乙種第4類危険物取扱者 模擬試験 No.14


法令

問題 1 法別表第一に掲げる危険物の類別、性質と品名の組合せとして、 
次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.1類…………過塩素酸塩類
  2. 2.2類…………金属のりん化物
  3. 3.3類…………カルシウム又はアルミニウムの炭化物
  4. 4.5類…………有機過酸化物
  5. 5.6類…………過塩素酸
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 予防規程についての記述で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.予防規程の内容は、危険物の貯蔵、取扱いの技術上の基準に適合して
    いなければならない。
  2. 2.製造所等の危険物取扱者は、予防規程を作成しなければならない。
  3. 3.予防規程を制定又は変更したときは市町村長等の認可を受けることが
    義務付けられている。
  4. 4.予防規程には、地震発生時における施設及び設備に対する点検、応急措置
    に関することを定めなければならない。
  5. 5.製造所等の所有者及び従業者は、予防規程に定められている内容を守ら
    なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 屋内貯蔵所に次の危険物を貯蔵する場合、貯蔵量は指定数量の何倍になるか。
重油……………………1,000L
軽油……………………1,000L
ガソリン………………… 300L
灯油……………………… 500L
選択肢
  1. 1.2.5倍
  2. 2.3.0倍
  3. 3.3.5倍
  4. 4.4.5倍
  5. 5.5.0倍
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、危険物を取り扱う建築物の周囲に、一定の幅の空地を保有しなければ
ならない旨の規定が設けられている製造所等は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.屋外タンク貯蔵所
  2. 2.屋内タンク貯蔵所
  3. 3.地下タンク貯蔵所
  4. 4.簡易タンク貯蔵所(屋内に設けるもの)
  5. 5.移動タンク貯蔵所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 消火設備について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.泡消火設備は,第2種消火設備である。
  2. 2.屋内消火栓設備は,第1種消火設備である。
  3. 3.地下タンク貯蔵所には,第5種の消火設備を2個以上設ける。
  4. 4.電気設備に対する消火設備は,電気設備のある場所の面積100uごとに
    1個以上設ける。
  5. 5.消火粉末を放射する大型消火器は,第4種消火設備である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、給油取扱所の改修工事として、認められるものはどれか。
選択肢
  1. 1.燐棟への行き来をしやすくするため、防火塀に出入口を設け、特定防火設備を設置する。
  2. 2.排水効率を良くするため、給油空地の地盤面をアスファルトで舗装する。
  3. 3.給油のため出入する者を対象としたコンビニエンスストアを診療所に建て替える。
  4. 4.危険物の取扱い数量を増量するため、30,000Lの専用タンクを地下に増設する。
  5. 5.固定給油設備の給油ホースを3mのものから6mに付け替える。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 次の文の(  )内のA〜Cに該当する語句の組合せで正しいものはどれか。
「既に完成検査を受け、使用中の製造所等の施設の一部で変更の工事を行う場合、
( A )の部分の全部又は一部を使用することを( B )に申請し、
( B )の( C )を受けたときは、変更の工事の完成検査を受ける前に
おいても、仮に当該部分を使用することが認められている。」
選択肢
  1. 1.(A:変更の工事をする部分以外)(B:市町村長等)(C:承認)
  2. 2.(A:変更の工事をする部分以外)(B:都道府県知事)(C:承認)
  3. 3.(A:変更の工事をする部分)(B:市町村長等)(C:許可)
  4. 4.(A:変更の工事をする部分)(B:消防署長)(C:認可)
  5. 5.(A:変更の工事をする部分)(B:市町村長等)(C:届出)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令違反に対し、市町村長等から発令される命令として、
次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.製造所等を設置し、完成検査を受けないで当該製造所等を使用したときは、
    使用の停止を命ぜられる。
  2. 2.許可を受けないで、製造所等の位置、構造又は設備を変更したときは、
    仮使用承認申請の提出を命ぜられる。
  3. 3.製造所等以外の場所で、仮貯蔵又は仮取扱いの承認を受けないで、
    指定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱っている場合は、
    当該危険物の除去その他危険物による災害防止のための必要な措置
    をすることを命ぜられる。
  4. 4.製造所等の位置、構造及び設備が技術上の基準に適合していないときは、
    これらを修理し、改造し、又は移転することを命ぜられる。
  5. 5.製造所等において、危険物の貯蔵又は取扱いの方法が技術上の基準に
