乙種第4類危険物取扱者 模擬試験 No.15


法令

問題 1 法令上、危険物についての説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物とは、法別表第一の品名欄に掲げる物品で、同表に定める区分に応じ
    同表の性質欄に掲げる性状を有するものをいう。 
  2. 2.危険物はその性質により、第1類から第7類に区分されている。
  3. 3.危険物は火災危険だけでなく、人体に対する毒性危険、環境に対する
    汚染危険を判断するための試験を行い判定する。
  4. 4.毒物、劇物に指定されている物品も、危険物として指定され、その指定数量の単位はすべて〔kg〕で表される。
  5. 5.プロパンガスやメタンガスも液化されたものは危険物に指定される。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、給油取扱所に定める予防規程のうち、顧客に自ら給油等をさせる
給油取扱所にのみ定める事項は次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.製造所等の位置、構造及び設備を明示した書類及び図面の整備に関すること。
  2. 2.危険物の保安に関する業務を管理する者の職務及び組織に関すること。
  3. 3.危険物の保安に係る作業に従事する者に対する保安教育に関すること。
  4. 4.危険物の保安のための巡視、点検及び検査に関すること。
  5. 5.顧客に対する監視、その他保安のための措置に関すること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 指定数量の倍数の計算方法として、次の文中の(A) 〜(C)に当てはまる語句の組合せで、正しいものはどれか。
「別表第一に掲げる品名又は指定数量を異にする2以上の危険物を同一の場所で貯蔵し、
又は取り扱う場合において、当該貯蔵又は取扱いに係るそれぞれの危険物の
( A )を当該危険物の( B )で除し、
その( C )となるときは、当該場所は、指定数量以上の危険物を貯蔵し、
又は取扱っているものとみなす。」
選択肢
  1. 1.(A:数量)(B:指定数量)(C:商の最大が1以上)
  2. 2.(A:指定数量)(B:数量)(C:商の和が1以上)
  3. 3.(A:数量)(B:指定数量)(C:商の和が1以上)
  4. 4.(A:指定数量)(B:数量)(C:商の最小が1以上)
  5. 5.(A:指定数量)(B:数量)(C:商の最大が1以上)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、次に掲げる製造所等のうち、危険物を貯蔵し、又は取り扱う建築物等の
周囲に空地を保有しなければならない旨の規定が設けられているものはいくつあるか。 
屋内貯蔵所
屋外貯蔵所
屋内タンク貯蔵所
屋外タンク貯蔵所
簡易タンク貯蔵所(屋外に設けるもの)
選択肢
  1. 1.1つ
  2. 2.2つ
  3. 3.3つ
  4. 4.4つ
  5. 5.5つ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 消火設備について次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1 .消火設備は第1種から第6種に区分されている。
  2. 2 .第4類の危険物に適応する消火設備を第4種消火設備という。
  3. 3 .消火粉末を放射する小型消火器は第4種消火設備である。
  4. 4 .泡を放射する大型消火器は第3種消火設備である。
  5. 5 .乾燥砂は第5種の消火設備に該当する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、次のA〜Eのうち、給油取扱所に附帯する業務のための用途として、設けることができないものはいくつあるか。
A.給油、灯油若しくは軽油の詰替え又は自動車等の点検・整備若しくは洗浄の
ために給油取扱所に出入りする者を対象とした飲食店
B.自動車等の点検・整備、洗浄を行う作業場
C.給油取扱所の所有者、管理者若しくは占有者が居住する住居
D.給油、灯油若しくは軽油の詰替え又は自動車等の点検・整備若しくは
洗浄のために給油取扱所に出入りする者を対象とした診療所
E.給油、灯油若しくは軽油の詰替え又は自動車等の点検・整備若しくは
洗浄のために給油取扱所に出入りする者を対象とした立体駐車場
選択肢
  1. 1.1つ
  2. 2.2つ
  3. 3.3つ
  4. 4.4つ
  5. 5.5つ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、製造所等の譲渡又は引渡しを受けた場合の手続きとして、
次のうち正しいものはどれか。ただし、移動タンク貯蔵所は除く。
選択肢
  1. 1. 所轄の消防長又は消防署長の承認を受けなければならない。
  2. 2. 市町村長等の承認を受けなければならない。
  3. 3. 改めて、当該区域を管轄する都道府県知事の許可を受けなければならない。
  4. 4. 当該区域を管轄する都道府県知事の承認を受けなければならない。
  5. 5. 遅滞なくその旨を市町村長等に届け出なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、製造所等が市町村長等から使用停止を命じられる事由に該当しないものは、次ぎのうちどれか。
次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等の位置・構造・設備を無許可で変更したとき。
  2. 2. 製造所等を完成検査済証の交付前に使用したとき。
  3. 3. 製造所等の定期点検の実施・記録・保存がなされないとき。
  4. 4. 危険物の貯蔵又は取扱い基準の遵守命令に違反したとき。
  5. 5. 製造所等において危険物の取扱作業に従事している危険物取扱者が
                免状の返納命令を受けたとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検について、次のうち正しいものはどれか。
ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1. 危険物に対する一定の知識と経験がある者であれば、免状の交付を受けていない者でも、
               危険物取扱者の立会いなしで点検を行うことができる。
  2. 2. 点検は製造所等の位置、構造及び設備が技術上の基準に適合しているかどうか
    について点検する。
  3. 3.点検の結果は、点検実施日から10日以内に、所轄の消防長又は消防署長に
    届け出なければならない。
  4. 4. 定期点検の記録は保存しなくてもよい。
  5. 5. 灯油を貯蔵し又は取り扱う地下タンク貯蔵所は、点検を行わなくてもよい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、免状の書換えが必要な事項について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 現住所を変えたとき。
  2. 2. 本籍地の属する都道府県を変えずに、市町村を変えたとき。
  3. 3. 写真が撮影されてから10年を超えたとき。
  4. 4. 勤務地が変わったとき。
  5. 5. 危険物の取扱作業の保安に関する講習を修了したとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、危険物保安監督者の選任等に関する次の文の(   )内のA〜Cに該当する語句の組合せで、正しいものはどれか。
「政令で定める製造所等の所有者等は、( A )で( B )以上、危険物の
( C )を有する者の中から危険物保安監督者を選任し、
その者が取り扱うことのできる危険物の取扱作業について
保安の監督をさせなければならない。」
選択肢
  1. 1.(A:甲種又は乙種危険物取扱者)(B:1年)(C:免状の保有期間)
  2. 2.(A:甲種又は乙種危険物取扱者)(B:6月)(C:取扱いの実務経験)
  3. 3.(A:危険物取扱者)(B:3月)(C:免状の保有期間)
  4. 4.(A:危険物取扱者)(B:1年)(C:取扱いの実務経験)
  5. 5.(A:危険物取扱者)(B:6月)(C:免状の保有期間)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、製造所等の所有者等は、危険物の流出その他の事故が発生したとき講じなければならない措置として、
次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 引き続く危険物の流出及び拡散の防止、流出した危険物の除去
    その他災害発生の防止のための応急の措置を講じなければならない。
  2. 2. 可燃性蒸気の滞留している場所で、危険物を回収するときは、
    火花の発生する機械器具や、発熱する機械器具は、引火に注意して使用する。
  3. 3. 事故発見者は、直ちに消防署、市町村長等の指定した場所、
    警察又は海上警備救難機関に通報しなければならない。
  4. 4. 付近の住民に事故の発生を知らせるとともに、避難を呼びかける。
  5. 5. 可燃性蒸気が滞留しているときは、付近の住民に対し、火気の使用を
    中止するよう呼びかける。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、危険物の保安に関する講習について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物取扱者であっても、製造所等の所有者等が認めた場合は、
    この講習の受講を免除される。
  2. 2.講習は、免状の交付を受けた都道府県でのみ受講できる。
  3. 3.前回の受講日以後における最初の誕生日から5年以内に受講しなければならない。
  4. 4.危険物の取扱作業に従事することとなった日前2年以内に講習を受けている場合は、
              その受講日以後における最初の4月1日から3年以内に受講しなければならない。
  5. 5.講習を受けなければならない危険物取扱者が講習を受けなかった場合は、
    免状の返納を命ぜられることはない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、危険物を車両によって運搬する場合の積載方法について、次のうち誤っているものはどれか。   
選択肢
  1. 1. 運搬容器が、落下し、転倒し、若しくは破損しないように積載すること。
  2. 2. 運搬容器は、収納口を上に向けて積載しなければならない。
  3. 3. 運搬容器には、地が黒色の板に黄色の反射塗料等で「危」と表示した標識を掲げなければならない。
  4. 4. 危険物を収納した運搬容器を積み重ねる場合は、高さ3m以下としなければならない。
  5. 5. 同一車両において、異なった類の危険物を混載することができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 法令上、危険物の貯蔵の技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.屋外貯蔵タンクに設けられている防油堤の水抜口は、
    通常は閉鎖しておかなければならない。
  2. 2.屋内貯蔵タンクの元弁は、危険物を入れ、又は出すとき以外は、
    閉鎖してかなければならない。
  3. 3.地下貯蔵タンクの計量口は、計量するとき以外は
    閉鎖してかなければならない。
  4. 4.簡易貯蔵タンクの通気管は、危険物を入れ、又は出すとき以外は
    閉鎖してかなければならない。
  5. 5.移動貯蔵タンクの底弁は、使用時以外は完全に閉鎖して危険物を入れ、
    又は出すとき以外は閉鎖してかなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

基礎的な物理学及び化学

問題 16 可燃物と燃焼の形態の組合せとして、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.ガソリン、エタノール …………… 蒸発燃焼
  2. 2.硫黄、固形アルコール …………… 蒸発燃焼
