乙種第4類危険物取扱者 模擬試験 No.9


法令

問題 1 法別表備考に掲げる品名の説明として,次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 特殊引火物とは,ジエチルエーテル,二硫化炭素その他1気圧において,発火点が100℃以下のもの
    又は引火点が−20℃以下で沸点が40℃以下のものをいう。
  2. 2. 第1石油類とは,ガソリン,軽油その他1気圧において引火点が21℃未満のものをいう。
  3. 3. 第2石油類とは,灯油,アセトンその他1気圧において引火点が21℃以上70℃未満のものをいう。
  4. 4. 第3石油類とは,重油,シリンダー油その他1気圧において引火点が70℃以上200℃未満のものをいう。
  5. 5. 第4石油類とは,ギヤー油,クレオソート油その他1気圧において引火点が200℃以上250℃未満のものをいう。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上,予防規程を定めなければならないところとして、次のうち誤っているものはどれか。
ただし,鉱山保安法の規定による保安規定を定めている製造所等,および火薬類取締法の規定による危害予防規程を定めている製造所等は除く。
選択肢
  1. 1. 指定数量の倍数が200以上の屋外タンク貯蔵所
  2. 2. 指定数量の倍数が100以上の屋外貯蔵所
  3. 3. すべての製造所
  4. 4. すべての移送取扱所
  5. 5. すべての給油取扱所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 屋内貯蔵所に次の危険物を貯蔵する場合,貯蔵量は指定数量の何倍になるか。
重油……………………  1,000 L
軽油……………………  1,000 L
ガソリン…………………  300 L
灯油………………………  500 L
選択肢
  1. 1. 2.5倍
  2. 2. 3.0倍
  3. 3. 3.5倍
  4. 4. 4.5倍
  5. 5. 5.0倍
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上,製造所と保安対象物の建築物との間に距離(保安距離)をとる場合の,測定方法についての記述で,次のうち正しいものはどれか。
ただし,建築物には不燃材料で造った防火上有効な塀は設けていないこととする。
選択肢
  1. 1. 製造所の隣接境界線から,建築物の外壁までの距離
  2. 2. 製造所の内壁から,建築物の外壁までの距離
  3. 3. 製造所の外壁から,建築物の隣接境界線までの距離
  4. 4. 製造所の内壁から,建築物の内壁までの距離
  5. 5. 製造所の外壁から,建築物の外壁までの距離
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 製造所等に設置する消火設備の区分について,第5種の消火設備に該当するものは,次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. スプリンクラー設備
  2. 2. 消火粉末を放射する大型消火器
  3. 3. 屋内消火栓設備
  4. 4. 泡を放射する小型消火器
  5. 5. ハロゲン化物消火設備
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 危険物を取り扱う製造所の位置,構造又は設備の技術上の基準について,次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 建築物は地階を有してもよい。
  2. 2. 建築物の延焼のおそれのない外壁に設ける窓及び出入口は,ガラスを用いる場合は,網入りガラスを用いなくてもよい。
  3. 3. 屋根は不燃材料で造るとともに金属板等の軽量な不燃材料でふき,かならず天井を設けること。
  4. 4. 指定数量の倍数が5以上の製造所には,日本工業規格に基づき避雷設備を設けなければならない。
  5. 5. 電動機及び危険物を取り扱う設備のポンプ,弁,接手等は,火災の予防上支障のない位置に取り付けること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 仮使用の説明として,次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等を変更する場合に,工事が終了した部分を仮に使用することをいう。
  2. 2. 製造所等の設置工事において,工事終了部分の機械装置を完成検査前に試運転することをいう。
  3. 3. 製造所等を変更する場合に,変更工事に係る部分以外の部分を,市町村長等の承認を得て10日以内の期間,仮に使用することをいう。
  4. 4. 製造所等を変更する場合に,変更工事に係る部分以外の部分の全部又は一部を,市町村長等の承認を得て完成検査前に仮に使用することをいう。
  5. 5. 製造所等を変更する場合,変更工事の開始前に仮に使用することをいう。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上,製造所等の所有者等に対し,製造所等の使用停止を命ぜられる事由として,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 給油取扱所の構造を無許可で変更したとき。
  2. 2. 完成検査を受けないで,屋内貯蔵所を使用したとき。
  3. 3. 地下タンク貯蔵所の定期点検を,規定の期間内に行わなかったとき。
  4. 4. 基準に違反している製造所等に対する,修理,改造又は移転命令に従わなかったとき。
  5. 5. 製造所等の譲渡,引き渡しを受けたが,その届出を怠っているとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上,製造所等の定期点検について,次のうち誤っているものはどれか。
