する危険性が高い。
E:発火点は約200℃で,火気ほか,高温体の接近も避ける。
選択肢
  1. 1.A C
  2. 2.A D
  3. 3.B E
  4. 4.C B
  5. 5.D C
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 重油の一般的な性状等について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.水に溶けない。
  2. 2.水より重い。
  3. 3.日本工業規格では,1種(A重油),2種(B重油)及3種(C重油)に分類される。
  4. 4.発火点は,250℃〜380℃である。
  5. 5.C重油の引火点は,70℃以上である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 キシレンの性状として,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.3つの異性体が存在する。
  2. 2.芳香臭がある。
  3. 3.無色の液体である。
  4. 4.水によく溶ける。
  5. 5.水よりも軽い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 アセトアルデヒドの性質について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.沸点が低く,非常に揮発しやすい。
  2. 2.有機溶剤にはよく溶けるが,水には溶けない。
  3. 3.熱または光により分解すると,一酸化炭素とメタンになる。
  4. 4.無色の刺激臭のある液体である。
  5. 5.常温(20℃)で,引火の危険性がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 メタノールの性状として,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.常温(20℃)で引火する。
  2. 2.アルコール類では,分子量が最も小さい化合物である。
  3. 3.燃焼しても炎の色は淡く,見えないことがある。
  4. 4.毒性はエタノールより低い。
  5. 5.沸点は約64℃である。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。