    違反しているときは、当該基準に適合するよう貯蔵し、又は取り扱うよう
    命ぜられる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検について、次のうち正しいものはどれか。
ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1.すべての製造所等が対象である。
  2. 2.原則として、1年に1回以上行わなければならない。
  3. 3.危険物取扱者以外の者は、この点検を行うことができない。
  4. 4.特定の製造所等に対し、市町村長等が定期的に行うものである。
  5. 5.点検の記録は1年間保存しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、危険物保安監督者の選任要件のひとつとして、
一定期間以上の危険物の取扱いの実務経験が求められているが、
その期間とは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.1か月
  2. 2.3か月
  3. 3.6か月
  4. 4.1年
  5. 5.2年
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、危険物取扱者免状の交付について、次の文の(  )内のA〜Cに
該当する語句の組合せで正しいものはどれか。
「( A )は、法又は法に基づく命令の規定に違反して
( B )以上の刑に処せられた者で、その執行を終り、又は執行を受ける
ことがなくなった日から起算して
( C )を経過していないものには、免状の交付を行わないことができる。」
選択肢
  1. 1.(A:市町村長)(B:懲役)(C:2年)
  2. 2.(A:都道府県知事)(B:罰金)(C:2年)
  3. 3.(A:市町村長)(B:禁固)(C:1年)
  4. 4.(A:都道府県知事)(B:懲役)(C:1年)
  5. 5.(A:市町村長)(B:罰金)(C:1年)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、移動タンク貯蔵所における移送の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物を移送する危険物取扱者は、免状を携帯していなければならない。
  2. 2.移動タンク貯蔵所には、完成検査済証及び定期点検の点検記録等を備え付けて
    おかなければならない。
  3. 3.危険物を移送する際は、当該危険物を取り扱うことのできる危険物取扱者が
    乗車していなければならない。
  4. 4.定期的に危険物を移送する場合には、移送経路その他必要な事項を出発地の
    消防署に届け出なければならない。
  5. 5.消防吏員は、危険物の移送に伴う火災の防止のため特に必要があると
    認める場合には、走行する移動タンク貯蔵所を停止させ、
    乗車する危険物取扱者に対し、免状の提示を求めることができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、危険物の取扱作業の保安に関する講習について、
次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.製造所等で、危険物保安監督者に選任されたもののみが、
    この講習を受けなければならない。
  2. 2.すべての危険物取扱者と危険物施設保安員は、
    この講習を受講しなければならない。
  3. 3.現に製造所等において危険物の取扱いに従事しているものは
    3年に1回、それ以外の危険物取扱者は、10年に1回の免状の書換えの際に
    講習を受けなければならない。
  4. 4.免状の交付を受けた市町村長が行う講習を受けなければならない。
  5. 5.講習を受けなければならない危険物取扱者が講習を受けなかった場合は、
    免状の返納を命ぜられることがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、危険物を車両で運搬する場合の技術上の基準として、
次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物の運搬は、危険物取扱者が行わなければならない。
  2. 2.危険物を混載して運搬することは一切禁じられている。
  3. 3.指定数量以上の危険物を運搬する場合は、当該危険物に適応する消火設備を備え付けなければならない。
  4. 4.運搬する容器の構造等についての基準はあるが、積載方法についての基準はない。
  5. 5.指定数量以上の危険物を運搬する場合は、市町村長等に届け出なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 危険物の取扱いのうち、消費及び廃棄の技術上の基準として、
次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.焼却による危険物の廃棄は、燃焼又は爆発によって他に危害又は損害を
    及ぼすおそれが大きいので行ってはならない。
  2. 2.埋没する場合は、危険物の性質に応じて安全な場所で行うこと。
  3. 3.染色又は洗浄の作業は、可燃性の蒸気が発生するので換気に注意するとともに、
    廃液をみだりに放置しないで安全に処置すること。
  4. 4.焼入れ作業は、危険物が危険な温度に達しないようにして行うこと。
  5. 5.バーナーを使用する場合は、バーナーの逆火を防ぎ、かつ、危険物が
    あふれないようにすること。
回答欄 1 2 3 4 5

基礎的な物理学及び化学

問題 16 燃焼について、正しいものをすべてあげているものはどれか。
A.燃焼とは、熱と光の発生を伴う、急激な酸化反応である。
B.可燃物は、空気中で燃焼し、より安定な酸化物に変わる。