ただし,規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1. 点検は製造所等の位置,構造及び設備が技術上の基準に適合しているかを点検する。
  2. 2. 定期点検は1年に1回以上実施しなければならない。
  3. 3. 定期点検終了後,その点検記録を一定期間保存しなければならない。
  4. 4. 定期点検の実施者は,危険物取扱者に限定されている。
  5. 5. 危険物施設保安員は定期点検を行うことができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 次の文の(  )内のA〜Cに当てはまる法令に定められた語句の組合せとして,次のうち正しいものはどれか。
「危険物取扱者免状の再交付は,当該免状の( A )をした都道府県知事に申請することができる。
免状を亡失して,再交付を受けた者は,亡失した免状を発見した場合は,これを( B )以内に免状の( C )を受けた都道府県知事に提出しなければならない。」
選択肢
  1. 1. (A:交付)(B:20日)(C:再交付)
  2. 2. (A:交付又は書換え)(B:7日)(C:交付)
  3. 3. (A:交付)(B:14日)(C:再交付)
  4. 4. (A:交付又は書換え)(B:10日)(C:再交付)
  5. 5. (A:交付又は書換え)(B:10日)(C:交付)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上,指定数量が30倍以下の第4類の危険物を貯蔵し又は取り扱う次の施設のうち,危険物保安監督者の選任が必要なものはどれか。
選択肢
  1. 1. 引火点が40℃以上の危険物を貯蔵する屋内貯蔵所
  2. 2. 灯油を貯蔵し,取り扱う第1種販売取扱所
  3. 3. 屋外タンク貯蔵所
  4. 4. 軽油,灯油を移送する移動タンク貯蔵所
  5. 5. 重油を貯蔵する屋外貯蔵所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 危険物保安講習の受講期限が過ぎている場合に該当するものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物取扱者免状を取得してから,危険物の取扱い作業に5年以上従事している。
  2. 2. 危険物取扱者免状を取得してから5年目になるが,この間,危険物の取扱い作業に従事していなかった。
  3. 3. 1年前に危険物取扱者免状を取得し,現在,危険物保安監督者に任命されている。
  4. 4. 1年6カ月前に保安講習を受講した後,危険物の取扱い作業に従事している。
  5. 5. 2年前に危険物保安講習を受講したが,免状を紛失したため1年前に免状の再交付を受けた。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上,危険物取扱者が免状の携帯を義務づけられているものは,次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等で,危険物取扱者でない者の危険物の取扱作業に立会っているとき。
  2. 2. 指定数量以上の危険物を運搬する車両に乗車をするとき。
  3. 3. 製造所等で,定期点検の実施又は立会いを行っているとき。
  4. 4. 危険物を移送するため,移動タンク貯蔵所に乗車するとき。
  5. 5. 危険物保安監督者に選任され,製造所等で危険物作業の監督をするとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上,危険物の運搬の技術上の基準について,灯油10L入りのポリエチレン製運搬容器の表示で,次のうち定められていないものはどれか。
選択肢
  1. 1. ポリエチレン製
  2. 2. 灯油
  3. 3. 危険等級V
  4. 4. 10L
  5. 5. 火気厳禁
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 法令上,製造所等において危険物の貯蔵・取扱いをする場合の技術上の基準として,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 常に整理及び清掃を行うとともに,みだりに空箱その他の不必要な物件を置かない。
  2. 2. 危険物の残存している設備,機械器具,容器等を修理する際は,安全な場所において危険物を完全に除去した後に行う。
  3. 3. 危険物を保護液中に貯蔵する場合は,危険物を露出させない。
  4. 4. 危険物のくず,かす等は,1週間に1回以上廃棄,処置をする。
  5. 5. みだりに火気を使用したり,係員以外の者を出入りさせない。
回答欄 1 2 3 4 5

基礎的な物理学及び化学

問題 16 一般的な着火についての説明で,次のうち正しいものはいくつあるか。
A 酸化されにくいものほど着火しやすい
B 熱容量の小さいものほど着火しやすい
C 酸素との接触面積が大きいものほど着火しやすい
D 含有水分量が少ないものほど着火しやすい
E 熱伝導率が大きいものほど着火しやすい
選択肢
  1. 1. 1つ
  2. 2. 2つ
  3. 3. 3つ
  4. 4. 4つ
  5. 5. 5つ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 蒸発燃焼についての記述で,次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. ガスコンロの都市ガスのように,可燃性ガスが連続的に供給され,空気と混合しながら定常的な炎を出しながら燃焼することをいう。
  2. 2. ニトロセルロースのように,その物質中に多量の酸素を含有し,加熱や衝撃などで分解され,燃焼の際にその酸素が使われ爆発的に燃焼することをいう。
