乙種第4類危険物取扱者 模擬試験 No.8


法令

問題 1 消防法に定められている品名として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.二硫化炭素は、特殊引火物である。
  2. 2.アセトンは、第1石油類である。
  3. 3.軽油は、第2石油類である。
  4. 4.重油は、第3石油類である。
  5. 5.クレオソート油は、第4石油類である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 製造所等の区分について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.屋外貯蔵所………屋外において、特殊引火物及び金属ナトリウムを貯蔵し、 又は取り扱う貯蔵所。
  2. 2.給油取扱所………自動車の燃料タンク又は、鋼板製ドラム等の運搬容器に ガソリンを給油する取扱所。
  3. 3.移動タンク貯蔵所………鉄道の車両に固定されたタンクにおいて、危険物を貯蔵し 又は取り扱う貯蔵所。
  4. 4.地下タンク貯蔵所………地盤面下に埋没されているタンクにおいて、危険物を貯蔵 し、又は取り扱う貯蔵所。
  5. 5.屋内貯蔵所………屋内にあるタンクにおいて、危険物を貯蔵し、又は取り扱 う貯蔵所。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 法令上、同一場所において、同じ類の危険物を複数貯蔵する場合、
次のうち指定数量の倍数の合計が最も小さい組合せはどれか。
ただし、各品名の指定数量を下記に示す。
第1石油類(非水溶性液体)……… 200L
第2石油類(非水溶性液体)……… 1,000L
第3石油類(非水溶性液体)……… 2,000L
第4石油類…………………………… 6,000L
選択肢
  1. 1.ガソリン2,000Lとシリンダー油6,000L
  2. 2.灯油3,000Lとガソリン5,000L
  3. 3.重油4,000Lと灯油4,000L
  4. 4.軽油5,000Lと重油3,000L
  5. 5.シリンダー油6,000Lと軽油2,000L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上,製造所等から一定の距離(保安距離)を保たなければならない旨の規定が設けられている建築物等とその距離の組合せとして,次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.幼稚園 ……………………………………………… 10 m以上
  2. 2.同一敷地外にある住居 …………………………… 20 m以上
  3. 3.高圧ガス,液化石油ガスの施設 ……………… 30 m以上
  4. 4.重要文化財の建造物………………………………… 50 m以上
  5. 5.使用電圧が,66,000Vの特別高圧架空電線 …… 水平距離3 m以上
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上、製造所等に設置する消火設備について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.泡消火設備…………………………第1種消火設備
  2. 2.屋内消火栓設備……………………第2種消火設備
  3. 3.スプリンクラー設備………………第3種消火設備
  4. 4.粉末を放射する小型消火器………第4種消火設備
  5. 5.乾燥砂………………………………第5種消火設備
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 灯油と軽油を貯蔵するために、タンクの容量が5,000Lと10,000Lの屋外タンクの設置を予定している。
この2つのタンクを同一の防油堤内に設置する場合、防油堤の最低容量として、次のうち正しいものはどれか。
ただし、岩盤タンク及び特殊液体危険物タンクを除く。
選択肢
  1. 1.10,000L
  2. 2.11,000L
  3. 3.20,000L
  4. 4.30,000L
  5. 5.40,000L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、製造所等の所有者等が市町村長等に届け出なくてもよいものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.危険物保安監督者を定めたとき。
  2. 2.危険物保安監督者を解任したとき。
  3. 3.危険物施設保安員を定めたとき。
  4. 4.製造所等の譲渡を受けたとき。
  5. 5.製造所等を廃止したとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、危険物保安監督者をおく製造所等に対して、市町村長等が使用停止を命じることができるが、次のうち、使用停止命令の事由に該当しないものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物保安監督者を定めていないとき。
  2. 2.危険物保安監督者に危険物の取扱作業の保安の監督をさせていないとき。
  3. 3.危険物保安監督者の解任命令に違反したとき。
  4. 4.危険物保安監督者が危険物の取扱作業の保安に関する講習を受講していないとき。
  5. 5.危険物保安監督者が法又は法に定める技術上の基準に違反をしているとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、定期点検をしなければならない製造所等から除かれるものは、次のうちどれか。
ただし、鉱山保安法の規定による保安規程を定めている製造所等及び、火薬類取締法の規定による危害予防規程を定めている製造所等は除く。