  3. 3.鉄粉、コークス …………………… 表面燃焼
  4. 4.木炭、天然ガス …………………… 分解燃焼
  5. 5.木材、紙 …………………………… 分解燃焼
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 自然発火に関する次の文のA〜Eに当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「自然発火とは、他から火源を与えなくても、物質が空気中で常温(20℃)において
( A )し、長時間熱が蓄積して、ついには( B )に達し、燃焼し始める現象をいう。
自然発火しやすい物質が自然に( A )する原因として、( C )、( D )、吸着熱、重合熱、発酵熱などがあげられる。
( E )の中には、不飽和性のため、空気中の酸素と結合しやすく、
放熱が不十分なとき温度が上がり、自然発火を起こすものもある。」
選択肢
  1. 1.(A:発熱)(B: 引火点)(C:分解熱)(D: 酸化熱)(E:セルロース)
  2. 2.(A:酸化)(B: 発火点)(C:燃焼熱)(D: 生成熱)(E:セルロース)
  3. 3.(A:発熱)(B: 発火点)(C:酸化熱)(D: 分解熱)(E:動植物油)
  4. 4.(A:酸化)(B: 燃焼点)(C:燃焼熱)(D: 酸化熱)(E:セルロース)
  5. 5.(A:発熱)(B: 引火点)(C:分解熱)(D: 生成熱)(E:動植物油)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 金属を粉体にすると、燃えやすくなる理由はどれか。
選択肢
  1. 1.熱伝導率が大きくなるから。
  2. 2.空気の供給がされにくくなるから。
  3. 3.単位重量あたりの酸化表面積が大きくなるから。
  4. 4.単位重量あたりの発熱量が小さくなるから。
  5. 5.熱が拡散しやすくなるから。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 可燃性液体の危険性は、その物質の物理的・化学的性質により物性の数値の大小により判断できる。
次のうち小さい値ほど危険性の高いものはどれか。
選択肢
  1. 1.最小着火エネルギー
  2. 2.火炎伝播速度
  3. 3.燃焼熱
  4. 4.蒸気圧
  5. 5.燃焼上限値
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 消火剤について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.ハロゲン化物消火剤は、負触媒作用による抑制効果が大きい。
  2. 2.水溶性物品には水溶性液体用泡消火剤を使用する。
  3. 3.リン酸塩類を主成分とする消火粉末は、油火災と電気火災に適応するが、
    木材の火災には適応しない。
  4. 4.二酸化炭素は空気より重いので、低所に滞留し窒息消火する。
  5. 5.強化液は霧状にして放射する場合、蒸気による窒息作用と抑制効果により
    電気火災にも適用する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 引火性液体を取り扱う場合、静電気に起因する火災等の事故防止対策として、
次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.液体が流動する際は、流速を大きくする。
  2. 2.人体への帯電を防ぐため、絶縁靴を使用する。
  3. 3.取り扱う室内は、湿度を低くする。
  4. 4.加圧された液体をノズルから噴出させるときは、圧力を高くする。
  5. 5.流動を停止して、適宜静置時間をとる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 混合物は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.水
  2. 2.硫黄
  3. 3.水素
  4. 4.硫酸
  5. 5.灯油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 次の(1)式と(2)式から導かれた、化学式 C + O2 → CO2 で発生する反応熱はいくらになるか。
(1) C + 1/2 O2  = CO + 111 kJ
(2) CO + 1/2 O2  = CO2 + 283 kJ
選択肢
  1. 1.55 kJ (吸熱)
  2. 2.142 kJ (吸熱)
  3. 3.173 kJ (発熱)
  4. 4.394 kJ (発熱)
  5. 5.505 kJ (発熱)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 化学反応が起こるためには、反応する粒子が互いに衝突することが必要であり、
衝突の頻度が高いほど反応速度は大きくなる。
反応速度について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.触媒は反応物の反応速度に影響しない。
  2. 2.気体の圧力を高くすると、単位体積当たりの粒子数が増えるので、反応は遅くなる。
  3. 3.温度を高くするほど、粒子の熱運動が激しくなるため衝突頻度が増し、反応は遅くなる。
  4. 4.反応物の濃度を低くすると反応速度は速くなる。
  5. 5.反応物の濃度が高いほど、衝突頻度が高いので反応は速くなる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 Aの物質がBの物質に変化した場合、それが酸化反応に該当するものはどれか。
選択肢
  1. 1.A.木炭→→→ B.一酸化炭素
  2. 2.A.黄リン→→→B.赤リン
  3. 3.A.硫黄→→→ B.硫化水素
  4. 4.A.水 →→→B.水蒸気
  5. 5.A.濃硫酸→→→B.希硫酸
回答欄 1 2 3 4 5

性質・消火

問題 26 危険物の類ごとに共通する性状として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.第1類の危険物は、可燃性であり加熱すると爆発的に燃焼する。
