乙種第4類危険物取扱者 模擬試験 No.17


法令

問題 1 法別表第一に品名として記載されている危険物は、次のうちいくつあるか。  
アルコール類
過酸化水素
プロパン
酸素
硫黄
選択肢
  1. 1 1つ
  2. 2 2つ
  3. 3 3つ
  4. 4 4つ
  5. 5 5つ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、予防規程を定めなければならないところは、次のうちどれか。
ただし、鉱山保安法の規定による保安規定を定めている製造所等、および
火薬類取締法の規定による危害予防規程を定めている製造所等は除く。
選択肢
  1. 1 製造所 ……………… 指定数量の倍数が5倍のもの
  2. 2 屋内貯蔵所 ………… 指定数量の倍数が100倍のもの
  3. 3 屋外タンク貯蔵所 …… 指定数量の倍数が150倍のもの
  4. 4 屋外貯蔵所 ………… 指定数量の倍数が100倍のもの
  5. 5 一般取扱所 ………… 指定数量の倍数が5倍のもの
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 屋内貯蔵所に次の危険物を貯蔵する場合、貯蔵量は指定数量の何倍になるか。
ガソリン ………………500L
二硫化炭素……………500L
灯油……………………1,000L
メタノール……………1,000L
重油……………………1,000L
選択肢
  1. 1. 5.5倍
  2. 2. 11.0倍
  3. 3. 15.0倍
  4. 4. 16.5倍
  5. 5. 19.5倍
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、学校、病院等の建築物等から一定の距離(保安距離)を保たなければならないが、
次の製造所等のうち、保安距離を確保しなくてもよい施設はどれか。
選択肢
  1. 1 給油取扱所
  2. 2 屋外貯蔵所
  3. 3 屋内貯蔵所
  4. 4 屋外タンク貯蔵所
  5. 5 製造所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上,製造所等に設置する消火設備のうち,第4類と第6類に共通して
使用できる消火設備として、次のうち正しいもののみの組合せはどれか。 A 泡消火設備
B 不活性ガス消火設備
C ハロゲン化物消火設備
D 粉末消火設備(りん酸塩類が主成分のもの)
選択肢
  1. 1 A B
  2. 2 A D
  3. 3 B C
  4. 4 B D
  5. 5 C D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、移動貯蔵タンクの位置、構造及び設備について、
次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1 常置場所は壁、床、はり及び屋根を耐火構造とし、若しくは
    不燃材料で造った建物の1階又は、屋外の防火上安全な場所とすること。
  2. 2 移動貯蔵タンクの常置場所は、学校や病院から一定の保安距離を
    保有しなければならない。
  3. 3 移動貯蔵タンクの配管は、先端部に弁等を設けること。
  4. 4 移動貯蔵タンクの底弁手動閉鎖装置のレバーは、手前に引き倒すことにより
    閉鎖装置を作動させるものであること。
  5. 5 積載型以外の移動貯蔵タンクの容量は30,000L以下とすること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 次のAに掲げる危険物を、同量のBに掲げる危険物に変更し取り扱う場合、
届出の手続きが必要ないものはどれか。
選択肢
  1. 1 A:灯油………→B:重油
  2. 2 A:第1石油類………→B:第3石油類
  3. 3 A:アセトアルデヒド………→B:アセトン
  4. 4 A:特殊引火物………→B:アルコール類
  5. 5 A:ガソリン………→B:ベンゼン
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 市町村長等から出される許可の取り消し又は使用停止命令に、
該当しないものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1 危険物の貯蔵及び取扱いの基準の遵守命令に違反したとき。
  2. 2 危険物保安監督者を定めたが、市町村長等への届出を怠っているとき。
  3. 3 仮使用の承認又は完成検査を受けないで、製造所等を使用したとき。
  4. 4 危険物保安監督者の解任命令に応じなかったとき。
  5. 5 定期点検を行わなければならない製造所等で、法定期限内にそれを行わなかったとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、移動タンク貯蔵所の定期点検について、次のうち正しいものはどれか。
ただし、規則で定める漏れの点検を除く。
選択肢
  1. 1 指定数量の倍数が10倍の移動タンク貯蔵所は、定期点検を行わなくてもよい。
  2. 2 重油を貯蔵し又は取扱う移動タンク貯蔵所は、定期点検を行わなくてもよい。
  3. 3 丙種危険物取扱者は、定期点検を行うことができる。
  4. 4 所有者等であれば、免状の交付を受けていない者でも、
    危険物取扱者の立会いなしで定期点検を行うことができる。