選択肢
  1. 1.指定数量の倍数が20の、第4類の第1石油類を製造する製造所
  2. 2.指定数量の倍数が10の、引火点が40℃以上の第4類の危険物のみを容器に詰め替える一般取扱所
  3. 3.指定数量の倍数が200の、第4類の第2石油類を貯蔵する屋外タンク貯蔵所
  4. 4.指定数量の倍数が150の、高引火点危険物のみを貯蔵する屋内貯蔵所
  5. 5.指定数量の倍数が100の、第4類の第2石油類と第3石油類を貯蔵する屋外貯蔵所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、免状の不交付について、次の文の(  )内のA〜Cに当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「( A )は、危険物取扱者が免状の( B )、その日から起算して( C )を経過しない者には、免状の交付を行わないことができる。」
選択肢
  1. 1.(A:都道府県知事)(B:返納を命ぜられた)(C:1年)
  2. 2.(A:市町村長等)(B:返納を命ぜられた)(C:2年)
  3. 3.(A:市町村長等)(B:返納をした)(C:1年)
  4. 4.(A:都道府県知事)(B: 返納をした)(C:2年)
  5. 5.(A:市町村長等)(B:返納を命ぜられた)(C:1年)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、製造所等における危険物保安監督者の業務について、次のうち義務づけられていないものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物の取扱作業の実施に際し、当該作業が貯蔵又は取扱いの技術上の基準等に適合するように、作業者に対し必要な指示を行うこと。
  2. 2.火災及び危険物の流出等の事故が発生した場合は、作業者を指揮して応急の措置を講ずるとともに、直ちに消防機関等に連絡すること。
  3. 3.火災等の災害の防止に関し、当該製造所等に隣接する製造所等その他関連する施設の関係者との間に連絡を保つこと。
  4. 4.製造所等の位置、構造又は設備の変更、その他法に定める諸手続きに関する業務を行うこと。
  5. 5.製造所等の予防規程に定められている事項を、作業者に対し徹底させるよう保安の教育を行う。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 危険物施設保安員の業務について、誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.施設の維持のための定期点検、臨時点検の実施、記録及び保存をする。
  2. 2.施設の異常を発見した場合の危険物保安監督者への連絡及び適当な措置をする。
  3. 3.火災が発生したとき又は火災発生の危険が著しい場合の応急措置をする。
  4. 4.危険物保安監督者が病欠等で長期不在のときは、危険物施設保安員が監督指示の代行を行う。
  5. 5.計測装置、制御装置、安全装置等の機能保持のための保安管理をする。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 移動タンク貯蔵所による危険物の取扱い及び移送について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.移送する危険物を取扱うことができる資格をもった危険物取扱者が乗車するとともに危険物取扱者免状を携帯しなければならない。
  2. 2.移送する者は、移送の開始前に移動貯蔵タンクの底弁、マンホール及び注入口のふた、消火器等の点検を行うこと。
  3. 3.移動タンク貯蔵所から漏油等災害発生のおそれのある場合は、応急措置を講じるとともに消防機関等に通報しなければならない。
  4. 4.移動タンク貯蔵所には、完成検査済証、定期点検記録、譲渡・引渡の届出書等を備え付けておくこと。
  5. 5.積載型以外の移動貯蔵タンクの容量は50,000L以下とすること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、指定数量以上の第4類の危険物とその他の類の危険物を車両で混載して運搬する場合、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.第1類のものとは、混載は認められていない。
  2. 2.第2類のものとは、混載は認められている。
  3. 3.第3類のものとは、混載は認められていない。
  4. 4.第5類のものとは、混載は認められている。
  5. 5.第6類のものとは、混載は認められていない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 危険物の貯蔵・取扱い基準として、誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物の残存している設備、機械器具、容器等を修理する際は、火花を発する機械器具等の使用に注意をすること。
  2. 2.危険物のくず、かす等は、1日に1回以上危険物の性質に応じ安全な場所及び方法で処理すること。
  3. 3.危険物を保護液中に貯蔵する場合は、危険物を露出させないこと。
  4. 4.廃油を焼却する時は、安全な場所で安全な方法でおこなうこと。
  5. 5.貯留設備又は油分離装置にたまった危険物は、随時汲み上げること。
回答欄 1 2 3 4 5

基礎的な物理学及び化学

問題 16 危険物の燃焼のしやすさとして、次のうち関係のないものはどれか。
選択肢
  1. 1.引火点の低いもの
  2. 2.発火点の低いもの
  3. 3.燃焼範囲の広いもの
