乙種第4類危険物取扱者 模擬試験 No.5


法令

問題 1 消防法に定められている品名として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.二酸化硫黄は、特殊引火物である。
  2. 2.アセトンは、第1石油類である。
  3. 3.灯油は、第2石油類である。
  4. 4.クレオソート油は、第3石油類である。
  5. 5.ギヤー油は、第4石油類である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 予防規程についての記述で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.予防規程の内容は、危険物の貯蔵、取扱いの技術上の基準に適合して
    いなければならない。
  2. 2.予防規程は、危険物保安監督者が作成しなければならない。
  3. 3.予防規程を制定したときは市町村長等の認可を受けることが義務付け
    られている。
  4. 4.予防規程を変更したときは市町村長等の認可を受けることが義務付け
    られている。
  5. 5.製造所等の所有者及び従業者は、予防規程に定められている内容を守
    らなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 次の危険物を同一場所で貯蔵した場合,指定数量の倍数の合計はいくらか。
ガソリン………2,500 L
エタノール………800 L
灯油……………8,500 L
軽油……………6,500 L
選択肢
  1. 1.2.0倍
  2. 2.6.5倍
  3. 3.8.5倍
  4. 4.12.5倍
  5. 5.29.5倍
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、製造所等に第5種の消火設備を設置する場合の基準として、
次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.地下タンク貯蔵所と移動タンク貯蔵所を除く製造所等で、所要単位が10 となるところでは
    能力単位が3の消火器を置くときは4本以上設置することとされている。
  2. 2.地下タンク貯蔵所と移動タンク貯蔵所を除く製造所等で、所要単位が10 となるところでは
    能力単位が4の消火器を置くときは3本以上設置することとされている。
  3. 3.地下タンク貯蔵所には、貯蔵する危険物に関係なく、第5種の消火設備 を
    2個以上設けることとされている。
  4. 4.移動タンク貯蔵所に第5種消火設備を設置する場合は、有効に消火でき
    る位置に
    設置することとされている。
  5. 5.電気設備に対する消火設備は、電気設備のある場所の面積50uごとに
    1個以上設けることとされている。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 次に掲げる製造所等のうち,学校や病院等の建築物等から,一定の距離
(保安距離)を保たなければならない旨の規定が設けられているものは
いくつあるか。
製造所
給油取扱所
屋内貯蔵所
屋外タンク貯蔵所
屋内タンク貯蔵所
選択肢
  1. 1.1つ
  2. 2.2つ
  3. 3.3つ
  4. 4.4つ
  5. 5.5つ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所(セルフ型スタンド)における
取扱基準として,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.顧客が顧客用固定給油設備以外の固定給油設備を使用して給油するときは、
    立会って監視をしなければならない。
  2. 2.給油量,給油時間等の上限を設定する場合は,適正な数値としなければなら
    ない。
  3. 3.顧客の給油作業等を直視等により監視すること。
  4. 4.顧客が給油作業等を行う場合は,火の気がないことその他安全上支障ないこ
    とを確認してから実施させること。
  5. 5.非常時においては,すべての固定給油設備等における危険物の取扱いが行え
    ない状態にすること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、あらかじめ市町村長等に届け出なければならないものは、
次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.製造所等の譲渡又は引渡しを受けたとき。
  2. 2.製造所等の位置、構造又は設備を変更しないで、製造所等において、
    貯蔵し、又は取り扱う危険物の品名、数量又は指定数量の倍数の変更
    をするとき。
  3. 3.製造所等の用途を廃止したとき。
  4. 4.危険物保安監督者を定めなければならない製造所等において、
    危険物保安監督者を定めたとき。
  5. 5.危険物施設保安員を定めなければならない製造所等において、
    危険物施設保安員を定めたとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上,市町村長等が製造所等の使用停止を命ずることができる事由として
次のうち該当しないものはどれか。
選択肢
  1. 1.給油取扱所の構造を無許可で変更したとき。
  2. 2.危険物保安監督者を定めたが,届出をしていないとき。
  3. 3.完成検査を受けないで,屋内貯蔵所を使用したとき。
  4. 4.地下タンク貯蔵所の定期点検を,規定の期間内に行わなかったとき。
  5. 5.基準に違反している製造所等に対する,修理,改造又は移転命令に