  5. 5 定期点検は、3年に1回行わなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、危険物保安監督者について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1 危険物保安監督者を選任するところには、危険物保安統括管理者も選任しなければならない。
  2. 2 屋外タンク貯蔵所には危険物保安監督者を選任しなければならない。
  3. 3 危険物保安監督者を選任するときは、知事の許可を受けなければならない。
  4. 4 危険物保安監督者は甲種、乙種又は丙種危険物取扱者の中から選任しなければならない。
  5. 5 危険物保安監督者は危険物施設保安員の指示に従って保安の監督をしなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 危険物取扱者免状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1 免状を亡失又は破損した場合は、免状を交付又は書換えをした都道府県知事に
    再交付の申請をすることができる。
  2. 2 免状は、それを取得した都道府県の範囲だけでなく、全国で有効である。
  3. 3 免状の返納を命じられた者は、その日から起算して2年を経過しないと
    免状の交付を受けられない。
  4. 4 免状を亡失して再交付を受けた者が亡失した免状を発見した場合は、
    これを10日以内に免状の再交付を受けた都道府県知事に提出すること。
  5. 5 免状に記載されている事項に変更が生じたときは、
    居住地又は勤務地を管轄する都道府県知事に、書換えを申請しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、移動タンク貯蔵所における移送の基準について、
次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1 危険物を移送する際は、当該危険物を取り扱うことのできる危険物取扱者が乗車していなければならない。
  2. 2 危険物を移送する危険物取扱者は、免状を携帯していなければならない。
  3. 3 移動タンク貯蔵所には、完成検査済証及び定期点検の点検記録等を
    備え付けておかなければならない。
  4. 4 定期的に危険物を移送する場合には、移送経路その他必要な事項を
    出発地の消防署に届け出なければならない。
  5. 5 消防吏員は、危険物の移送に伴う火災の防止のため必要と認める場合には、
    走行する移動タンク貯蔵所を停止させ、乗車する危険物取扱者に対し免状の提示を求めることができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、危険物の保安に関する講習について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1 危険物保安監督者として所有者等から選任されたときは、
    直ちに受講しなければならない。
  2. 2 危険物保安統括管理者として所有者等から選任されたときは、
    直ちに受講しなければならない。
  3. 3 指定数量未満の危険物を貯蔵し、又は取り扱う施設において
    危険物の取扱作業に従事する危険物取扱者は、
    一定の期間内に受講しなければならない。
  4. 4 販売取扱所において、危険物の取扱作業を行っている危険物取扱者は、
    一定の期間内に受講しなければならない。
  5. 5 指定数量以上の危険物を車両で運搬する危険物取扱者は、
    一定の期間内に受講しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、製造所等における危険物の貯蔵・取扱いのすべてに共通する技術上の基準について、
次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1 危険物を貯蔵し、又は取り扱う場合には、危険物が漏れ、あふれ、
    又は飛散しないように必要な措置を講じ、火花を発生する機械器具は
    細心の注意を払って使用すること。
  2. 2 危険物が残存し、又は残存しているおそれがある設備、機械器具、
    容器等を修理する際は、安全な場所において危険物を完全に除去した後に行うこと。
  3. 3 許可又は届出にかかわる品名以外の危険物を一時的に貯蔵し、又は取り扱う場合は、
    10日以内でなければならない。
  4. 4 危険物のくず、かす等は7日に1回以上、当該危険物の性状に応じて
    安全な場所で廃棄、その他適切な処置をしなければならない。
  5. 5 可燃性の液体、可燃性の蒸気又は可燃性ガスが漏れ、若しくは滞留する
    おそれのある場所において火花を発生する機械器具、工具等を使用する場合は、
    換気を行わなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 液体の危険物が入った未開封容器の表示が汚れてしまい、
「危険等級V」「水溶性」「火気厳禁」の表示のみが読み取れた。
この危険物の類として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1 2類
  2. 2 3類
  3. 3 4類
  4. 4 5類
  5. 5 6類
回答欄 1 2 3 4 5