  4. 4.含有水分の少ないもの
  5. 5.気化熱の大きいもの
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 燃焼に関する説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.燃焼とは、発熱と発光を伴う酸化反応である。
  2. 2.可燃物はどんな場合でも空気がないと燃焼しない。
  3. 3.燃焼の三要素とは、可燃物、酸素供給源及び点火源のことである。
  4. 4.点火源とは、可燃物と酸素が反応を起こすために必要なエネルギーのことである。
  5. 5.固体の可燃物は、細かく砕くと燃焼しやすくなる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 引火点の説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.可燃性液体を燃焼させるのに必要な熱源の温度をいう。
  2. 2.可燃性液体の蒸気が液面上に発生しはじめる最低の気温である。
  3. 3.発火点と同じ意味であるが、可燃物が固体の場合は発火点といい、気体又は液体の場合は引火点という。
  4. 4.可燃性液体が空気中で着火するのに必要な、最低の濃度の蒸気を液面上に発生する液温をいう。
  5. 5.可燃物を空気中で加熱した場合、火源がなくても自ら燃え出すときの最低の温度をいう。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 消火剤とその効果の一般的説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.二酸化炭素消火剤は、空気中の酸素濃度を低下させて、窒息効果により消火する。
  2. 2.窒素消火剤は、空気中の酸素濃度を低下させて窒息効果により消火をする。
  3. 3.強化液消火剤は、燃焼の連鎖反応を断ち切る負触媒効果(抑制効果)により消火する。
  4. 4.粉末消火剤は、燃焼を化学的に抑制する効果と窒息効果がある。
  5. 5.泡消火器は、泡で燃焼を覆うので窒息効果があり、油火災に適する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 燃焼及び発火に関する一般的な説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.拡散燃焼では、酸素の供給が多いと激しく燃える。
  2. 2.ハロゲン元素を空気に混合しても炭化水素の燃焼に影響を与えない。
  3. 3.気化熱が大きい物質ほど、発火又は着火しやすい。
  4. 4.静電気の発生しやすいものほど、激しく燃える。
  5. 5.水溶性の可燃性液体は非水溶性のそれより燃焼点が低い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 物質の摩擦による静電気の発生及び抑制は、材料の特性、性能及び工程上の制約等により、現実的に困難な場合が多いが、一般的な対策として正しいもののみを掲げているものはどれか。
A 接触面積を大きくする。
B 接触する回数を減らす。
C 接触圧力を低くする。
D 接触状態を急激にはがす。
選択肢
  1. 1.AB
  2. 2.BC
  3. 3.CD 
  4. 4.AC
  5. 5.BD
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 沸点について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.沸点は外圧が高くなると低くなる。
  2. 2.水に食塩を溶かした溶液の1気圧における沸点は100℃より低い。
  3. 3.沸点とは、液体の飽和蒸気圧が外気の圧力に等しくなるときの液体の温度をいう。
  4. 4.可燃性液体の沸点は、いずれも100℃より低い。
  5. 5.沸点の高い液体ほど蒸発しやすい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 下図の回路で、E1 = 2V、E2 = 2V、R1 = 6Ω、R2 = 3Ωである。
電池の内部抵抗は無視できるものとして、流れる電流Aの大きさとして、次のうち正しいものはどれか。

選択肢
  1. 1.0.2 A
  2. 2.0.5 A
  3. 3.1.3 A
  4. 4.2 A
  5. 5.8 A
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 酸素の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.無色、無臭の気体である。
  2. 2.大気中に約21%含まれている。
  3. 3.実験室では、触媒を使用して過酸化水素を分解して作られる。
  4. 4.金と白金を除き、他のすべての元素と反応する。
  5. 5.酸素の同素体としてオゾンがあるが、性状は同一ではない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 酸化剤と還元剤について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.他の物質から水素を奪う性質のあるもの…………酸化剤
  2. 2.他の物質に水素を与える性質のあるもの…………還元剤
  3. 3.他の物質から酸素を奪う性質のあるもの…………酸化剤
  4. 4.他の物質から酸化されやすい性質のあるもの……還元剤
  5. 5.他の物質から還元されやすい性質のあるもの……酸化剤