    従わなかったとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上,定期点検を義務づけられている製造所等の組合せとして,
正しいものはどれか。
A:指定数量の倍数が10以上の製造所
B:屋内タンク貯蔵所
C:移動タンク貯蔵所
D:地下タンクを埋設している給油取扱所
E 簡易タンク貯蔵所
選択肢
  1. 1.A B E
  2. 2.A C D
  3. 3.A D E
  4. 4.B C D
  5. 5.B C E
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、製造所等における危険物保安監督者の業務について、
次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物の取扱作業の実施に際し、当該作業が貯蔵又は取扱いの技術上の
    基準等に適合するように、作業者に対し必要な指示を行うこと。
  2. 2.危険物施設保安員をおく製造所等においては、危険物保安監督者がその
    指揮下にはいり、業務を行うこと。
  3. 3.火災及び危険物の流出等の事故が発生した場合は、作業者を指揮して応急の
    措置を講ずるとともに、直ちに消防機関等に連絡すること。
  4. 4.火災等の災害の防止に関し、当該製造所等に隣接する製造所等その他関連
    する施設の関係者との間に連絡を保つこと。
  5. 5.危険物取扱者以外の者でも、危険物保安監督者の立会いがあれば、危険物
    の取扱いができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、免状の交付及び書換えについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.免状は、危険物取扱者試験に合格した者に対し、都道府県知事から交付
    される。
  2. 2.免状の写真は、撮影してから5年が経過したときに書換えの申請をしな
    ければならない。
  3. 3.既に免状の交付を受けている者は、当該免状と同一種類の免状の交付を
    重ねて受けることはできない。
  4. 4.法令に違反して免状の返納を命じられた者は、その日から起算して1年
    が経過しないと免状の交付を受けることができない。
  5. 5.免状を亡失したときは、当該免状の交付又は書換えをした都道府県知事
    に対し、再交付の申請をすることができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、製造所等において、火災又は危険物の流出等の災害が発生した場合
の応急の措置等について、次のAからEのうち誤っているものはいくつ
あるか。
A:引き続く危険物の流出及び拡散の防止
B:流出した危険物の除去
C:その他災害の発生の防止のための応急措置
D:周辺住民に対して、消火活動の支援をするよう要請する。
E:事態を発見した者は、直ちに、その旨を消防署等に通報しなければならない。
選択肢
  1. 1.1つ
  2. 2.2つ
  3. 3.3つ
  4. 4.4つ
  5. 5.5つ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 危険物の取扱作業の保安講習について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物取扱者であっても,現に危険物の取扱作業に従事していない者は,
    この講習の受講義務はない。
  2. 2.危険物保安監督者に選任されている者は,受講の義務がある。
  3. 3.講習は,どこの都道府県の講習であっても受講することができる。
  4. 4.危険物保安監督者は,5年毎に1回受講すること。
  5. 5.受講義務のある危険物取扱者が受講しない場合,免状の返納命令を受ける
    ことがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 危険物と運搬容器の外部に行う注意事項の表示の組合せとして、次のうち
誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.第1類のアルカリ金属の過酸化物、この含有品
    「火気・衝撃注意」「可燃物接触注意」「禁水」
  2. 2.第2類の鉄粉、金属粉、マグネシウム、これらの含有品
    「火気注意」「禁水」
  3. 3.第3類の自然発火性物品
    「空気接触厳禁」「火気厳禁」
  4. 4.第4類のすべて
    「火気注意」「非水溶性」
  5. 5.第5類のすべて
    「火気厳禁」「衝撃注意」
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 製造所等における危険物の取扱いについての説明で、次のうち正しいものは
どれか。
選択肢
  1. 1.許可・届出された品名以外の危険物や,許可・届出された数量もしくは
    指定数量の倍数を超える危険物の貯蔵,取扱いをするときは,10日前まで
    に届け出をすること。
  2. 2.可燃性蒸気が漏れるおそれのある場所で,火花を発する機械器具を使用
    する場合は,細心の注意をして使用すること。
  3. 3.危険物の残存している設備,機械器具,容器等を修理する際は,安全な
    場所において危険物を完全に除去した後に行うこと。
  4. 4.危険物のくず,かす等は,1週間に1回以上廃棄,処置をすること。
  5. 5.危険物が漏れ,あふれ,又は飛散したときは、周囲の火気に注意をして
    機械器具を使用すること。
回答欄 1 2 3 4 5