基礎的な物理学及び化学

問題 16 メタノールが完全燃焼したときの反応式は、次の式で表される。

2CH3OH + 3O2 → 4H2O + 2CO2

1 molのメタノールを完全燃焼させるのに必要な理論上の酸素量は、次のうちどれか。
ただし、原子量は、炭素(C)12、水素(H)1、酸素(O)16 とする。
選択肢
  1. 1 24g
  2. 2 32g
  3. 3 48g
  4. 4 96g
  5. 5 144g
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 自然発火に関する次の文のA〜Eに当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「自然発火とは、他から火源を与えなくても、物質が空気中で
常温(20℃)において( A )し、長時間熱が蓄積して、
ついには( B )に達し、燃焼し始める現象をいう。
自然発火しやすい物質が自然に( A )する原因として、( C )、( D )、吸着熱、重合熱、発酵熱などがあげられる。( E )の中には、不飽和性のため、空気中の酸素と結合しやすく、放熱が不十分なとき温度が上がり、自然発火を起こすものもある。」
選択肢
  1. 1(A:発熱)(B:引火点)(C:分解熱)(D:酸化熱)(E:セルロース)
  2. 2(A:酸化)(B:発火点)(C:燃焼熱)(D:生成熱)(E:セルロース)
  3. 3(A:発熱)(B:発火点)(C:酸化熱)(D:分解熱)(E:動植物油)
  4. 4(A:酸化)(B:燃焼点)(C:燃焼熱)(D:酸化熱)(E:セルロース)
  5. 5(A:発熱)(B:引火点)(C:分解熱)(D:生成熱)(E:動植物油)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 一般的な燃焼について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1 物質が酸素と化合して安定な酸化物に変化する反応のうち、
    熱と光の発生を伴うものを燃焼という。
  2. 2 燃焼には、反応物質としての可燃物と酸素供給源及び反応を
    開始させるための着火エネルギーが必要である。
  3. 3 可燃物は、燃焼により安定な酸化物に変化する。
  4. 4 有機化合物の燃焼において、酸素が不足すると一酸化炭素やすすなど
    が生成され、不完全燃焼となる。
  5. 5 物質の燃焼に必要な酸素の供給源は、一般に空気であり、
    物質自身に含まれる酸素は酸素供給源にはならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 消火剤として利用されている、炭酸水素ナトリウムの性状について、
次のA〜Dのうち正しいものの組合せはどれか。
A 水にわずかに溶け、水溶液は弱酸性を示す。
B 加熱して分解すると、二酸化炭素と水蒸気を発生する。
C 塩酸を加えると、二酸化炭素を発生する。
D 黄色の固体で、極めて毒性がある。
選択肢
  1. 1 AとB
  2. 2 AとC
  3. 3 BとC
  4. 4 BとD
  5. 5 CとD
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 次の液体の引火点及び燃焼範囲の下限値の数値として考えられる組合せで、
正しいものはどれか。
「ある引火性液体は40℃で液面付近に濃度8vol%の可燃性蒸気を発生した。
この状態でマッチの火を近づけたところ引火した。」
選択肢
  1. 1. 10℃ 11 vol%
  2. 2. 15℃ 4 vol%
  3. 3. 20℃ 10 vol%
  4. 4. 40℃ 12 vol%
  5. 5. 45℃ 6 vol%
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1 静電気は、物体の摩擦等によって発生する。
  2. 2 静電気は、導電性が大きいものほど蓄積しやすい。
  3. 3 静電気は、ガソリンの詰替えや運搬の際に発生することがある。
  4. 4 配管に流れる液体の静電気の発生を少なくするには、速度を遅くすればよい。
  5. 5 静電気の蓄積を防止するには、湿度を上げた方がよい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 反応物質が生成物質に変わる速度(反応速度)が、小さくなるもののみの組合せはどれか。
A カルシウムの酸化物の生成における反応温度を上昇させる。
B リチウムのハロゲン化物の生成における反応温度を上昇させる。
C ベンゼンの燃焼反応に二酸化炭素を加える。
D 過酸化水素の分解反応に硫酸イオンを添加する。
E 水溶液の反応物質の濃度を高くする。
選択肢
  1. 1 A B
  2. 2 B C
  3. 3 C D
  4. 4 D E
  5. 5 A E
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 酸化と還元についての説明で,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1 物質が酸素と化合する反応を酸化といい,酸素を含む物質が酸素を失う反応を還元という。
  2. 2 水素が関与する反応では,水素を失う反応を酸化といい,水素と結びつく反応を還元という。
  3. 3 酸化とは物質が電子を得る変化をいい,還元とは物質が電子を失う変化をいう。
  4. 4 同一反応系において,還元と酸化は同時におこる。
  5. 5 酸化剤とは還元しやすい物質で,還元剤とは酸化しやすい物質である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 化学変化でないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1 木炭が燃焼して灰になる。
  2. 2 ドライアイスは放置すると昇華する。
  3. 3 鉄がさびてぼろぼろになる。
  4. 4 水が分解して水素と酸素になる。
  5. 5 紙が濃硫酸に触れると黒くなる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 水素(H2)、炭素(C)、エタン(C2H6)の燃焼熱がそれぞれ286kJ/mol、
394kJ/mol、1561kJ/mol、である場合、エタンの生成熱として正しいものは
次のうちどれか。 ただし、それぞれが完全燃焼する場合の化学反応式は下記のとおりである。