C.有機物の燃焼は、酸素の供給が不足すると、一酸化炭素を発生し不完全燃焼する。
D.一般に、液体および固体の可燃物は、燃焼による発熱により、
加熱されて、蒸発または分解して、可燃性の気体に変わり燃焼する。
E.燃焼に必要な酸素供給源は空気であり、物質中に含まれる酸素では
燃焼できない。
選択肢
  1. 1.A B C D
  2. 2.A B E
  3. 3.A D E
  4. 4.B E
  5. 5.C E
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 次の物質のうち、常温(20℃)、常圧での燃焼の仕方が表面燃焼のものはどれか。
選択肢
  1. 1.プロパンガス
  2. 2.木炭
  3. 3.固形アルコール
  4. 4.木材
  5. 5.ガソリン
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 燃焼に関する説明として、適切でないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.暴走反応による火災や爆発は、反応による熱の発熱速度が、
    冷却水などによる冷却速度を上回るためにおこる。
  2. 2.静電気による火花は、引火性液体の蒸気や可燃性固体の微粉の
    空気との混合気を発火させることがある。
  3. 3.自然発火は、微少な熱が長時間蓄積されておこるもので、空気に触れて
    ただちに発火するものではない。
  4. 4.引火性固体は、放射熱で表面が熱せられると発火することがある。
  5. 5.溶接や溶断により発生した熔融金属は、固化した後でも着火能力を
    有していることがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 消火設備の消火剤とその主たる消火効果について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.水………水は比熱が大きいため、冷却効果が大きく、
    また蒸発すると き気化熱を奪って周囲の温度を低下させる。
  2. 2.強化液………炭酸カリウムの水溶液で、主に水による冷却効果と
    溶液中の アルカリ金属の負触媒効果(抑制効果)がある。
  3. 3.泡………たん白泡、ふっ化たん白泡、水性膜泡、合成界面活性剤泡等
    があり、窒息効果と冷却効果がある。
  4. 4.消火粉末………炭酸水素ナトリウム、炭酸水素カリウム、及び
    りん酸二水素アンモニウム等を主成分とした無機化合物を粉末状にした
    ものであり、負触媒効果(抑制効果)と窒息効果がある。
  5. 5.二酸化炭素………容器に液体で充填されており、放出時に気化して
    燃焼の連鎖反応を断ち切る負触媒効果(抑制効果)がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 引火点の説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.発火点と同じ意味であるが、可燃物が固体の場合は発火点といい、
    気体又は液体の場合は引火点という。
  2. 2.可燃性液体が空気中で着火するのに必要な、最低の濃度の蒸気を液面上に
    発生する液温をいう。
  3. 3.可燃物を空気中で加熱した場合、火源がなくても自ら燃え出すときの
    最低の温度をいう。
  4. 4.可燃性液体の蒸気が液面上に発生しはじめる最低の気温である。
  5. 5.可燃性液体を燃焼させるのに必要な熱源の温度をいう。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 沸点について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.沸点は、加圧すると低くなり減圧すると高くなる。
  2. 2.沸点は、一般に分子間力の大きい物質ほど高い。
  3. 3.一定圧力のもとで純粋な物質の沸点は、その物質固有の値を示す。
  4. 4.液体の飽和蒸気圧が外圧と等しくなるときの液温を沸点という。
  5. 5.不揮発性物質が溶け込むと液体の沸点は変化する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 引火性の液体を取り扱う施設内で、作業を行うにあたっての帯電防止策として、
効果のないものは次ぎのうちどれか。
選択肢
  1. 1.導電性の作業靴を用いる。
  2. 2.施設内への入室時には、接地棒に素手で触れる。
  3. 3.床に散水する。
  4. 4.施設内への入室時には、水を摂取する。
  5. 5.作業衣を導電性のものにする。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 単体についての説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.単体は純粋な物質で、1種類の元素のみからなるものである。
  2. 2.単体は、金属、非金属とに大別される。
  3. 3.単体は、物質によっては1種類だけだが、同素体のあるものもある。
  4. 4.単体の名称は、通常元素名である。
  5. 5.単体は、すべて分解することができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 次の熱化学方程式のXに最も近い数値はどれか。
CH4 + 2O2 = CO2 + 2H2O + X〔kJ〕
ただし、メタン1gが完全燃焼すると55.9 kJの熱が発生するものとする。
また、メタンの分子量は16とする。
選択肢
  1. 1.113
  2. 2.894
  3. 3.1,789
  4. 4.2,150
  5. 5.3,024