  3. 3. コークスのように,その表面で熱分解や蒸発することなく,高温を保ちながら酸素と反応して燃焼することをいう。
  4. 4. プラスチックのように,固体が加熱されて分解し,その際発生する可燃性ガスが燃焼することをいう。
  5. 5. 石油類や硫黄のように,液面から発生した可燃性蒸気が空気と混合し,なんらかの火源により燃焼することをいう。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 次の引火性液体の説明について正しいものはどれか。 
沸点 78.3℃
燃焼範囲 3.3〜19vol%
液体の比重 0.76
引火点 12.8℃
発火点 363℃
蒸気比重 1.6
選択肢
  1. 1. 液体を78.3℃に加熱しても,蒸気圧と標準大気圧は等しくならない。
  2. 2. この液体1kgのときの容積は0.76L である。
  3. 3. 引火性液体が燃焼するのに十分な濃度の蒸気を液面上に発生する最低の液温は12.8℃である。
  4. 4. 炎を近づけても,液温が363℃になるまで燃焼しない。
  5. 5. 蒸気の重さは,水蒸気の1.6倍である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 次の文のA〜Cの(  )内に当てはまる語句として,正しいものはどれか。
「水は消火剤として広く利用されている。
燃焼の一要素である熱源から熱を奪い( A )し消火する。
これは水の( B )熱,比熱が大きいためである。
また,消火する際に発生する水蒸気が空気中の酸素の濃度を( C )し,窒息の効果もある。」
選択肢
  1. 1. (A:冷却)(B:蒸発)(C: 希釈)
  2. 2. (A:除去)(B:蒸発)(C: 抑制)
  3. 3. (A:冷却 )(B:凝縮)(C:窒息)
  4. 4. (A:冷却)(B:凝縮)(C: 除去)
  5. 5. (A:除去)(B:蒸発)(C: 冷却)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 次の燃焼範囲の危険物を100Lの空気と混合させ,その均一な混合気体に電気火花を発すると,燃焼可能な蒸気量はどれか。
燃焼下限値……1.3 vol %
     燃焼上限値……7.1 vol %
選択肢
  1. 1. 1L
  2. 2. 5L
  3. 3. 10L
  4. 4. 15L
  5. 5. 20L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 物質の摩擦による静電気の発生及び抑制は,材料の特性,性能及び工程上の制約等により,現実的に困難な場合が多いが,
一般的な対策として正しいもののみを掲げているものはどれか。
A 接触面積を大きくする。
B 接触する回数を減らす。
C 接触圧力を低くする。
D 接触状態を急激にはがす。
選択肢
  1. 1. AB
  2. 2. BC
  3. 3. CD 
  4. 4. AC 
  5. 5. BD
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 希硫酸水溶液H2SO4(aq)に鉛Pbと酸化鉛PbO2 (W) を浸して電極とした鉛蓄電池について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 放電すると,負極ではPbが電子を放出する反応が起きる。
  2. 2. 放電すると,両極ではPbSO4が生じる反応が起きる。
  3. 3. 放電すると,溶液の比重が小さくなる。
  4. 4. 充電すると,両極では放電と逆の化学反応が起きる。
  5. 5. 充電すると,溶液中のH2SO4が減少する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 比熱が2.5 J/(g・K)の液体200gを,温度10℃から30℃まで上昇させるために必要な熱量は,次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 1.6 kJ
  2. 2. 2.5 kJ
  3. 3. 5.0 kJ
  4. 4. 10.0 kJ
  5. 5. 25.0 kJ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 水素について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 物質中で最も軽く,非常に拡散しやすい可燃性気体である。
  2. 2. 水に溶けにくい。
  3. 3. 純粋なものは,特有の臭いを有する青白色の気体である。
  4. 4. 空気中で燃えて,水を生成する。
  5. 5. 燃焼範囲は,非常に広い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 金属の結晶構造について,次の説明の(  )内,AおよびBに該当する語句の組合せで,正しいものはどれか。
「ナトリウム,カリウム,鉄は,下の模式図で示すように,( A )の結晶構造をとる。
図は,この結晶の単位格子を示したものであり,この単位格子中に含まれる原子の数は( B )である。

選択肢
  1. 1. (A:面心立方格子)(B:4)
  2. 2. (A:面心立方格子)(B:8)
  3. 3. (A:体心立方格子)(B:2)
  4. 4. (A:体心立方格子)(B:4)
  5. 5. (A:六方最密構造)(B:9)
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の類ごとに共通する性状について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 第1類の危険物は,比較的低温で着火しやすい可燃性物質で,火気により引火するものが多い。
  2. 2. 第2類の危険物は,還元性物質で,酸化性物質と混合したものは加熱,衝撃,摩擦等により発火,爆発するものが多い。