  2. 2.第2類の危険物は、着火又は引火の危険性がある固体である。
  3. 3.第3類の危険物は、二酸化炭素と接触すると分解発熱して発火する。
  4. 4.第5類の危険物は、窒素及び酸素含有物質であり、強還元性である。
  5. 5.第6類の危険物は、強酸性であり、ガラスやプラスチックを容易に腐食する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類の危険物の一般性質として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.すべて可燃性であり、水に溶けないものが多い。
  2. 2.ほとんどが、常温(20℃)で液状である。
  3. 3.蒸気の比重は1より小さいものが多い。
  4. 4.蒸気は空気とわずかに混合したものでも、燃焼するものが多い。
  5. 5.液体の比重は、1より小さいものが多い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 アセトンとエチルメチルケトンの火災の消火方法として、不適切なものはどれか。
選択肢
  1. 1.リン酸塩類が主成分の消火粉末を放射する。
  2. 2.棒状の水を放射する。
  3. 3.二酸化炭素消火剤を放射する。
  4. 4.ハロゲン化物消火剤を放射する。
  5. 5.水溶性液体用泡消火剤を放射する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 静電気により引火するおそれのある、液体の危険物を取り扱う場合の火災予防策として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.加熱するときは、蒸気や温水を用いている。
  2. 2.室内で取り扱う場合は、換気を常に行い、蒸気の濃度を燃焼範囲の下限界より低くしている。
  3. 3.吹付け塗装をするときは、専用設備内で行い、ミストを回収している。
  4. 4.貯蔵容器から他のタンクに入れるときは、フィルターを使用して流速を速くしている。
  5. 5.室内の通風、換気をよくして、火気や高温体の接近がないよう注意している。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 危険物を取り扱う地下埋設配管(鋼管)が腐食して危険物が漏えいする事故が発生している。その腐食の原因として、考えにくいものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.地下水位が高く、常時、配管の上部が乾燥し、下部が湿っている。
  2. 2.配管設置の際、工具が落下し被覆がはげたことに気づかず、配管を埋設した。
  3. 3.コンクリートの中に配管を埋設した。
  4. 4.電気機器のアースをとるため、銅の棒を地中に打ち込んだ際に、配管と銅の棒が接触した。
  5. 5.埋設した配管の近くに、直流の電気設備を設置したため、迷走電流の影響が大きくなった。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 ガソリンの性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.過酸化水素や硝酸と混合すると、発火の危険性が低くなる。
  2. 2.皮膚に触れると皮膚炎を起こすことがある。
  3. 3.成分は炭化水素である。
  4. 4.不純物として、微量の有機硫黄化合物などが含まれることがある。
  5. 5.自動車ガソリンはオレンジ系色に着色されている。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 灯油の性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.霧状になって浮遊するときは、火がつきやすい。
  2. 2.灯油の中にガソリンを注入しても混ざり合わず、やがて分離する。
  3. 3.引火点は40℃以上である。
  4. 4.加熱等により引火点以上に液温が上がったときは、火花等により引火の危険がある。
  5. 5.流動等により静電気が発生する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 動植物油類の自然発火について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.倉庫の換気をよくした方が、自然発火しにくい。
  2. 2.不乾性油の方が、乾性油よりも自然発火しにくい。
  3. 3.ヨウ素価の小さいものの方が、自然発火しやすい。
  4. 4.繊維に染み込ませたものを積み重ねて放置すると、自然発火しやすい。
  5. 5.引火点の高低は、自然発火のしやすさと関係がない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 次の文の下線A〜Fのうち、誤っているもののみの組合せはどれか。 「二硫化炭素は(A:無色透明)の液体で、燃焼に際しては(B:赤色の炎)をあげて燃え、有毒な(C:二酸化硫黄)を発生する。蒸気は(D:空気より軽く)低所に滞留する。燃焼範囲は(E:2〜60vol%)で、(F:静電気により引火又は爆発の危険がある)。」 <注>プログラム上、下線が引けないため、下線部は( )にしました。
選択肢
  1. 1.(A)(B)(F)
  2. 2.(B)(C)(D)
  3. 3.(A)(E)(F)
  4. 4.(B)(D)(E)
  5. 5.(C)(E)(F)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 エタノールの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.過酸化水素と混触すると発火・爆発することがある。
  2. 2.火炎は淡く見えにくい。
  3. 3.蒸気比重は1より小さい。
  4. 4.常温(20℃)で引火する。
  5. 5.芳香臭がある。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。