物化

問題 16 粉じん爆発について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.粉じんは可燃性固体の粒子であるため、気体である酸素分子とは完全に
    混合することがないため、不完全燃焼をおこし一酸化炭素を発生しやすい。
  2. 2.粉じんは可燃性固体の粒子のため、静電気は発生しない。
  3. 3.一般にガス爆発に比較して,発生する熱エネルギーが大きい。
  4. 4.最初の部分的な粉じん爆発によって,たい積していた粉じんが舞上り爆発が連続して起こる
               ことにより火災の範囲が伝播して被害が大きくなることがある。
  5. 5.粉じんと空気が適度に混合しているときに粉じん爆発はおこる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 燃焼について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.物質が酸素と反応して酸化物を生成する反応のうち,大量の熱と光を発生するものを燃焼という。
  2. 2.可燃性物質は,燃焼により安定な酸化物に変わる。
  3. 3.点火源とは,可燃物と酸素が反応を起こすために必要な着火エネルギーのことである。
  4. 4.酸素の供給不足などの場合は,生成物に一酸化炭素,アルデヒド,ススなどの割合が多くなり,不完全燃焼となる。
  5. 5.酸素供給体とは一般的には空気であるが,酸素を含有している化合物の中の酸素は,酸素供給体にはならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 次の液体の引火点及び燃焼範囲の下限値の数値として考えられる組合せで、
正しいものはどれか。
「ある引火性液体は45℃で液面付近に濃度10vol%の可燃性蒸気を発生した。
この状態でマッチの火を近づけたところ引火した。」
選択肢
  1. 1.引火点……35℃、燃焼範囲の下限値……12 vol%
  2. 2.引火点……40℃、燃焼範囲の下限値……8 vol%
  3. 3.引火点……50℃、燃焼範囲の下限値……7 vol%
  4. 4.引火点……55℃、燃焼範囲の下限値……6 vol%
  5. 5.引火点……60℃、燃焼範囲の下限値……5 vol%
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 自然発火について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.自然発火とは,他から点火源が与えられなくても,物質が空気中で発熱し,
    その熱が長期間蓄積されて発火する現象である。
  2. 2.自然発火が起こるためには,蓄熱の過程が重要な役割を果たしており,
    発熱量や物質の堆積量が大きく影響する。
  3. 3.酸化熱により自然発火を起こす代表的なものに,油脂類がある。
  4. 4.分解熱により自然発火を起こす代表的なものに,ニトロセルロースがある。
  5. 5.吸着熱により自然発火を起こす代表的なものに,鉄粉がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 消火方法と、消火効果の組合せとして、次のうち正しいものどれか。
選択肢
  1. 1.容器内の灯油が燃えていたので、ふたをして消火した。 ………窒息効果
  2. 2.少量のガソリンが燃えていたので、二酸化炭素消火器で消火した。 ………除去効果
  3. 3.容器内の軽油が燃えていたので、ハロゲン化物消火器で消火した。 ………冷却効果
  4. 4.天ぷら鍋の油が燃えていたので、粉末消火器で消火した。 ………冷却効果
  5. 5.油のしみ込んだ布が燃えていたので、乾燥砂で覆って消火した。 ………抑制(負触媒)効果
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 次の文章の( )内のA〜Cに当てはまる語句の組合せはどれか。
「静電気による、発火を防止する対策の一つである( A )とは、物体と
大地とを( B )の( C )導体で接地し、静電気を大地に逃がす
ことにより、物体の電位を下げる方法である。」
選択肢
  1. 1.(A:ボンディング)(B:静電容量)(C:小さい)
  2. 2.(A:接 地)(B:静電容量)(C:大きい)
  3. 3.(A:ボンディング)(B:電気抵抗)(C:大きい)
  4. 4.(A:接 地)(B:電気抵抗)(C:小さい)
  5. 5.(A:ボンディング)(B:静電容量)(C:大きい)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 酸と塩基について,次の文の(  )内のA〜Dに当てはまるものとして,
正しいものはどれか。 「HCl,HNO3などのように,水に溶けてH+を生じる物質を( A )といい,
Ca(OH)2,NaOHのようにOH−を生じる物質を( B )という。
酸は( C )のリトマス紙を( D )に変えるが,塩基はその逆である。」
選択肢
  1. 1.(A:塩基)(B:酸)(C:黄色)(D:赤色)
  2. 2.(A:酸)(B: 塩基)(C:黄色)(D:赤色)
  3. 3.(A:塩基)(B:酸)(C:赤色)(D:青色)
  4. 4.(A:酸)(B:塩基)(C:青色)(D:赤色)
  5. 5.(A:塩基)(B:酸)(C:青色)(D:黄色)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 下図の回路で、E1 = 2V、E2 = 2V、R1 = 6Ω、R2 = 3Ωである。
電池の内部抵抗は無視できるものとして、流れる電流Aの大きさとして、
次のうち正しいものはどれか。

選択肢
  1. 1. 0.2A
  2. 2. 0.5A
  3. 3. 1.3A
  4. 4. 2A
  5. 5. 8A
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 金属の性質として,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.すべて不燃性である。
  2. 2.一般に展性,延性に富み,金属光沢を持つ。
  3. 3.銀の熱伝導率は,鉄よりも大きい。
  4. 4.常温(20℃)において,液体のものもある。
  5. 5.軽金属は,一般に比重が4以下のものをいい,カリウム,アルミニウム,
    カルシウムなどがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 2気圧で12Lの理想気体を容器に入れたところ、内部の気体が4気圧になった。
この容器の容積として正しいものは次のうちどれか。
ただし、理想気体の温度の変化はないものとする。
選択肢
  1. 1. 3L
  2. 2. 6L
  3. 3. 12L
  4. 4. 24L
  5. 5. 48L
回答欄 1 2 3 4 5