  3. 3. 第3類の危険物は,空気または水と接触することにより発熱し,可燃性ガスを発生して発火するものが多い。
  4. 4. 第5類の危険物は,自ら酸素を含む自己燃焼性のものが多い。
  5. 5. 第6類の危険物は,腐食性があり,皮膚をおかし,蒸気は有毒のものが多い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類危険物の火災予防の方法として,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 沸点が低いものや,発火点が低く火源がなくても加熱されただけで発火するものは,冷却装置等を設け温度管理を行うこと。
  2. 2. 空容器でも可燃性蒸気が残っているので,注意して取り扱うこと。
  3. 3. 引火点の高いものでも,液温が上がると引火の危険を生じるので冷所に貯蔵し,容器を密栓する場合は,容器内に空間容積をとること。
  4. 4. 可燃性蒸気は空気より軽いので,高所での換気を行うこと。
  5. 5. 可燃性蒸気が滞留するおそれのある場所では,火花を発する機械器具などを使用しないこと。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 エタノールやアセトンが大量に燃えているときの消火方法として,次のうち最も適切なものはどれか。
選択肢
  1. 1. 乾燥砂を散布する。
  2. 2. 水溶性液体用泡消火剤を放射する。
  3. 3. 膨張ひる石を散布する。
  4. 4. 棒状注水をする。
  5. 5. 一般のたん白泡消火剤を放射する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 第4類の危険物の一般的な性状として,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 引火すると炎を上げて燃焼する。
  2. 2. 水よりも沸点が高いものがある。
  3. 3. 燃焼範囲には下限値と上限値がある。
  4. 4. 燃焼点が引火点より低いものがある。
  5. 5. 引火しても燃焼が継続しないものがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 移動貯蔵タンクから地下タンクへ危険物を注入する際,流出事故をたびたび発生させた。
このような事故を防止するための留意事項として,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 注入するときは,必ず注入するタンクの残油量を確認してから行うこと。
  2. 2. 地下タンクへ注入するときは,移動タンクを大地と完全に接地すること。
  3. 3. 地下タンクの計量口は,開放しておくこと。
  4. 4. 移動タンクの給油ホースと注入口の緊結状態を確認すること。
  5. 5. 地下タンクに接続している計量機の使用は中止し,地下タンクの注入口の廻りには,車を近づけないこと。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 ガソリンの性状等について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 工業ガソリンは無色の液体だが,自動車ガソリンはオレンジ系色に着色されている。
  2. 2. 各種の炭化水素の混合物である。
  3. 3. 引火点は第4類の危険物の中では二番目に低い。
  4. 4. ガソリンが入っていた容器は,空缶であっても内部に蒸気が残っていることがあるが,蒸気濃度は燃焼範囲以下なので安全である。
  5. 5. 自動車ガソリンの燃焼範囲は約1〜8vol%である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 灯油の性状について,次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 液温が常温(20℃)程度でも引火する。
  2. 2. 水によく溶ける。
  3. 3. ぼろ布に染み込んだものは,自然発火する危険がある。
  4. 4. 蒸気は空気より重い。
  5. 5. 発火点は100℃より低い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 酢酸について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 無色透明で,刺激臭がある。
  2. 2. 有機溶媒によく溶ける。
  3. 3. 常温(20℃)で引火しやすい。
  4. 4. 水溶液は腐食性を有する。
  5. 5. 青白い炎を上げて,燃焼する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 アセトアルデヒドの性状について,次のA〜Eのうち,誤っているもののみの組合せはどれか。
A 無色の刺激臭のある液体。
B 水,エタノールに溶けない。
C 常温(20℃)では,引火の危険性はない。
D 沸点が低く,非常に揮発しやすい。
E 可燃性物質であり,酸化性物質反応し,火災や爆発のおそれがある。
選択肢
  1. 1. AB
  2. 2. BC
  3. 3. CD
  4. 4. DE
  5. 5. AE
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 ベンゼンについて,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 芳香族炭化水素である。
  2. 2. 無色の液体で水より軽い。
  3. 3. 水に溶ける。
  4. 4. 引火点は0℃より低い。
  5. 5. エタノール,ヘキサンなどの有機溶媒によく溶ける。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。