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 ある危険物の容器の外部表示に、次の注意事項が表示されていた。この危険物の類として考えられるもので、正しいものはどれか。
「加熱、衝撃などを避ける。自然分解しやすいのでエタノール又は水で湿綿として安定剤を加えて冷暗所に貯蔵する。」
選択肢
  1. 1.1類
  2. 2.2類
  3. 3.3類
  4. 4.5類
  5. 5.6類
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類の危険物の一般的な性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.引火性を有する液体である。
  2. 2.液温が−40℃以下であっても引火するものがある。
  3. 3.水に溶けるものもある。
  4. 4.蒸気は燃焼範囲を有し、その下限値に達したときの液温が低いものほど、引火の危険性が小さい。
  5. 5.発火点以上の温度になると、火源がなくても発火する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 次の文章のA〜Dのうち、不適切な箇所をすべて揚げているものはどれか。  
「ガソリンを貯蔵する移動タンク貯蔵所のタンクにガソリンを注入するため、
A.導電性の小さい作業着と靴を着用して、
B.タンク内を不活性ガスで置換した。
タンク上部の注入口に注入管を入れ、 C.注入管をタンク底部から十分に離し、
D.注入速度をできるだけ大きくして
ガソリンを注入していた際、タンク内から突然発火した。」
選択肢
  1. 1.AB
  2. 2.ABC
  3. 3.ACD
  4. 4.BD
  5. 5.CD
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 移動タンク貯蔵所から給油取扱所の地下専用タンクに危険物を注入する場合の安全対策として、次のうち適切でないものはどれか。
選択肢
  1. 1.移動タンク貯蔵所に設置してある接地導線を、給油取扱所の専用タンクに設置してある接地端子に取り付ける。
  2. 2.消火器を、注入口そばの風上となる場所に設置する。
  3. 3.地下専用タンクの残油量を計量口から確認し、注入が終わるまでふたを開けておく。
  4. 4.注入中は緊急事態に備えて、移動タンク貯蔵所付近から離れないようにする。
  5. 5.給油取扱所の責任者と、注入する危険物の品名、数量等を確認してから作業を開始する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 第4類の危険物の火災に使用する消火剤として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.ガソリンの火災に粉末(リン酸塩類)消火剤を使用する。
  2. 2.エタノールの火災に棒状の強化液を使用する。
  3. 3.軽油の火災に二酸化炭素消火剤を使用する。
  4. 4.重油の火災に泡消火剤を使用する。
  5. 5.ギヤー油の火災に霧状の強化液を使用する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 ガソリンの性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.工業ガソリンは無色の液体だが、自動車ガソリンはオレンジ系色に着色されている。
  2. 2.各種の炭化水素の混合物である。
  3. 3.発火点はおおむね100℃以下で第4類の危険物の中では最も低い。
  4. 4.自動車ガソリンの燃焼範囲は1〜8vol%程度である。
  5. 5.蒸気は空気より重い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 軽油の性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.水より軽い。
  2. 2.水に溶けない。
  3. 3.ディーゼル機関等で燃料として用いられる。
  4. 4.蒸気は空気よりわずかに軽い。
  5. 5.引火点は45℃以上である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 キシレンの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.無色の液体である。
  2. 2.特臭がある。
  3. 3.3種の異性体が存在する。
  4. 4.二硫化炭素によく溶ける。
  5. 5.蒸気は空気よりも軽い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 ジエチルエーテルの性質について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.引火点はきわめて低い。
  2. 2.無色透明の液体である。
  3. 3.水又はエタノールによく溶ける。
  4. 4.日光にさらしたり、空気と長く接触すると爆発性の過酸化物を生じる。
  5. 5.蒸気は麻酔性がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 ベンゼンについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.無色透明で芳香臭がある。
  2. 2.水にはよく溶けるほか、ほとんどの有機溶剤にもよく溶ける。
  3. 3.引火点は0℃より低い。
  4. 4.融点は5.5℃で、冬季など固化することがある。
  5. 5.毒性があり、吸入すると危険である。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。