性消

問題 26 1類から6類の危険物について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.1類の危険物は、いずれも固体で、比較的低温で着火しやすい可燃性物質
    であり、有機物その他酸化されやすい物質との混合物は、加熱、衝撃、
    摩擦などで爆発する危険性がある。
  2. 2.2類の危険物は、酸化されやすく燃えやすい物質で、酸化剤との接触又は
    混合、打撃などで爆発する危険がある。
  3. 3.第3類の危険物は,空気又は水と作用して発熱し発火の危険性がある。
  4. 4.第5類の危険物は一般に可燃物と酸素供給源とが共存している物質で,
    加熱,摩擦,衝撃により発火し爆発するものが多い。
  5. 5.第6類の危険物は,いずれも不燃性の液体で酸化力が強く、有機物と混ぜる
    とこれを酸化させ着火させることがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類の危険物の一般的な性質について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.蒸気比重が小さいものほど、引火点も低い。
  2. 2.引火点の低いものほど、発火点も低い。
  3. 3.発火点の低いものほど、発火しやすい。
  4. 4.分子量の大きいものほど、引火点が低い。
  5. 5.引火点が低いものほど、揮発しにくい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 第4類第1石油類を貯蔵する屋内貯蔵所において、危険物の流出事故が発生
した場合の処置として、正しいものはいくつあるか。
A:電気設備による引火を防止するため、照明・換気等のスイッチを切った。
B:可燃性蒸気を屋外に排出するため、窓・出入口を開放した。
C:消火の準備をするとともに、床面に流出した危険物に乾燥砂をかけ、
吸いとった。
D:危険物を移動させるため、危険物を充てんした鋼板製ドラム缶を
ひきずって屋外に出した。
E:ためますに溜まった危険物を容器で汲み上げ、ふたのある金属容器に
収納した。
選択肢
  1. 1.1つ
  2. 2.2つ
  3. 3.3つ
  4. 4.4つ
  5. 5.5つ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 アセトンとエチルメチルケトンの火災の消火方法として,不適切なものはどれか。
選択肢
  1. 1.リン酸塩類が主成分の消火粉末を放射する。
  2. 2.棒状の水を放射する。
  3. 3.二酸化炭素消火剤を放射する。
  4. 4.ハロゲン化物消火剤を放射する。
  5. 5.水溶性液体用泡消火剤を放射する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 強化液消火剤に関する説明として,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.アルカリ金属塩の濃厚な水溶液である。
  2. 2.油火災に対しては,霧状にして放射しても適応性がない。
  3. 3.−20℃でも凍結しないので,寒冷地での使用に適する。
  4. 4.木材などの普通火災には,消火後の再燃防止の効果がある。
  5. 5.霧状にして放射すれば,電気火災に対しても適応性がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.ガソリンは種々の炭化水素の混合物である。
  2. 2.1類と6類の危険物に混触すると、発火の危険性がある。
  3. 3.蒸気を吸入すると、頭痛やめまいをおこすことがある。
  4. 4.燃焼範囲はおおむね1〜8vol%である。
  5. 5.引火点は−20℃以下で、発火点は150℃である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 第4石油類の性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.常温では蒸発しにくい。
  2. 2.潤滑油や可塑剤など、多くの種類がある。
  3. 3.引火点は200℃以上250℃未満である。
  4. 4.引火点と沸点はほぼ同じである。
  5. 5.水に溶けず粘度が高い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 布などにしみ込ませて大量に放置すると、自然発火する危険性が最も高い
危険物はどれか。
選択肢
  1. 1.第4石油類のうち、ギヤー油。
  2. 2.動植物油類のうち、不乾性油。
  3. 3.動植物油類のうち、半乾性油。
  4. 4.動植物油類のうち、乾性油。
  5. 5.第3石油類のうち、クレオソート油。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 次の危険物のうち、どちらも水に溶けない組合せはどれか。
選択肢
  1. 1.二硫化炭素、メタノール
  2. 2.クレオソート油、アセトン
  3. 3.エチレングリコール、アニリン
  4. 4.酸化プロピレン、ピリジン
  5. 5.トルエン、軽油
回答欄 1 2 3 4 5

-
問題 35 エタノールと2-プロパノールの性状について,次の誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.沸点は100℃より低い。
  2. 2.引火点は常温(20℃)より低い。
  3. 3.燃焼しても炎の色は淡く,見えないことがある。
  4. 4.蒸気は空気より軽い。
  5. 5.水によく溶ける。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。