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 次の反応のうち、下線部の物質が還元されているのはどれか。
選択肢
  1. 1.二酸化炭素が赤熱した炭素に触れて一酸化炭素になった。
  2. 2.黄りんが燃焼して五酸化二りんになった。
  3. 3.銅が加熱されて酸化銅になった。
  4. 4.石炭が燃焼して二酸化炭素になった。
  5. 5.メタンが燃焼して二酸化炭素と水蒸気になった。
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 ある危険物の容器のラベルに、次の注意事項が表示されていた。
この危険物の類として考えられるもので、正しいものはどれか。
「灰色の結晶で、湿った空気で分解し、水と激しく反応して水素を発生する。
また、その反応熱により自然発火のおそれがある。
酸化剤との混触により、発熱発火する危険性がある。
水又は水蒸気と接触すると、水素と熱を発生しながら激しく反応する。」
選択肢
  1. 1.1類
  2. 2.2類
  3. 3.3類
  4. 4.5類
  5. 5.6類
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類の危険物の性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.すべて可燃性で、水に溶けないものが多い。
  2. 2.常温(20℃)で、すべて液体である。
  3. 3.水溶性のものは、水で薄めると引火点が低くなる。
  4. 4.すべて蒸気比重は1より大きい。
  5. 5.液体の比重は、1より小さいものが多い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 舗装道路に流出したガソリンの火災に,注水してはいけない理由として,
次の組合せで正しいものはどれか。
A.ガソリンが水に浮き,燃焼面が拡大するから。
B.水滴がガソリンをかき乱し,燃焼を激しくさせるから。
C.水滴がガソリンを飛散させるから。
D.水が側溝を流れ,ガソリンを遠くまで運ぶから。
E.水が沸騰してガソリンを飛散させるから。
選択肢
  1. 1.A B
  2. 2.A C
  3. 3.B D
  4. 4.D E
  5. 5.A D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 泡消火剤の中には、水溶性液体用泡消火剤とその他の一般の泡消火剤とがある。
次の危険物の火災を泡で消火しようとする場合、一般の泡消火剤では
適切でないものの組合せはどれか。
選択肢
  1. 1.アセトアルデヒド、ベンゼン
  2. 2.アセトン、ガソリン
  3. 3.酸化プロピレン、2−プロパノール
  4. 4.トルエン、メタノール
  5. 5.酢酸エチル、灯油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 ジエチルエーテルの貯蔵及び取扱いについて、
次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.直射日光をさけ、冷暗所に貯蔵する。
  2. 2.容器は密栓する。
  3. 3.火気及び高温体の接近をさける。
  4. 4.建物内部に滞留した蒸気は、屋外の高所に排出する。
  5. 5.水より重く、水に溶けにくいので、容器等に水を張り、蒸気の発生を抑制する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの性状等について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.燃焼範囲は4〜33vol%である。
  2. 2.無機化合物である。
  3. 3.発火点は100℃以下である。
  4. 4.流動により、静電気の発生のおそれはない。
  5. 5.種々の炭化水素の混合物である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 灯油と軽油について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.水より軽い。
  2. 2.蒸気は空気より重い。
  3. 3.引火点は常温(20℃)より高い。
  4. 4.発火点は100℃より低い。
  5. 5.水に溶けない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 布などにしみ込ませて大量に放置すると、自然発火する危険性が最も高い危険物はどれか。
選択肢
  1. 1.第四石油類のうち、ギヤー油。
  2. 2.動植物油類のうち、不乾性油。
  3. 3.動植物油類のうち、半乾性油。
  4. 4.動植物油類のうち、乾性油。
  5. 5.第三石油類のうち、クレオソート油。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 アセトアルデヒドについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.無色透明の液体である。
  2. 2.特有の刺激臭を有する液体である。
  3. 3.水、エタノールには溶けにくい。
  4. 4.酸化すると酢酸を生ずる。
  5. 5.引火点はきわめて低い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 メタノールの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.沸点は100℃より低い。
  2. 2.引火点は0℃以下である。
  3. 3.芳香臭がある。
  4. 4.水と任意の割合で溶ける。
  5. 5.水より軽い。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。