2H2 + O2 → 2H2O
C + O2 → CO2
2C2H6 + 7O2  → 4CO2 + 6H2O
選択肢
  1. 1 85 kJ/mol
  2. 2 193 kJ/mol
  3. 3 881 kJ/mol
  4. 4 2241 kJ/mol
  5. 5 3315 kJ/mol
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の性質について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1 同一金属でも、性状、粒度によって危険物になるものと、ならないものがある。
  2. 2 不燃性の液体及び固体で、酸素を分離し、他を燃焼しやすくするものがある。
  3. 3 液体の危険物の比重は1より小さいが、固体の危険物の比重はすべて1より大きい。
  4. 4 危険物には、単体、化合物、混合物の3種類がある。
  5. 5 多量の酸素を含んでおり、他からの酸素の供給がなくても燃焼するものがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 エタノールの火災に、水溶性液体用泡消火剤以外の一般の泡消火剤を使用しても
効果的でない理由として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1 酸素と化合するから。
  2. 2 燃焼温度が非常に高いから。
  3. 3 燃焼速度が速いから。
  4. 4 泡が流動するから。
  5. 5 泡が消えるから。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 第4類の危険物に共通する一般的な火災予防の方法として、次のうち不適切なものはどれか。
選択肢
  1. 1 危険物を取扱う場所においては、みだりに火気を使用しないこと。
  2. 2 可燃性蒸気が滞留するおそれのある場所の電気機器は、防爆構造のものとすること。
  3. 3 危険物が入った容器は、熱源を避けて貯蔵すること。
  4. 4 静電気による火災が発生するおそれがあるものの詰替え作業で、
    容器は電気の伝導性のよい床上に置くか、又は接地すること。
  5. 5 室内で取扱うときは、低所よりも高所の換気を十分に行う。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 第4類の危険物の性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1 引火性の液体である。
  2. 2 発火点は、ほとんどのものが100℃以下である。
  3. 3 引火の危険性は、引火点の低い方が多い。
  4. 4 液体の比重は、1より小さいものが多い。
  5. 5 非水溶性のものは、静電気が蓄積しやすい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 横転した移動タンク貯蔵所の破損したタンクから、重油が流出する事故が
発生した場合の措置として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1 土のうを積んで、周辺への重油の流出、拡散を止めた。
  2. 2 周囲の火気に注意し、火気を使用しないように呼びかけた。
  3. 3 火災の発生に備えて消火器を風上側に設置するとともに、
    事故内容を消防機関に通報した。
  4. 4 タンクの中に残っている重油を防爆性の回収ポンプで回収した。
  5. 5 蒸気が多量に発生するので、地面に溝を掘り、大量の水で
    あふれた危険物を下水や川等へ流した。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの性状等について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1 水と混合したものは、上層が水、下層がガソリンに分かれる。
  2. 2 主成分は、オクタンと呼ばれる芳香族炭化水素である。
  3. 3 常温(20℃)では、液面の近くで静電気が発生しても、引火の危険はない。
  4. 4 製造工程で、緑色に着色される。
  5. 5 空気に2vol%の蒸気を混合したものは、火炎を近づけると、発火、爆発のおそれがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 酢酸について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1 無色透明で、刺激臭がある。
  2. 2 有機溶媒によく溶ける。
  3. 3 常温(20℃)で引火しない。
  4. 4 水溶液は、腐食性はない。
  5. 5 青白い炎を上げて、燃焼する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 アクリル酸について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1 無色透明の液体である。
  2. 2 引火点は常温(20℃)より高い。
  3. 3 濃い蒸気を吸入すると、粘膜を刺激し炎症を起こす。
  4. 4 非常に重合しやすいので、重合禁止剤を添加して取り扱う。
  5. 5 重合の際、発生する熱は小さいので、温度はあまり上がらない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 引火点が低いものから高いものの順になっているものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1 重油  →  ギヤー油  →  軽油
  2. 2 ジエチルエーテル  →  キシレン  →  重油
  3. 3 ギヤー油  →  灯油  →  二硫化炭素
  4. 4 軽油  →  ガソリン  →  トルエン
  5. 5 シリンダー油  →  エタノール  →  灯油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 メタノールの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1 常温(20℃)で引火する。
  2. 2 アルコール類では、分子量が最も小さい化合物である。
  3. 3 燃焼しても炎の色は淡く、見えないことがある。
  4. 4 毒性はエタノールより低い。
  5. 5 沸点は約64℃である。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。